休暇を満喫している…かな

11月までの案件が終了し、今週月・火は次の案件のための活動。いずれも新宿を経由したので、中古カメラ店、量販店巡りをしました。

中古店ですごく気になっていたのがこれ。

SONY デジタル一眼カメラ α77 ボディ SLT-A77V

SONY デジタル一眼カメラ α77 ボディ SLT-A77V

SONY 縦位置グリップ VG-C77AM

SONY 縦位置グリップ VG-C77AM

α57より一回り大きいα77は、見た目もなかなか格好良く、前者をexfit TV撮影用に預けるとしても、クリスマス、年末年始と家族行事を撮影するのには困らなそうだな、と思います。ただ、高感度ではα57のほうがずっといいと聞きますので、逆にα77を預けたほうがいいのかもしれないけど…というような妄想をしていました。

この中古ショップは以前、SONY NEX-VG20/Bのボディと中古の18-55レンズを買ったショップで安心感がありますし、本体価格61,800-64,800円、グリップが15,000円というのも魅力的でした。

ただ、時間もあったので、量販店へ。ここでこの機種を見ていると、α77本体価格より少し安価でDT 55-300mm F4.5-5.6 SAM SAL55300が手に入る、という情報が。これも実売価格20,000円程度に落ち着いていますが、まあ、付属してくるものは拒まず、という感じですよね。おそらく中古で本体を買って、このレンズ…という買い方をすると、同じ程度の価格になると思います。であれば新品のほうがいい。でもこのレンズが必要なわけではありません。

動画機としてはおそらく他のメーカーより優秀でしょうし、この機種も悪くないなあ、と思っていて最後に確認すると、この機種にはヘッドホン端子がないことが判明。実はα57にもなくて、一度外付けマイクで撮影したらマイクの電池が途中で切れたのに気づかなかったという事故があったのです。どうせ導入するなら今度はヘッドホン端子付きが欲しいところ。

やっぱりSONYさんが4Kに対応するのを待ちますか。Nikon 1 V1のバースト撮影を使えば、1秒間の4K動画が撮影できるみたいですけど。

さて、その後、ウィンドウショッピングを終えて自宅に帰ってきたのですが、なんか忘れている気がします。ミートソースパスタを300g平らげてゆっくりしているときに思い出したのが…。Cannondale Prophet号を新宿駅に置きっ放しだった!

Cannondale Prophet 2000

Cannondale Prophet 2000

無駄に交通費を使って帰ってきたことを反省しながら、新宿までランニングをし、乗って帰ってくることにしました。

私が完全にランニングから自転車に換えてから、かなりの年月が経つのですが、数日終電が無くなってからの帰宅で走って帰ったりと、恵比寿から外苑前までウォーキングで移動したりと、「自分の足」での移動の機会も増えています。

最近のランニングでは、exfit TVで公開されているこの動画を参考に、膝、股関節、腰への負担を軽減する走り方を求めています。

ベアフット・ランです。体重があるので、確かにアキレス腱やヒラメ筋への負担は増える感じがするものの、膝や股関節、腰への衝撃は最小限に抑制できる感じがします。

そういえば、自分は高校時代は空手部だったので、3年間リアルにベアフット・ランだったのですよ。体重が今より20kgも軽かったし、若いこともあったと思いますが、これが原因で故障を招くことはありませんでした。このランのおかげで、5kmくらいまでの距離のランニングでは、構内でも上位でした。学校行事ではシューズが必須ですが、販売開始して間もないマラソン・ソーティという軽くて薄いシューズを履いていましたね。

思えば父は、地方の駅伝にも10年連続で出場するような長距離選手でしたが、ほとんどソールがあるかないかのような薄いシューズで走っていました。確か、1970年代とかは、硬いゴムのソールだったような気がします。それで故障一つなかったですね。今の私と同じくらいの体重があったのに。むしろ、年を取って底の厚いジョギングシューズを履くようになったあと、初めて腰や膝を痛めた、ということがあったようです。年齢による経年変化もあったとは思いますが、人間のカラダがよく出来ていることを考えれば、むしろ裸足に近いフォームを取れるランのほうが良かったりするのかなあ、と思い始めています。

ただ、私の高校3年間の間には、小さなガラスの破片を踏んで、それが深く食い込んでしまったり、熱されたアスファルトで足の裏の皮がべろっと剥げてしまったり、ということもありました。一般的なフィットネスの観点からは、足の裏を保護できることは重要である気がします。

このフォームで新宿まで走り、Prophet号で戻るという行程でしたが、やはり自転車は速くてラクだというのを実感するばかり。ランではものすごく厚くて、ウィンドブレーカーを着たのを後悔したくらいなのに、バイクに乗り換えたらウィンドブレーカーで正解でしたよ。やはり、普段の生活の中で運動強度を上げようと思ったら、ランはなかなか良さそうです。しばらくランを採用して、体重を落とそうかな。

とは思いましたが、毎日はまだ足首周辺への負荷が大きいと思われ、今日はバイクのみにしました。

2連続段差の公園

2連続段差の公園

Prophet 2000でもやはり着地時の衝撃はかなりあります。慣れてきて少しずつスピードが上がってきているので、着地先も段々遠く鳴ってきているのですよね。そのせいもあるかもしれません。

ところでこの公園、よく知らなかったのですが、夕日ヶ丘公園という名前がついているみたいです。確かに夕日がキレイでした。

夕日ヶ丘公園

夕日ヶ丘公園

日が暮れるのも早くなっています。

日が暮れるのも早い

日が暮れるのも早い

まあ、12月ですから、日が短いのも当たり前ですが、年が明けて、日が延びていくのを楽しみにしようかと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる