26erを整理していきます

cannondale rize

今日は妻だけ在宅の仕事があり、私は気になっていた押し入れの書籍を整理した。一部売却、廃棄対象にしたが、またまた倉庫へ移動すべきムック類が多数出てきて、1回30kgほどの書籍を3回に分けて持っていった。

今日の腫物

ぐへぇ。もう入れるところがない。雑誌類は自分のサイトや自分自身が掲載されたものが多いので、なかなか捨てたくても捨てられない事情があり…。過去の栄光、というわけではないのだけれども、結構自分が作っていたサイトの古い姿なども確認できるので、ときどき眺めてやると未来のモチベーションにつながるのだ。

このあと4回目の移動でiMac 27 5kの箱を持って来て、まん中に突っ込んで今日の作業は終わり。

本は移動したけれども、気が向いたらいつでも取り出せるようにしたかった。これじゃ、それも無理そうな雰囲気に。もう開き直って、天井まで箱を積んでやるか。

その後、夕方からはポタリングへ。

Cannondale Rize

前回解決したはずのフレームのキシミがMax音響で再発してしまった。そのまま乗っていくのは恥ずかしいのでいったん自宅に戻り、再度緩んでいないかを確認した。どうやらその兆候はなかったので、最初に対応したようにサスペンションリンクの部分にとりあえずの注油を行ったところ解決した。ちょっとやそっとでは流れない、グリスを塗り込んでやる必要があるかと思った。

やはりカーボンは音が響くのだな…。

Rizeの反応はすばらしい

路面状況に対する反応は、手持ちのバイクの中でRizeがダントツにいい

手もとにある本当にすばらしい26er3台。でも、先日書いた通り26erの3台持ちはさすがに厳しい状況になってきた。特にYETI SB66CとProphetは下りの性能でかなり近いため、複数台持ちをする意味合いも薄い。3台の中では、1号機が盗難に遭った影響もあって思い入れが強いのかもしれないが、Rize号が究極のオールラウンダーというイメージがある。

今回、いろいろと考えたが、多くてもロード1台、MTB2台までに整理することに決めた。うち1台は、26erの収束に影響を受けないよう、27.5erにしてしまうつもりだ。

Rize

今日の夕方もGemini-Sさんにお目にかかった。

以前はGemini-Sさんも複数台持ちして、最終的に全台処分などを繰り返していたが、今はSpecialized Levo SL1台に絞って、こちらに集中して手をかけている。これからは私も時間の使い方が重要になってくるので、複数バイクに意識やコストが分散しないように、今のGemini-Sさんの体制を見習いたい気がしてきた。

数年前はバイクに乗るスキルが低かったこともあって、場面に応じてバイクを使い分ける、という名目でいろんなバイクに乗ってきた。でも、今くらいのスキルがあれば、例えばこのRize1台だけで近郊のトレイル各種は問題なく走れるだろうし、高速な常設コースであっても自分のペースを守ればおそらくストレスが溜まることはないだろう。

ということで、GW中にいろいろと準備を進めることに決めた。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる