1/100か1/1000か

年齢的に、定期的に白髪染めをするのですが、そういえば少し前から、染毛のあと目が痒くなるような…。特に前回は、症状が長かったので、今日は皮膚浸透を防ぐためオイルをたっぷりめに、シャンプー時間を長くしてもらいました。

かなりぼさぼさになっていた頭、ようやく落ち着きました(苦笑。

今日もSDカード入れ忘れ
今日もSDカード入れ忘れ

さて、今日は昨日里山に持っていったSONY ミラーレス一眼 α6000をポーチに突っ込んでいったんですけど、いざ公園に着いたらSDカードが入っていない(苦笑。なのでiPhone 6で撮影してみました。

フレームの赤が沈んでいるような感じはしますけど、拡大して見ると悪くありません。iPhone 7はレンズが2つあると聞きますが、試してみたくなりましたよ。

このあと自宅に戻って、Nikon デジタル一眼レフカメラ D600 + TAMRON 高倍率ズームレンズ 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD A010Nに交換して再出走です。

“1/100か1/1000か” の続きを読む

ポタリングじゃない

里山

私の親指シフトキーボード入力環境を構築するため、Nicola K Proを使用していました。

これはKB232を使ったときだけだと思うのですけど、入力の取りこぼしが発生してしまうことが分かりました。どこの資料で見たかは忘れましたが、KB232はThumb Touchなどより反応速度が少し遅いようです。Nicola K Proだと、実質的にはローマ字入力の形のキー信号に変換するみたいなので、私の入力に追いこされて送り出されたローマ字キーが単独で出力されたり、おかしなことになってしまいます。

これは日本語入力システムの反応が遅いこともあるのかも。

併せて、やはり「かな」キーでしか「かな + 親指シフト入力」に切り替えられない、という制限が大きく、そこだけブラインドタッチにできないことが思った以上にストレスになることも分かりました。

なので、Karabiner-Element + Lacailleに戻すことにしました。こちらであれば、日本語入力システムをローマ字ではなくかな入力に設定できますし、なにより親指モードに変更するのに普通に無変換キーが使えるようになります(実質的には、Karabinerによって、「無変換」キーを「かな」キーに入れ替えているだけなんですけど)。

Windowsでも、エミュレータを使用すれば同様の設定で最新の日本語入力システムも使用可能になりますが、両者の間を違和感なく行き来できる環境が使えるのは大変ありがたいことです。

Karabiner-Elementでは、キーボードがUKキーボードとして認識されてしまう問題はすでに認識されているようであり、現時点で問題のない4つ前のバージョンが入手可能になったので、そちらをインストールしてみました。

無事、以前の環境に戻り、またLacailleのほうもかな入力用の定義にしてあるので、どんなに私が早く打っても入力がおかしくなることがありません。

とりあえず助かりました。ソフトウエア制作者のみなさま、ありがとうございました。

また、つなぎでの使用になってしまいましたけど、Nicola K Proも本当に助かりました。常用にはできないけど、できるだけ毎年ライセンスを買おうと思う今日この頃でした。

…ということで、このエントリは完全に普段使い状態に戻った環境で制作しています。なんと快適なことよ。

親指シフトキーボード
親指シフトキーボード

私の居住地域から最も近い里山。2009年4月19日に行ったのが最後だったと思いますが、宅地造成が進み始めた頃で、その破壊っぷりを目の当たりにしたこともあって、それから足が遠ざかっていました。

2009/04/19
2009/04/19

当時はそう。初代Prophet号で出かけたのでしたね。

しかし、最近になって、この場所をMTBで走っている動画を見かけたこともあり、自分の目で確かめてみることにしました。今日はいつもの「ポタリング」ではなく「サイクリング」「トレイルライド」ですね。

7年半ぶりに行ってきました
7年半ぶりに行ってきました

どうしても早く起きられなくて、それを言い訳にするのも嫌だったので(苦笑、昼少し前に出発。

多分ですけど、上の写真が2009年に撮影した写真と同じ広場なんじゃないかと思います。

私はこの写真の奥側から来たのですけど、残念ながらこの写真の反対側はフェンスで仕切られ、入られなくなっています。

多分こちらがわはフェンスの奥です
多分こちらがわはフェンスの奥です(2009/04/19)

“ポタリングじゃない” の続きを読む

はっきりせず

macOS Sierraにて親指シフトキーボードを問題なく使えるようになった…と思いきや、macbook proが内蔵キーボード、外付けキーボードをUSキーボードとしてしか扱えなくなってしまった問題。

原因は、macでWindows用106/109キーボードを使えるようにするためのツール、Karabiner-Elementsというソフトが原因でした。

もともと、Seilというソフトを使っていたのですが、macOS Sierraの大幅な仕様変更で使えなくなり、その代替として作者の方が取り急ぎ用意してくださったのがKarabiner-Elementsなんですが、何度か目のアップデートでこの状態になってしまったようです。

不具合かとも思いましたが、このソフトの仕様なのかもしれず、以前動いていた古いバージョンのソースコードを持っていたのでそちらを開発ツールでコンパイルして使おうとしたところ、現状ではエラーが出ます。また、バージョンを指定してコンパイルしても正常に動いていたインストーラは作れませんでした。

もう少しバージョンが落ち着くまでは解決されないかもしれませんが、もう少ししてからまた試してみることにします。これだけ仕様変更があったにも関わらず、親指シフトキーボードがSierra使用当日から使えるようになっているのもすごいことだと思います。

各ユーティリティが落ち着くまでの間、Trinity works様のNicola K Proを利用させていただくことにしました。

英文入力とかな入力の切り替え方法がWindowsとは変わってきますが、それだけを我慢すれば、Nicola K Proは使えます。ただ、Lacailleなどと比べると若干入力がもたつくようであり、多少の取りこぼしが発生しますね。

とりあえず、普段使いのキーが刻印通りに使えるようになりました。こうやって親指シフトキーボードユーザーはしぶとく生き残っていくのです。

“はっきりせず” の続きを読む

135mm

阿蘇山が36年ぶりの爆発的噴火、とのこと。

36年前、1980年というと、私が中学校3年生のとき。この年、修学旅行で阿蘇山に行きました。時期的にはその爆発より数ヶ月後、ということになるでしょうね。

先月、写真を整理していたのですが、この修学旅行のときに撮った熊本城や阿蘇山の写真を見つけました。残念なことに、このときの記憶はほとんど記憶が残っていません。

今回の爆発的噴火については、先の熊本地震との関連性も指摘されていますが、被害が広がらないことを祈ります。

さて、巷は3連休となっていますが、最終日を除いて悪天候の模様です。

回復はしていないものの、ときどき晴れ間が見える
回復はしていないものの、ときどき晴れ間が見える

それでも、今日の午後は雨が上がってときどき晴れ間も見えたので、Intense Carbine 275で軽くお出かけ。

Intense Carbine 275
Intense Carbine 275

“135mm” の続きを読む

Entertainment

私の居住地域は、堀之内妙法寺を初めとする、日蓮宗につながる施設や団体が多い場所です。日蓮聖人入滅が10月13日ということで毎年この時期、ご近所がおまつりで賑やかになります。

今日は次男が堀之内妙法寺に関連する学校の説明会に行ってきたのですけど、その学校も今日はおまつりだったようです。本山妙法寺も夜までおまつり。

私自身は無宗教で、おまつりにもあまり興味を持つことがなく生きてきたのですが、昨年、当日の仕事が流れたことをきっかけにNikon デジタル一眼レフカメラ D600で立正佼成会さんの一乗まつりを撮影してみました。

一乗まつり 2015/10/13
一乗まつり 2015/10/13 (Nikon D600 + Tamron 28-300)

好天で、写真の半数以上が露出オーバーという状況でした。D600TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD A010Nの組み合わせによるものの可能性はありますが、微妙にピントが合っていない写真も多く、こういうイベントを撮るのも簡単ではないのだなあ、と思った日でした。

エイサーショー 2015/10/13
エイサーショー 2015/10/13 (Nikon D600 + Tamron 28-300)

特に動きの大きいエイサーとか、纏(まとい)とかは難しかった記憶があります。今回はこのエイサーをうまく撮ってみたいこともあって、Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMという純正の組み合わせを選んでみました。

おちびさんも頑張る
おちびさんも頑張る

昨年、行進のほうをたくさん撮ったので、今年はエイサーなど、イベントのほうを多く撮ってみました。

躍動感あるパフォーマンス
躍動感あるパフォーマンス

みなさん笑顔に溢れていて、本当は正面から撮った写真もご紹介したいところですけど…。今年もすばらしいパフォーマンスでした。

沖縄のパフォーマンスには
沖縄のパフォーマンスには
武術につながる動きのようなものも感じます
武術につながる動きのようなものも感じます
太鼓を叩きつつ片足で回転もしつつ
太鼓を叩きつつ片足で回転もしつつ

私は高校時代に空手道部に所属していましたが、沖縄空手の達人である比嘉世幸先生の流れを組む流派でした。こんなこともあって、沖縄の舞踊についても多分に武術的な要素を感じてしまいます。片足立ちの子はまだ若いと思いますが、かなり軸がしっかりしていて感心しました。太鼓を叩きつつ、片足立ちになりつつ、また回転しつつのパフォーマンスですので。

鍛えられている感がハンパじゃないお兄さん
鍛えられている感がハンパじゃないお兄さん

昨年もすごく目立ってましたが、鍛えられた感がハンパではないお兄さん。動きに迫力があります。

この他小学生のみのパフォーマンスもあり、載せたいとも思ったんですが、割愛します。

方南エイサー むるち組
方南エイサー むるち組

方南エイサーむるち組さん。今年も、まだいくつかのイベントを予定されているみたいなので、別の会場でのパフォーマンスも見てみたくなりました。

一番楽しみにしていたのがエイサーでしたが、子供たちにはこんなお楽しみもあるのです。

動物戦隊ジュウオウジャー
動物戦隊ジュウオウジャー

動物戦隊ジュウオウジャーショーです(笑。子供が大きくなってしまったので、戦隊ものもまったく分からなくなってしまいました。

でも、せっかくCanon EOS 7D Mark IIを持って来たので、動きものチャレンジの一環として。

真夏なみの暑さになったので
真夏なみの暑さになったので

真夏なみの暑さになり、スーツアクター、いや、ヒーローのみなさんも悪の軍団も大変だったと思います。

途中から、学校説明会に行っていた妻と次男も合流。できればエイサーも見せたかったのですが、私共々、ヒーローショーを楽しみました(笑。

動きはこの人が一番よかったかな?
動きはこの人が一番よかったかな?
力を合わせて悪を倒す!
力を合わせて悪を倒す!
これからも地球を守ってください
これからも地球を守ってください

結局最後まで見てしまいましたが(笑。

ステージ前で張っていて、なかなか面白い風景に出くわしました。

闖入者
闖入者

観客席に闖入者が!

お母さんの指先に
お母さんの指先に

闖入者はこの辺を少しの間行ったり来たりしたので、ちょっとした騒ぎになっていました(笑。

さて、今年はあまり撮らなかった行進へ。

世界平和とオトーサンの頭
世界平和とオトーサンの頭

見るべきところのない写真かと思っていたら、オトーサンの頭との対比が面白くなっていたのでつい掲載。いや、世界平和は大切です。

コウメ太夫?
コウメ太夫?

コウメ太夫、本当は右側の女性が小梅さんに気づいて、驚きの表情をしているところが面白かったんですが、個人ブログなのでカット。残念。

今回も、昨年同様晴れていて撮影コンディションは良かったのですが、基本露出には問題なく、撮影時には露出補正をほとんど行いませんでした。多少のトリミングをしている写真もありますが、基本はJPEGの撮って出しです。昨年の記事、PART1およびPART2については、macに取り込んだあと、多くは露出を下げていますが、今年はその必要がありませんでした。

この1年で他に変わったのがPhotohito。昨年は、写真をブログに貼り付ける仕組みがあったのですが、最近の仕様変更でそれがなくなりました。どうやら廃止のようです。

お気に入りの写真の実体をPhotohitoのほうに置くもくろみが外れて少し悲しくなっています。

一通りパフォーマンスを見たり、行進を見たり、出店の食べ物を食べたりしたあと、いったん自宅へ帰りました。私も家族も、宗教的なバックボーンを持っていないから、おまつりは完全な「エンターテインメント」。おまつりの背景などを知ることも、それを楽しむ重要な要素だと思います。でも、やはり「エンターテインメント」でいい。

そして、次男といつもの公園へ。

完全にシクロクロス化したGiant Tradist
完全にシクロクロス化したGiant Tradist

おっと。Trail-Sさん。大幅な仕様変更です。

カーボンフォークに換装して、Vブレーキに対応
カーボンフォークに換装して、Vブレーキに対応
リアもVブレーキ化。こんなことができるんですね
リアもVブレーキ化。こんなことができるんですね
フロントタイヤも太くしてトレイルに対応
フロントタイヤも太くしてトレイルに対応

うーん。これは面白いバイクに進化しましたね!

人物のパフォーマンスを撮るために業務用として導入した、Canon EOS 7D Mark II。実はまだ銃剣道などに行けていなくて、1年経つのに試せていなかったりします。なので、今になってCanon EOS 7D Mark IIを見直しました。こいつのAFと明るい環境での映りはすばらしい! D600も純正レンズや、Tamronあたりの望遠専用の機種を付けたら改善されるのかもしれないけど、やはり動体はEOS 7D Mark IIが上です。

屋内スポーツだとまた違ったりするのかもしれないけど、予定を合わせて実戦投入していきたい今日この頃です。

 

 

 

こんにちは 笑顔で返す 素敵ノラ

こんにちは 笑顔で返す 素敵ノラ

Cannondale Prophet号での通勤移動、再開しました。

Cannondale Prophet号
Cannondale Prophet号

いや、やはりこのバイクはよく走ります。ペダルを踏んでもBBを加圧しても「ギュン」という感じに加速する感触がすばらしいです。

今日は、ちょっとヘッドチューブの中を覗いてみたのですけど、中にはアルミの真新しい感じの切削屑が多数。これは、Cannondale Prophet初号機のBBやフォークを初めて外したときの出来事と同じ。このProphetは本当に新品に近いコンディションだったんじゃないかな? と思います。

Intense Carbine 275号も
Intense Carbine 275号も

まだRize号のトラウマはあるけど、どうしても乗り比べてみたくなるのが私の性格で、同じコースをIntense Carbine号でも試してみました。

同じ程度にペダリングはしていると思いますが、各交差点への到着を目安に走ってみると、Carbine号はProphetより数秒〜十数秒の遅れがありました。ただ、片道16km強の全行程でみると、差は1-2分というところでした。

Prophetは「ギュンギュンッ」。Carbineは「スルスルッ」。加速は圧倒的にProphet。走行中の速度の維持のしやすさは、差は小さいものの意外なことに26インチバイクのProphetに軍配が上がる感じです。後者はIRC Mibro for Marathon Tubelessを履いていることも大きいかもしれません。

この高性能な感じのProphetですが、サスペンションの当たりがまだ出ていないのか、特に後輪のほうは障害物に引っかかる感が歴代のProphet以上にあります。リアサスのManitou Radiumが今一つなのかもしれませんが、両足で圧をかけてみる感じではスムースなのです。なんか、バイク操作とリアの反応のタイミングが微妙にずれているような。

それに対して、Carbineは常にスムースで、小さな段差、大きな段差ともにタイミングよく処理してくれます。やはりMTBにとって、8年という年月の差は大きいのかもしれません。

“こんにちは 笑顔で返す 素敵ノラ” の続きを読む

カメラも整理中

日曜日は久々に長い晴れ間も見えました。

広島風お好み焼き
広島風お好み焼き

日曜日のお昼は広島風お好み焼きを作ってもらいました。上京した19歳の春、父方の祖母に送ってもらったホットプレートで焼いていますが、32年経った現在も現役デ使えているのはすごい。大学時代、アルバイト時代、社員時代そして家族と、このプレートを囲む仲間は変わってきたけど、私一人は変わっていないわけで、感慨深いものがありますよ。

食事のあと奧さんにビジネスシューズを新しく買ってもらって、また明日から心機一転(…大げさ)頑張ろうと思います。

カメラの整理も続けていて、Panasonic ミラーレス一眼カメラ GF1 レンズキット(20mm/F1.7パンケーキレンズ付属)は残念な結果になっていますけど、これにめげずに同じ個人時代に入手したRICOH デジタルカメラ CX1 ブラック CX1BKも処分してしまおうと考えています。明るいところで撮影したサンプルも欲しくて、日曜日のポタリングに持っていきました。

なかなかよく写る
なかなかよく写る

あれ? こんな感じでしたかね? CX1も低感度だとなかなかよく写る感じです。

焦点距離5mmの曼珠沙華
焦点距離5mmの曼珠沙華
焦点距離35.4mm マクロ機能利用
焦点距離35.4mm マクロ機能利用

“カメラも整理中” の続きを読む

乗り物とか

今日の午前中は本降りのため、mac内の写真整理。というか、iCloudのストレージの整理と言った方がいいかもしれません。Appleの写真アプリに取り込んだ写真はiCloudに自動的にバックアップされ、macには小さなサイズのファイルしか残らないからです。

昨年より自転車以外を積極的に撮り始めてから急激にサイズと枚数が大きくなり始めました。あとでまとめて整理するのは大変な作業。その日のうちに整理すべきですね。

今年7月分くらいまでは整理しましたが、まだまだ。この1年分を整理するだけで、ずいぶん容量が抑えられると思いますが…。いつ終了することやら。

昼過ぎには雨も上がり、ほんの一瞬でしたけど日も差したので、外に出ることにしました。

水位はだいぶ下がっていました
水位はだいぶ下がっていました

昨日、かなり上昇したと思われる善福寺川の水位もだいぶ下がっていました。カモたち、公園の上のほうに退避してますね。フェンスにゴミが引っかかっているので、少なくともこの高さまでは水位が上がったのでしょう。

今日はIntense Carbine 275で
今日はIntense Carbine 275で

“乗り物とか” の続きを読む

週間天気予報を見てがっかりする日が続いていますが、不思議なことに週末は予報が外れてポタリング可能となっているこの数週間。でもさすがに明日、明後日は厳しそう。

Cannondale Prophet
Cannondale Prophet

実用車として組み立てたCannondale Prophet。久々のLefty車ということもあって、遠出しようかと思っていたのですけれど、今日も起きられなかったのでご近所をうろうろ。ついでにこの階段も。

でも、少しよたよたしてしまって、緊張感がありました。Rize + Lefty Max 140 XLRは非常に感触がとても良かったので、必ずしもLeftyが悪いわけではないと思うのですが、Lefty Max TPC 130は若干注意が必要な感じです。エアサスのLefty Max 140 XLRは当初反応の悪さが目立ったのですけど、1台目Prophet、2台目Rize、2台目Prophet、3台目Rizeと続けて使ううちにずいぶんと慣れて、使いやすいLeftyになっていました。Rizeとともに盗まれてしまい、非常に残念。

“赤” の続きを読む

代々木公園

代々木公園

今朝、起きてみると上半身のカラダの節々がなんとなくきしんだ感じが…(苦笑。

しばらくぶりの遠出だったこともあるでしょうが、この関節の違和感は路面の振動の影響や、乗車姿勢の悪さに起因しているような気がします。

昨日のサイクリングで、今後ロードにも定期的に乗ってみたくなりました。Scott Addict号のパーツ構成やセッティングだけでなく、自分のフォームも見直してみたいと思います。

ところで土日は悪天候の予報でしたけど、今日も午前中に雨が降って以降は好天でした。出かける前に、Intense CarbineのクランクにGemini-Sさんからいただいたスペーサーを挟んでみて、異音がどうなるかを確認してみました。残念ながら、スペーサを挟んでも異音は消えませんでした。というより、挟むとクランク軸の長さが足りなくなる感じもしました。

異音が強化された…
異音が強化された…

M970クランクに必要なリングであるY-1F3 16000はすでにクランク軸に挟まっているようにも見えます。なので、いったんもとの状態に戻すことにしました。

ただ、比較的状態が良かった昨日と比べて、今日は異音の発生頻度が明らかに高くなったので、やはりクランクは異音と何らかの関係があるように思われました。

“代々木公園” の続きを読む