Null Audio Studio

今日は、左肩の調子があまりよくなく、また午前中も天候が不安定であったため、MTBで公園に出かけるのはやめました。土曜日にMTBで外出しないのは結構久々です。

さて、ここのところ久々にiPod用のイヤホンへの興味が高まり、Westone 3やSennheiser IE8などを調べていました。IE8にはかなり惹かれましたけど、Ultimate Ears Triple.fi 10 Proの現在の満足度が高いこともあって、入手には至っていません。もし、同じ価格帯のイヤホンを入手するなら、Ultimate Earsの上位機種が新たに発表されたときのほうがいいのではないかと。3ウェイ4ドライバとなるUE11 ProはTriple.fi 10 Proを上回る驚異的な性能を持っているというレビューを見かけますが、これはオーダーメイドのみ対応のモデルです。これが量産モデルになったときは、次期イヤホンの第一候補になるでしょう。

なんか、いろいろとイヤホンの情報を見ていくうちに、Triple.fi 10 Pro用のサードパーティ製ケーブルの存在を知りました。

Null Audio Studio.

このケーブルにリケーブルされた方々のレビューを見てみると、評判は上々。ヘッドホンアンプによるグレードアップにも興味があるのですが、持ち歩き優先なので、まずはこのケーブルを使ってみることにしようと考えました。

そして、先程注文してみたところです。Triple.fi 10がどう変わるか、楽しみです。

そして、ここではShure E530シリーズのリケーブルも始めるみたいですね。私のE500はケーブルが折れて、使いづらい状況になっているので、この製品のリケーブルにも興味があります。

そして、もう一つ興味を持ったのが、「コンプライ イヤホンチップ T-500」というイヤチップ。フィット感がものすごくよいらしく、遮音性が上がるのだそうです。ただ、若干のこもりを感じるというレビューが散見され、少し気になっているところ。すでにチップをいくつかなくしているので、補充の意味もかねて試してみることにしました。

一昨日Mサイズのチップの片方を外出中になくして(いつも池袋でなくなるなー)、今Sサイズで聞いていますが、音が非常にクリアなので驚いています。2段フランジのときにはもっとよかったような気がしますが、これらの各サイズも補充しておこうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる