おまわりさんが集合してた

折り返し地点

今日のライドの出がけに、Apple WatchのStravaを起動しようと思ったら、立ち上がってきませんでした。他のアプリが立ち上がるところをみるとStravaアプリの問題のようで、とりあえず標準アプリのワークアウトを立ち上げ、そちらに記録することにしました。併せて、iPhone側のStravaを起動して、そちらでも並行して記録。

ワークアウトのサイクリング記録は、止まっているときも一時停止せず記録するので、Stravaとはちょっと使い勝手が違います。

ライドでよく経由する公園の暗がりを通過するとき、数名の男性の話し声がしました。その場所はホームレスと思われる方が住み着いている場所で、普段は静か。何かと思い確認してみると警ら用の自転車が2台止まっており、2名の警官がひとりの男性に話しかけているところでした。10メートル圏内には別のホームレスの方もいるのに、この方だけが問い詰められているのはなぜだろう? 男性の方が抵抗している感じはなんとなく伝わりました。

とりあえず、ここを通過してとなりの公園まで移動すると、私の目の前にパトカーが停車し、3名の警官が出てきました。そして、先ほど警官2名が話していた場所へ向かうようです。

うーん。これで5対1。いったい何があったんだろう。

気にはなりつつも私は普段のライドに向かいます。

今日の折り返し地点には誰もいなかったので、ちょっとしっかり、武術の型を行いました。

鉄棒のところでは今日も筋トレを少々。かなりヘロヘロ。

鉄棒の前に広がる、ヒコーキ広場。ヒコーキは20-25cmくらい段差になった上に設置されているんですけど、段差登りのいい練習になりそうなので、昨日から練習を始めています。しかし、今日はちょっと高めの段差に登ろうとしてバランスを崩し、前輪を段上に乗せたあと転けそうになりました。ちょっとヒヤッとしましたが、そのあとのリトライで無事に成功。昔これで後輪をぶつけてパンクさせたりしているので、2回目は力を抜いて慎重にいきました。

帰り道、往路で止まっていたパトカーはすでにいなくなっていました。最初警官2名が職質していた場所も静けさを取り戻していて、いつもより静かな感じながらおふたりのホームレスの方は姿を消すこともなくお過ごしで。

あの騒ぎは一体何だったんだろう?

さて。StravaのほうはApple Watchアプリを何度も再インストールしましたが復活しません。最後の最後にiPhoneにインストールしたStravaを完全削除して、再インストールをしてみたところ、Apple Watch側も復活しました。

多分、Stravaの再インストールはこれで2回目ですね。データはサーバにありますので、すぐに復旧できましたけど。

いざ、走り始めようとしたときにこれでは、困るなあ。

今日は、iPhone側のStravaで記録したものは心拍数データがないので廃棄し、ワークアウトアプリのデータをStrava側に取り込みました。ほぼ、Stravaで記録したのと変わらない感じ。ワークアウトのデータからきちんと止まっていた時間帯のデータは排除され、普段のデータと比較することも可能になっています。助かった…。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる