サーバ移転

昨日の睡眠不足状態があってか、今日は朝方まで熟睡できました。

体の調子も戻った感じなので、近い方のトレイルにでも行こうかと思ってGoProを準備していましたが、どうも雲行きが怪しい。

ちょっと外に出てみると、ごく少量ながら降雨も感じました。近所ライドなら問題なくても、片道20kmを超えるライドだと厳しいかも。

明日も1日雨の予報ですし、今日はちょっと走りたかったな。

その代わり、今日は自身のブログのレンタルサーバのメンテナンスを行っていました。

現在、このweblog.icofit.netはConoha Wingというレンタルサーバ、exfit.jpやmartialartslog.comはXserverにて運用しています。2020年の初めの頃はすべてのブログをXserver側に収容していたのですが、コロナ禍でリモートワークが普及し始めた頃急激にブログの反応が遅くなってきたことに気づきました。Yahoo! や Googleのようなサイトが問題なく表示できていたので、レンサバの反応やそのネットワーク回りに限界が生じたのかもしれません。

それで、新たにConoha Wingを契約し、アクセス数が多い*.icofit.netのほうだけそちらへ移設したのでした。

しかし、どうでしょう。移転してみるとXServerのほうがわずかながら反応速度が速いではありませんか。でも、移転作業があまりにも大変だったため、そのまま運用を続けることにしました。

本当はexfit.jpやmartialartslog.comも移転予定だったのに、性能が微妙なので結局現在まで2サービスを並行して利用する形になってしまっていました。

そんな中、つい先日ですけれども、Conoha側のこのブログの反応が遅いときにXserver側のmartilalartslog.comにアクセスしてみたら、ずっと反応が速いことに気づいてしまったのです。

Xserverはどんどん性能が上がっていき、当初に契約したときより同じプランは圧倒的に速くなってきています。おどろいたのは先刻、新型のサーバへの移転可能な旨の連絡が来たことです。今まで契約してきた多くのサービスでは、新しいサーバに乗り換えできることなんてありませんでした。過去に当時利用していた別のホスティングサービスに「同じプラン・料金で新しく契約した人のほうが有利だなんてずるい!」みたいな問い合わせをしたことがありましたが、そのときは「退会して新しく契約するしかない」ようでしたから。

Xserverの新しいサーバーにおいては、他のユーザーの影響を受けにくいような仕組みを導入したとのことです。

https://www.xserver.ne.jp/news_detail.php?view_id=8186

実は、Conoha Wingでは以前から同じ目的のリソース保証オプションを別料金で使用していました。しかし、Xserverは別料金がかかるとは書いていないので、これはXserverに一本化し直す機会かな、と思い始めました。

ということで、今日は移転作業に終始していました。今日決めて、なるべく本日中にやっつけてしまおうと。

  • Conoha Wingに置いてある資源をダウンロード
    • 幸い、2月に一度移転を考えてバックアップして置いたので、最小限で済みました。
  • Conoha Wingのデータベースをエクスポート&ダウンロード
  • Xserver側に新しいデータベースを作成
  • Conoha WingのWordpressのDB設定を書き換え
  • Xserver側の新しいデータベースに、Conoha Wingのデータベースのバックアップをインポート
  • Conoha Wingの資源をXserverにアップロード
    • これが時間かかる
  • hostsを書き換えて動作確認
  • ネームサーバの切り替え (72時間以内にほとんどの環境で新しいサーバが見えるようになる)

というような手順ですね。現在のXserverはかなりいいので、もうしばらく別サーバを検討することはないと思いますが、手順のメモを残しておくことにします。

それにしても、

  •  [sv10001~sv13000.xserver.jp のサーバー]
    •  スタンダード  (旧X10:月額990円~)   CPU 仮想4コア  / メモリ 4GB

いままでこんな感じだったのが、

  •  [sv13001.xserver.jp 以降のサーバー]
    •  スタンダード  (旧X10:月額990円~)   CPU 仮想6コア  / メモリ 8GB

こんな感じに。また、3年前の契約当初はディスク容量200GBだったのが、途中のアップグレードで300GBになっています。実質値下がりですよ。

Conohaは250GBで契約して、今は50GB増量になっているので現在の容量は同じですが、CPU1コア / メモリ1GBなので、Xserverのほうが有利ですね。しかも低価格。

今後Conoha Wingは解約予定なので、かなりのコストダウンにつながると思います。

さて、ファイルのアップロードの段になって、かなりの時間がかかっていますので、その時間は夕方のライドに出ました。

少しだけ暗くなりかけています。少し雨が降り始めていたので、早めに上がりました。本当によく、雨が降りますね。今週は火、木が雨で外出できず、明日もそんな感じなら残念。

帰ってきて見てみたら、1時間で3年分ほどの写真しかアップロードが進んでいません。あと5年分ほど残っていて、2021年の後半はWordPressのテーマを変更した関係で結構ファイルサイズが大きい可能性があるので、まだまだ時間がかかりそうな予感がしました。

一応、途中でhostsを書き換えて、新しいサーバも確認し、動作することは分かっているので、そこは安心しました。

こんなにデカいブログでなければ、「かんたん移行」機能が使えたはずなんですが…。今回は全部手で行う必要がありました。調べてみると111.31GBだそうです。

調べてみると、2019年の写真フォルダが1.58GBなのに対し、2020年はなんと35.89GB! 2021年は10/15現在で30.7GBです。毎日更新にした影響が大きいと思いますが、アップロードが面倒くさくなって、写真アプリから直接アップロードしたりしてサイズが高くなっている可能性もありますね。

今年変更した有料テーマと写真圧縮プラグインの相性が悪いため、写真圧縮プラグインを無効にしていることも、今年の写真フォルダが肥大している原因のひとつでしょう。

使っていない写真とかを削除するのは実は簡単ではありません。前回、プラグインでそれを試したところ、アイキャッチが全滅したことがありましたから。

さて、このエントリが見えている、ということは新サーバのほうが見えている、ということになります。私は今、hostsを新サーバに書き換えた状態で行っているので見えていますが、果たしてみなさまのお目に届くのはいつのことになるでしょうか…?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる