Cannondale Prophet (Mサイズ) 27.5 制限事項

やろうやろうと思って面倒くさくて確認していなかった、リアタイヤのシートチューブへの干渉。

海外サイトなどでも、「XCポジションにすべき」みたいな記事は見ていましたが、今日のジャンプ着地テストなどの結果を見る限り、この情報は正しいようです。

ということで、先ほどリアサスのエアを抜いて、完全にストロークが止まるところでのテストを行いました。

その結果。

FRポジションは完全にアウト
FRポジションは完全にアウト

FRポジションは完全にアウトです。

黒いリングの位置は、最大落差、最大距離の着地で止まった位置です。この位置に到達するかなり前から、タイヤがシートチューブに接触しました。

フルストロークまで数ミリ残して接触してしまう
フルストロークまで数ミリ残して接触してしまう

うーむ。フラッシュを当てると土埃や埃が写って、汚いなあ(笑。これ、フルストロークまで3mmくらい残っているのですかね? この状態で接触していました。フルストロークしてしまうと、かなりタイヤが押さえつけられるので、リアにブレーキがかかる状態になってしまい、多少危ないかも(沈。

これはタイヤを細くしたくらいでは解決できないかもしれません。

そこで、XCポジションもテスト。

XCポジションはかなり余裕を残します
XCポジションはかなり余裕を残します
2.25サイズのタイヤでもクリアランスは十分です
2.25サイズのタイヤでもクリアランスは十分です
ジャンプ着地と同じ位置でがっちり止まります
ジャンプ着地と同じ位置でがっちり止まります

エアを抜いてストロークさせても、ジャンプ着地と全く同じ位置でガツンとしっかり止まります。なので、XCポジション、2.25サイズのタイヤくらいなら完全に27.5バイクとして使えそうです。

27.5バイクとして使うなら、残念ですけどFRポジション不可という制限事項が付きそうですね。

以前、こんな記事を読んだことがあります。

Cannondale Prophet のサグ値(ヒントになれば幸いです。(仮)様)

2008年以前のProphetにはストローク値が2.0のものと1.75のものがあるのだそうです。私が入手したものはいずれも2.0だったので、1.75があることは認識していなかったのですが、1.75を使えばもしかしたらFRポジションを使えるのかも…。

ただし、そうなるとストロークが122.5mmとなってしまいます。そういえばヨーロッパのほうのみで日本では販売されていなかったProphet SLというモデルが120mmストロークだったはず。そのことを言っているのかなあ?

いずれにしても、27.5で使いたいために、FRポジションを諦めるか、FRポジションをとるために、26仕様に戻すか、ということになってしまいそうです。

XCポジション
XCポジション

今回、フロントフォークについては、130-150mmの間で悩みましたが、万が一FRポジションが使えなかったときのために、150mmを選択したわけですが、この点では正解でした。ヘッドチューブ角度67.5度に慣れているので、69度はさすがにきついですから。150mmにすることでわずかながら69度を下回ることが考えられます。

これは、少しリアの圧を下げてもうちょっと沈みを大きくして、違和感を最小化した方がいいかも。

うーん。これはかなり残念な結果…だけど、もうしばらく27.5仕様を楽しんでみようかな? どうしてもFRポジションがいいようであれば、26インチ仕様に戻すことにします。ただし、Leftyは修理に出さないといけませんけど。

午後の部

初夏
初夏

だいぶ暑くなってきましたね。

午前中はProphetの試運転を行いましたが、おおむねすばらしい乗り味でした。ただ、大きな衝撃ではフロントフォークが底付きしてしまいましたし、FRポジションではリアタイヤがシートチューブに干渉する可能性があることが分かりました。

まあ、段差のところは草が長くなっていたし、まだ昨日の雨でかなり濡れていたので、走行中にタイヤとシートチューブの間に草を巻き込んでしまっただけの可能性もありますけれど。とりあえず安全策を取ることにして、いったんはXCポジションにしました。

でも、XCポジションはかなり前のめり。コーナーはよく曲がれますが、どうも好みのポジションではありません。ということで、まあ午後は飛ばない前提でFRポジションに戻しました。

結局はFRポジションに戻しました
結局はFRポジションに戻しました

“午後の部”の続きを読む

用途次第

コツコツ集めた11速セットが揃ったので、昨晩セッティングを行いました。そして今日は待ちきれなかったので、めずらしく午前ポタをしてきましたよ。

Cannondale Prophet 2000 27.5 11S
Cannondale Prophet 2000 27.5 11S

しかし、さすがは最新のシマノの機器。変速がバチバチ決まりますね。

シフター
シフター

XTのゲージ。走行中に見たことはないので、外した方がいいかな?

コグは42Tを選択
コグは42Tを選択
ミディアムケージのGS
ミディアムケージのGS

初めてのミディアムケージ。今まではフロント3速が多かったのでロングケージを使っていました。

スタビライザーを効かしているので、チェーンの暴れも最小限。

坂も登れる
坂も登れる

9速のときは、この坂をどうしても登れませんでした。フロント29T、リア32Tで、26インチのときは登れたのですが、27.5ではどうしても超えられない何かがあったのです。

でも、今日はフロント34Tに対し、リアは42T。登っている最中で、最後の難関である根っこセクションも乗りこえられる予感がありましたが、その通りとなりました。むしろ根っこのところは、26インチより27.5インチサイズのほうが乗りこえやすいかもしれません。

安定感も高くなった
安定感も高くなった

この階段も、Prophetはほかのバイクと比べて比較的苦手な感じがありましたが、フロントも少しあたりが付いてきたのか、むしろ最強といってもいい感触でした。多分、スタビライザーが効いてチェーンが暴れなくなり、走行中のノイズが減ったことも影響しているのかもしれません。

ちょっとブレーキの設定が完璧にいかず、引きずっていますけど、それを考えてもよく進むので、公園ポタとちょっとした冒険には最強のバイクとなった気がします。

こうなったら、段差も飛ばなきゃ。

2回連続して飛びます
2回連続して飛びます

この2回目のほう。普段は、斜めになっている斜面に前輪、後輪の順で滑るように下りることが多いです。一番スムースに着地できますから。でも、今日はこの斜めを乗りこえて、フラットになっている部分へ着地することにします。

まずは、FRポジションでジャンプ。

FRポジション フロントストローク
FRポジション フロントストローク
FRポジション リアストローク
FRポジション リアストローク

斜めの土手を完全には超えられず、リアタイヤが先に引っかかった感じがありましたので、フロント、リアともストロークに余裕を残しています。着地の感触は非常によく、Santa Cruz Nomadに負けません。

が…!

ちょっとシートチューブ、こすってますねえ…
ちょっとシートチューブ、こすってますねえ…

この汚れ方をみると、シートチューブ、ちょっとこすっちゃっていますねぇ…(泣。やはり26インチバイクは26インチバイク。27.5サイズで設計されたものではないのです。フルストロークではないのに触れているとすると、フルストロークした場合は若干危険かもしれませんよ。

しかたがないので、あまり好きではないですけどXCポジションにしました。サドルを上げると特に前のめりな感じがし、違和感がありますね。

そして今回のトライは完全に斜めの部分を乗りこえ、奥の平地に着地しました。着地の感触はやはり良くて、Nomad以上では…と思ったのですが…。

何これ?
何これ?

衝撃。リアがフルストロークしたことはProphetやJudge、Spicy号でもありますが、フロントのこれはちょっと初めて見たかも(驚。

リアもフルストローク
リアもフルストローク

サグはフロントが20-25%、リアが20%くらいかと思います。リアのほうがストロークしやすいから、少し差を付けています。うーむ。ジャンプのときは、エア強めがいいかな…? 少しダンパーを効かせたほうが望ましいのか…?

ただこの着地の感触の良さは、ホイールにも起因しているのではないのかな?

シートチューブの汚れはさっきのこすれが残っていたのでよく分からず、再度トライ。

結果は同じ!
結果は同じ!

2回目はさらにスピードを上げ、かなり遠くに着地しました。結果は同じくフロントもフルストロークしたのですが、今度はさらに距離が伸びたせいか、着地時にフロントがガツンと行った感触と、若干の跳ね返りを感じました。バランスを崩すほどではありませんでしたが。

今までProphet、RizeでLefty Max 130, 140(2005), 140(2012)と使ってきていますが、段差の着地についてはLefty 2012が一番強かった気がします。個人的な慣れの問題かもしれませんが、やはりダブルクラウンで、アウターも太く、スタンチオンが分厚いイメージのLeftyのほうが剛性そのものは高いのかもしれません。

ただ、Leftyにはそれなりの弱点もあります。ふわっと浮き上がるようなジャンプや(私はたまにしか成功しない(苦笑))、今回のように少し距離を伸ばして飛ぶと、バランスを崩しやすく、着地に失敗するケースも結構起こりやすい、ということです。空中でバランスを取れる上手い人なら問題ないのかもしれませんが、私の場合は一度前後左右のいずれかに振られ始めるとアウトです。

リアも当然フルストローク
リアも当然フルストローク

フロントだけでなく、リアも当然フルストローク。自宅でノギスで測ったら51mmストロークしているのでスペック通りです。

こすったようなあとはないけれど
こすったようなあとはないけれど

今回はこすったようなあとはないのですが、この汚れがもしかしたらそうかもしれないので、なんとも言えないですね。

うーむ。XCポジションなら、27.5として使ってもおそらく問題はないようには思えますが、私はずっとFRポジションだったので、XCポジションの前傾した感じにはちょっと違和感が強すぎます。

今まで数々のMTBを所有し、試乗させていただいたりしました。長距離走行とか、下りの専用コースとか、バイクによってそれぞれ得意、不得意はあるんですけど、私個人の感想としては総合的にみてCannondale Prophet 27.5 11Sが一番の性能のような気がします。しかし、やはり27.5バイクとしての設計ではないのは確実なので、多少の不都合が発生してしまうのはしかたがないのか…。用途次第では最強、ということかな?

現在、27.5が標準となりつつあるのは総合性能が高いなど、それなりの理由があることが分かった気がします。逆に、最初から27.5で設計されたバイクフレームが欲しくなってしまったり、本末転倒な気持ちになっている今、この瞬間です。良くない傾向です(苦笑。

おまけ
おまけ

今日はモンシロチョウが飛んでいたのでトライしましたが、1/1000ではやはり止めきれませんね。Canon EOS 7D Mark IIの自慢のAFでも全く捉えきれず、失敗率は100%でしょうか…。飛んでいる瞬間、完全に合焦したものはない感じでした。被写体ブレと手ブレもあるんでしょうけど。

すごいボディの折れ曲がり
すごいボディの折れ曲がり
またチャレンジします
またチャレンジします

ちょっと腰を据えて撮らないとダメみたい。またチャレンジします。

綿毛
綿毛

偽チャンネル情報

自転車もそうでしたが、世の中の悪に触れる機会の多い今日この頃です。

自社で運営している exfit TV の動画が丸パクリされ、自身のチャンネルとして公開しているユーザを発見しました。

exfit TVの動画を公開しているYoutubeユーザは

exfittv

exfitTVBudo

のみです。

ユーザ様におかれましては、なにとぞご注意下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

感謝

Rize号が盗難に遭ってから、本当にいろいろな方々にこのブログやSNSを通じて、温かい励ましの言葉をいただいたり、情報をいただいたりしました。私の個人的なことに本当にいろいろと気にかけていただいて、本当に感謝しております。とても心強かったです。

中学サッカー 夏の大会
中学サッカー 夏の大会

私が被害にあった大手町駐輪場で盗難を繰り返していた犯人の1人が逮捕され、ときを同じくして北海道や福岡でも同様に自転車を多数盗んでいた犯人が逮捕されています。自転車盗難に対する社会的な関心の高まりが、このような犯罪を未然に防ぎ、犯人確保につながる力になると思います。

さて、今日は次男の夏の中学サッカー大会の第2戦。相手は強豪で、前回以上に厳しいものになると思われました。

“感謝”の続きを読む

気分一新のポタ

とりあえず大手町の自転車泥棒が1人捕まり、少し気持ちが落ち着きました。まだ自転車が戻ってきているわけではないのですが、関係者全員を逮捕してほしいと思っています。

Cannondale Rize One Carbon 2009
Cannondale Rize One Carbon 2009

Cannondale Rizeという、このモデルを4/12-最近の間に入手された方。盗難されたこのバイクである可能性があります。外国人グループ(今回捕まったのはベトナム人)から入手した方は特にその可能性が高くなります。心当たりのあるかたはご連絡ください。

さて、昨日は犯人逮捕のニュースでかなり興奮してしまってなかなか寝付けないので、Cannondale ProphetとLapierre Spicyの間で部品交換を行いました。

Cannondale Prophet 27.5
Cannondale Prophet 27.5

本当はクランクをSanta Cruz Nomadから移したいのですけど、どうやっても抜けません。Race Faceの安価モデルだと、シンプルな構造で、8mmヘキサゴンレンチで回すボルトが一つだけ。これでクランク軸を止めているようなのですが、あまりにも固くはまっていて、何をやっても抜けません。

いったいどうやったら抜けるんでしょうねぇ。

前後ブレーキは、Hayes Stroker Trail Carbonに変更しました。

そして、ステム + ハンドルをEaston Havenに変更し、ハンドル幅が710mmとなり、突き出しも60mmくらいになっています。若干取り回しが良くなったかもしれません。

短いステムに変更
短いステムに変更

“気分一新のポタ”の続きを読む

大手町の自転車泥棒、捕まる!

http://www.sankei.com/affairs/news/160520/afr1605200019-n1.html

大手町自転車駐車場で自転車窃盗を繰り返していたヤツが捕まりました。私はまだ何も連絡は貰っていませんが、大手町の自転車駐輪場というと、あの場所しかないので、50台ということであれば、私の自転車も含まれている可能性はあります。

私は頻繁に大手町第1、第2、第3自転車駐車場に出向き、歩き回っています。その際、先日書いたように捜査中の刑事さんに会い、お話を伺う機会を得ました。実は、そのとき、少しだけ駐輪場の監視カメラ映像が視界に入ったのですが、とても鮮明でした。

刑事さんの力強い態度と、監視映像のキレイさから、おそらく近いうちに犯人が挙げられるだろうという予感はしていました。自転車が戻ってくる、来ないに関係なく、どうしても犯人には罪を償って欲しかったので、まずはホッとしました。警察の方々の真剣な捜査に感謝いたします。

まだ仲間がいることでしょう。全員逮捕して、罪を償わせてほしいです。

この機会に、再度写真を掲載しておきたいと思います。

Cannondale Rize 1 Carbon 2009
Cannondale Rize 1 Carbon 2009

4月12日以降にこの自転車を入手した方、見かけた方。その自転車は盗難車である可能性があります。今回逮捕されたのはベトナム人のようですが、取り引きの相手がベトナム人であった場合はより、その可能性が高くなったといえます。

宅配便の送付履歴もすでに調べられているでしょう。その場合は、警察のほうから連絡が先になるのかもしれませんが、もし、心当たりの方はご連絡をお願いいたします。

Windows 10 諦めた

親指シフトキーボード
親指シフトキーボード

私の親指シフトキーボード搭載ノート、FUJITSU LIFEBOOK S762/F。あまりにも処理が遅く、せっかくの親指シフトキーボード入力ももたついて仕方がない状況でした。このノート、デフォルトのWindows 7 Professional(Windows 8のダウングレードモデル)で使った記憶があまりなく、すぐにWindows 10にしてしまったのですが、とにかく激遅。もしかしたらソフトウエアの相性とかが悪かったのかもしれませんが、どうやっても解決しません。

そこで、先ほどリカバリディスクを使ってWindows 7を入れ直しました。Windows 7にしたからなのか、常駐型の各ソフトが消えたからなのか、非常に速くて快適です。

まだ、Apple iCloudもOfficeも入れていない状態ですが、日本語入力を快適にするために、親指シフトエミュレーションソフトの「やまぶき」とATOK 2016をインストールしています。

親指シフトキーボードはもともと、日本語ワープロ、OASYS用でしたが、FMRやFMVなどのMS-DOS/Windowsパソコンでは公式のハードウエア、ドライバ、ソフトウエアが販売継続されています。しかし、最近では、Mac OS X + ATOK2015 for Mac + エミュレーションソフト(Lacaille) + キー入れ替えソフト(Seil) + 外付けキーボードのほうがはるかに扱いやすくなっていました。

でも、Windowsをリストアしたおかげで、Windowsの親指シフト入力環境がMac OS Xの環境に久しぶりに追いつきました。これらの組み合わせにより、WindowsもMacも全く同じ操作感で扱うことができるようになっています。

Max OS Xは有料キーボードドライバであるNicola K というものがあり、複雑なインストールをすることなく環境が揃うこともあって今後の期待大です。ただ、開発上の制限があるようであり、日本語と英語の切り替え、親指シフトモードとそれ以外の切り替えがWindowsやLacaille + Seil + ATOKと同じにできず、全く違う方法になってしまいます。私はOASYSの時代からずっと親指シフトキーボードを使ってきたため、いちいちひらがなキーで、かなモードと親指シフトモードに変更するのはどうしても慣れず、ストレスになります。Windowsの標準ドライバやエミュレータだと、「無変換」でそれができるので便利なのですが…。左親指キーを「ひらがな」に割り当てられれば、日本語入力切り替えと親指モードの一致が可能になるので、便利なんですが…。私はMacでこれを実現するために、Seilで「かな」キーを左親指キーに割り当て、Lacailleの左親指キーの選択で「かな」を選ぶようにしています。

とりあえず、親指シフトノートが実用的なスピードで動くようになっています。これからiCloudやOfficeを入れるとどうなるか分かりませんが…。いずれもいろいろなものを同期する処理があるので、速度には影響があるかもしれませんね。

多分もう、Windows 10にすることはないと思います。見た目は悪くないけれど、デスクトップアプリとストアアプリのような新しい環境の混在が、Macのときのクラシック環境以上に違和感があり、本当に中途半端なインターフェースだと思います。パソコンにくわしい(?)はずの私も、Windows 10に関しては簡単な設定すらどこからやっていいか分からず、いちいちネットで調べなければならなくなりました。変わりすぎだよ…。こういうところは基本的なインターフェースが変わらないMacのほうが優れていると思います。

結構自動的に、Windows 10にされてしまうケースもあるようですね。気をつけないと。2020年にサポートが切れるまではWindows 7ですね。それ以降のことはまた別に考えます。

Cannondale Prophet 27.5 650B(仮)

はい。表題の通りです。

Cannondale Rize One Carbonの状態があまりに良かったため、ずっと先送りにしていたCannondale Prophetの27.5化、実施しました。

Cannondale Prophet 27.5
Cannondale Prophet 27.5

もし、Cannondale Rize One Carbonが盗まれていなかったら、まだこのバイクには手を付けていなかったでしょう。ただ、Lapierre SpicyもSanta Cruz Nomadも、Cannondale Judgeもcommençal absoluteも、重すぎて町乗りに向いているとは言えないバイクたち。

ということで、Cannondale Prophetの復活を急ぐしかありませんでした。

以前入手した、Lefty Supermax 用のフロントホイールは手放しました。Supermaxの入手が難しいことと、あまりに重くなってしまってLeftyのメリットを失ってしまったSupermaxに魅力を感じられなかったことがその理由です。装着すらしない新品のままでしたので、新しいオーナーの方にがっつり使っていただけるんじゃないかと思います。

ということで、Leftyでの27.5化は諦め、極めて普通に27.5化します。これで一気に敷居が低くなりました。

“Cannondale Prophet 27.5 650B(仮)”の続きを読む

キャプテン

さて。今日は朝から次男の大会の応援でした。

初キャプテンマーク
初キャプテンマーク

初キャプテンマーク。念願の背番号10ももらいました。

でもキャプテンというのは責任重大。昨日も書いたように、連合チームを解散し、1年ぶりの単独チームです。キャプテンは責任と覚悟を持って試合に臨む必要があり、チームを奮い立たせねばなりません。

“キャプテン”の続きを読む