メンテナンス

昨日はかのリー先生が亡くなって39年目の命日でしたが、exfit TV関係の撮影で午前中から外出していました。昼にさしかかる頃には雨が降り始め、帰り道は雨に濡れながらの移動となりました。

途中、自転車の中古ショップに寄って、Lapierreのハードテールバイク数台が未走行のまま安く売られているのを発見。パーツ構成もさほど悪くはないので、非常に心を動かされましたよ。Cannondaleの中古バイクもたくさんあって、2006年モデルのJudge(FRのほう)やScalpel、旧JekyllやFもありました。

でも、昨日のパートナーはCannondale Rize 140号で、今のところ自分の中でこいつを超えるバイクは想像できないのが現状。平地での走行感はProphetに近く、悪路ではSpicy号に近い感触を持つバイクで、この1台だけで2台分の役割をしそうだなあと思っている今日この頃です。ただ、トップチューブとダウンチューブがカーボン製だし、中古で結構傷も多いため、どれくらいの耐久性があるのかというところだけかな。

Cannondale Rize One Forty

Cannondale Rize One Forty

というわけで、昨日は相当雨に濡れてしまっているし、今日は天候も回復しないのでRize号の整備をすることに。

theのキャップが外れかけ

theのキャップが外れかけ

先週末の転倒でtheのキャップが外れかけていたので修正。転倒でぶつけた右肘は、らくだのこぶみたいになってはいるものの、触らなければ痛みを感じないレベルになっています。各所ご心配をおかけし申し訳なく存じます。

Cannondale Lefty Max 140 XLR

Cannondale Lefty Max 140 XLR

久しぶりにLefty Maxのニードルベアリングをリセットしました。旧Leftyはコイルだったので、毎回中のメカが「ぴょん」と飛び出してきていたのですが、このLeftyはエアなので事前に全部エアを抜いて作業することになります。ですので、後でエアを再充填する必要があるのが面倒ですね。69cmほどに縮んでいたのを72cmまで伸ばします。トップキャップの再装着時には2cmほど持ち上げて固定するので、70cm程度になりますが、実質1cmほどフォークが縮んでいたことになるのかと思いますね。内部的には3cm伸びているので動きは相当変わります。2010のDHマラソンのときに1日2回のリセットが必要で、短い大会期間中に何度もリセットを繰り返したのですが、以来この作業はそんなに苦でもなくなりました。

…とか何とか言っているうちに雨が上がったみたいに見えます。出かけるか休むか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる