MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)で動画編集

今日はトレイルに行くつもりで準備していたのに、気がつくと正午前。

ここのところよく行く多摩湖方面に行くつもりで、f5.6さんともご一緒したかったのですが…。トレイルまでは片道2.5時間ほどかかりますし、もう日がかなり短くなっているため、10時前には出ないとちょっときつい。また、このコースは全工程で80kmを超えるため、出発までにきちんとメンタルコンディションを整えないといけません。

ということで、今日は遠出を諦め、夕方にご近所ライドをすることにしました。休日にこれだけいい天気が続くという貴重な機会を逃したことは、全部自分のせいとはいえ残念でした。また、月・火と雨の予報だし。

階段

昨日走った後、リアサスペンションが想定以上にストロークしていることに気づき、前後ともエアを入れ直しました。若干体重が増えたのと、自然にエアが抜ける分が影響していたのだと思います。

今回もフロントのサグを20%、リアのサグを30%に再度設定しています。その結果、フロント側は80psi、リア側は125psiになっています。前の「ソリッド」な状態に戻った感じで、この階段とかは結構衝撃がありました。

さらに、12速セットはまだきちんと決まらない感じでしたので、微調整しながら走る必要がありました。もう少し様子を見なければなりませんが、ライドの最後にはある程度しっかり決まるようになっていたと思います。

昨晩時点ではトレイル行きのつもりでしたので、GoPro HERO9 Black を充電し、準備していました。せっかくなので今日はこれを使って撮影し、走行動画を軽く作成してみました。

けっこう暗いところもそれなりの雰囲気で撮影出来ていて、最近のアクションカメラテクノロジーも進化しているのだな、と感じます。

そういえば、今日はiMac 5Kがなんだか不安定だったので、バッテリーを交換したばかりのMacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015) + Final Cut Proで編集をかけてみました。画面が狭くなることやメモリが少なくなることにもう少し不満を感じるかと思いましたが、意外に快適で、iMac 5Kのような編集中のコマ落ちなどは感じません。メモリも16GBで現状は十分なのかもしれませんね。ただ、さすがにファンは回りっぱなし。

これはもう、MacBook Proをメイン環境にしたほうがいいかな…。iMac 5Kの音の良さや、広い美しい画面は捨てがたくもあるけれど、本当に省スペースになります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる