Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic

Apple In-Ear Headphones with Remote and Micを入手しました。

アップル – iPod – In-Ear Headphones.

0012Shure E500 PTHのコードが折れていて、以前のように気楽に持ち歩いて使えない状況になっていることもありますが、今回はAppleの2Way, 2ドライバ・イヤホンがどういう性能を持っているのかに興味がありました。価格も9,400円(税込)と、他の複数ドライバを持つイヤホンと比べて低価格であり、入手しやすい価格帯だと思います。

早速使ってみました。

最近よく使っているUltimate Ears Triple.fi 10 Proと比べてずいぶん小さくて、軽いです。ケーブルとかは細くて、最初からiPodに付いてくるイヤホンと変わらない感じですね。

私が持っているiPod, iPhoneはコードに取り付けられたコントローラは機能しません。

E500PTH, Triple.fi 10 Proは耳の上にコードを回す方式で、結構装着に時間がかかります。それに対してコードを下向きにとりつけるApple In-Ear Headphonesは、装着がラク。そのかわり、タッチノイズは大きいですね。

音は、聞き始めたばかりでエイジングも何もしてない状況ですが、たぶんiPod付属のイヤホンから乗り換えた人は、その音のよさに驚くのではないかと思います。付属イヤホンにはない、高音のクリアさ、低音のメリハリが感じられることでしょう。

とはいえ、さすがにE500PTHやTriple.fi 10 Proと比べるのは酷な感じがします。全体的に音の質感が落ちる感じがあり、中音のくもり感、低音の不足感は否めませんでした。でも、以前E5cを購入したとき、購入直後に多少似たような感じがしたことを覚えているので、エイジングで多少改善されるのかもしれません。イヤパッドがMサイズだと全体的に音が迫力不足に感じたので、Sサイズに変えたところ改善されました。私にはSサイズのほうがいいようです。

比較的価格帯が近いSONY EX90SLと比べると落ち着いた音色だと思いました。若干価格帯が上のBOSE IEと比較すると、私はApple In-Ear Headphonesのほうが好きですね。

まだ、入手したばかりです。他のイヤホンたちと交代で使っていこうと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる