GOKUMIN

きっちり着替えて、カスク被って手袋をして、「よし」と外に出てみたら。準備する前に気づけばいいのに。逆の手順でまた着替え直して、リラックスモードに戻る。

iPhone 12 Proの画面を見ると、緊急事態宣言の延長の決定を知らせる通知が数件来ていた。想定していたとおりの決定だが、停滞している感染者や病床使用率の減少は期待通りに進むだろうか…。今週はすでに増加傾向をみせていたから。

医療従事者の負担軽減を考えれば、少しでも感染者を減らしていかなければならない。さらに緊急事態が再延長とかになると、飲食店や遊興施設などのダメージはさらに大きくなり、それは関連産業にも及んでくる。もちろん、それらの業界から仕事をいただくようなこともある、私たちの業界にもじわじわと影響が押し寄せてくるだろう。

なんとか、今回の延長期間で終わらせようよ。

さて、数日前に寝具を新しくしてみた。

GOKUMIN マットレス 高反発 ベットマット 敷布団【厚さ5cm独自技術とスタイリッシュなデザインの抗菌防臭加工マットレス】 (ブラック, シングル)

これまではせんべい布団をフローリングに直接敷いて眠っていた。そのせんべい布団も9年ほど使って結構ボロボロになってしまったので、次はどの布団にしようかと迷った末に決めたのがこのGOKUMINである(昔好きだった「ゴクミ」みたいでいい響き)。

本当は、松井秀喜氏がCMされているアレがほしいところだったけれども、価格が桁違いで手が出ない。アレの予算があるなら、MTBのフレームを探してしまうだろう。

初日、2日目はフロアに直接敷いて寝てみた。慣れないうちは疲れやだるさが出るかも、とのことだったが、私の場合はそんなことはなく、今週のランやポタの調子が良かったのはGOKUMINのおかげだった可能性はある。

これなら、と、以前のようにソファベッドの上に敷いてみた。多少フワフワするが、ベッドの折り目の硬い部分があまり気にならなくなった。ソファベッドは寝心地が良く、よく眠れた印象もあったが、朝のおきがけは2日とも腰が痛かった。私の場合はフロアがいいかもしれないな。

そういえば、尊敬するブルース・リー先生が1970年に仙骨神経叢損傷を負い、寝たきりに近い生活を過ごしたことがあったそうだ。腰痛なんて生ぬるい言葉で片付けることはできない怪我だが、先生は間もなく「ドラゴン危機一発」(1971)に主演するために、単身でタイでのロケに参加することになった。それで当地のホテルに長期滞在した際は、ベッドのマットレスに寝るのは無理だから床に寝た、と聞いている。

私の場合は慢性的な痛みでも、極端にひどい腰痛ではないのでブルース・リー先生ほど苦労はしない。とりあえず、床にGOKUMINを敷く形でしばらく過ごしてみようと思う。

それにしても、リー先生、そんな腰の状態で良くこんな激しいアクションができたな、と思う。やっぱりすごい人だ。最初のサイドキックのノーモーションぶりがすごい。

さて。私もストレッチして寝るか。

その毎晩のストレッチは布団の上でやることが多かったけれども、GOKUMINの上でのストレッチはより快適な感じだ。とりあえず、別にヨガマットなどを買う必要はなさそう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる