年を取ったなと思い始める

階段

最近の休日は平日と同じ時間に目が覚めるようになってきました。現在減量中ということもあるので、近所のトレイルまで自走予定でしたが、どうしても布団から離れられませんでした。こういうところ、やはり年なんですかね

反面、減量自体は順調に進んでいて3kgほど減っているので、今日は遠出できなかった分いつものコースを2周して、少しだけでも運動量を増やしました。

今日もTREK FUEL EXにて。

こうやって横から見ると、ボトルケージがもう少し下にあると、ペットボトルも余裕で入りそう。今の位置でペットボトルを収めると、トレイルで走るとどうしてもフタがトップチューブに当たってカタカタ音がして気になるんですよね。

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

この動画の冒頭で鳴っている音がそれで、結局ライドの途中でボトルを外すことになりました。このときFさんやHさんが装着していたボトルを見るとさらに大きいので、今の位置だとちょっと難しい。少し位置をずらせるボトルケージか、マウント位置を少しずらせるツールがないか、探してみようかと思います。

TREK FUEL EXは平地の公園を走ったとき、YETI SB5cと比べて結構、地面の凹凸がコツコツくる感じがあります。この感じは、Cannondale Prophetと似ている印象がありますね。乗り心地がいいYETI SB5cと似ているのはCannondale車だとRize号かな。

逆にハードなトレイルとかを走ると、この硬い感じは関係なくなってきて、むしろこのような階段だとYETI SB5cよりTREK FUEL EXのほうが跳ねない感じがします。

2020年代のバイクということで、おそらく前後サスペンションの動きに無駄がないんだろうなと思います。リアを使い切るのに対して、フロントサスペンションが半分くらいしか使われないのはFOXの特徴なのか。DVOとかRockShoxだと同じサグでもう少し動いてくれるんですが、FOXではRansom号でFOX 36 160mmを使っていた昔から、なかなか100mm以上使うことができないな〜という印象です。サグをもう少し増やしてみようかな。

減量のためのカロリー消費にはいいのでしょうが、やっぱり前後タイヤは重い。タイヤを軽くしてもう少し長く走るのもいいかなあ…と思い始めました。かといって、Maxxis Rekon Race 29 x 2.4だとノブが低すぎる感じだったしな〜。

2周目になるとさすがに、タイヤの重さが響いてきて、他のことを試す余裕がなくなってきます。グラビティ系ではなく、トレイル特化のタイヤを探してみるか…。やはり奇をてらわず、お気に入りのタイヤであるSchwalbe Nobby Nic 29 x 2.4あたりを選ぶべきだったかも。

YETI SB5cとこのTREK FUEL EX、どちらをメインバイクに置こうかと迷っていますが、この1ヶ月の乗車率を見るともう、TREK FUEL EXが圧倒的。SB5cの軽さは魅力的ですが、私のやりたいことをいろいろ代行してくれるFUELの性能の高さはMTB乗りのモチベーションにつながっていることは確か。まずはこのバイクについての考慮を優先しようと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

  • おはようございます。ボトルは550mlならフレーム当たりませんでした、自分はエリートの550ml使ってました。ただ取り出しづらいのでゲージはサイド出し使ってました。

    • DHさん。なるほどです。情報ありがとうございます。エリートの550mlを見つけて見ていました。
      私はこの10年くらいかな、ペットボトル以外は使っておらず、それを固定できるボトルケージを使ってきました。なんか、面倒くさくなくて。それもあって、350mlのペットボトルを複数買う運用にしようかとかも考えていました。
      でも、ペットボトルから移し替える手間を面倒くさがってはいけないかもしれませんね。ちょっと考えます。

目次