家系豚骨醤油ラーメンの日

日清食品チルド行列のできる店のラーメン 横浜家系

今日の夜、次男の帰宅時に雨が降ってきたとのことだったので、夜ライドは中止。でも、後から見た限りでは行けないこともなかったかもしれません。まあ、明日は天候が回復しそうなので、1日休みでいいか。

昼は、一昨日に買っておいた「最高に面倒で、最高にうまいラーメン。家系豚骨醤油」。

確かに作るのは面倒だった。でも、かなり美味しい。カップやチルドの家系ラーメンは、お店で食べて知っている家系ラーメンとは明らかに味が違う場合が多いのですが、これは結構近かったと思う。

私が家系ラーメンに初めて出会ったのは、方南町駅近くにあった「桂家さん」でした。最初はあまりのスープの濃さに、「なんだこれ?」って感じだったんですけど、いつしかクセになっていたのですよ。夕方からお客さんが並んでいることが多かったので、なかなか入れないこともありましたね。また食べたい味だと思いつつ、それはもう叶いません。

そして夜はまさかの。

日清食品チルド行列のできる店のラーメン 横浜家系」。これはまた過去にお店で食べたことがある家系ラーメンとはちょっと味が違う感じがするんですけど、これはこれで美味しい。

運動をしないのにカロリーたっぷりの家系ラーメンづくしの1日でした。

さて。話は変わりますが…。

昔、私が持っていたラジカセという音響機器。操作をするのに、結構ボタンやレバーボタンを力強く押し下げる必要がありました。ある日、友人宅に行くと新しいラジカセがあって、それは「フェザータッチ」と名前が付いたボタンを備えているというではありませんか。試しに使ってみると、ガッチャンと押し込むボタンではなく、軽く押すタイプのボタンで、本当に楽に操作できる! 一度使ったら戻れない感じ。欲しい、と言っても高価で、私は同じものを買ってもらうことはできませんでしたが…。大人になってミニコンポやオーディオコンポを自分用に買えるようになってから、ボタンは優しく「フェザータッチ」するのが当たり前になってしまっていました。

いま、私はYETI SB5cの変速レバーに同じ事を感じています。SRAMの「フェザータッチ」から、Shimanoの「押し込むレバーボタン」に辟易しつつあるのです。いや、10速まではむしろ、Shimanoのほうが「フェザータッチ」でしたよ。

「フェザータッチ」に慣れてしまった後は「押し込むレバーボタン」には戻れない…。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる