Windows98

ここのところ、ICOの追加・更新作業が遅れていましたが、実はその陰に「Windows98のインストールと環境設定作業」というイベントがあったのでした。

時は去る7月31日、私はWindows95以上の出足だというWindows98と、Plus98を新宿の某パソコンショップにて購入することにしました。

それまでの間、私は主にWindowsNT4.0 Workstationを使用していたのですが、ビデオキャプチャデバイスやスキャナを利用する際にわざわざWindows95を立ち上げなければならず、少なからず煩わしさを感じるようになっていました。なにしろ、WindowsNT Workstationを立ち上げるのには数分かかるのですから。

また、なぜかここのところ私の環境では、WindowsNTが突然ブルースクリーンを頻発するようになっていて、非常に不安定でもありました。

こういったWindowsNTを利用する場合の不都合が、私にWindows98に目を向けさせるきっかけになりました。なにより、私は大の新しい物好き。おそらく早い時期に出るであろうサービスパックの出現も待たずに、Win98に手を出すことになってしまったのです(本当は、Windows NT 5.0まで待ちたかったのですが、我慢できなかった)。

私はいつものように、メインのハードディスクをフォーマットしたあと(今回は初のFAT32)、Windows98をインストールすることにしました。インストール自体はスムースにいき、しばらくの間は快調でした。

しかし、いくつかドライバをインストールしたり、ソフトをインストールしたあと、問題が発生しました。なんと、エクスプローラやIEを使用するとき、不定期に、しかもかなり頻繁に「フリーズ」が発生するようになってしまったのです。ひどいときは「立ち上げたとたん」に、よくても「数十分後」にはこの障害がみられるようになってしまって…。

この場合、ハードウェアリセットをかけないと、再起動はできないのですが、そのたびにチェックディスクがかかります。そして、そのたびに「こんなことにならないために、ちゃんと Windowsの終了を実行しなさい」というようなメッセージが…(英語)。かなり腹が立ちました。

いろいろなハードウエアを取り外したり、追加したり、さまざまな実験を行いました。それでも原因が分からず、そして最後に思い立ったのが、OAK- V5という日本語入力ソフト。富士通さんのサイトでWindows98対応モジュールが出ていたので、それをインストールしておいたのですが、今までのいきさつから考えて、これが怪しいということになったのです。また、マイクロソフトさんのアップグレードに関する資料に、OAKについて(Ver.4.10 についてでしたが)「さまざまな問題が報告されている」という但し書きがあったのを思い出しました。

そこで、泣く泣くOAKをコントロールパネルから削除し、ATOK11に変更することにしました。するとどうでしょう。それから1回もフリーズすることなく、現在まで安定した状態が続いているのです。あとでしっぺ返しがくるのではないかと思うくらい平穏で、怖いです。

OAKの不安定ぶりは以前から知っていましたが、こんなに極端な障害となって現れると、正直あきらめムードです。あのソフトは最初から設計し直さないと根本的な改善はできないかもしれませんね。入力の効率は非常に高いと思うのですが、平均数分に1回のフリーズでは使いようがないと思います。

もしかしたら、WindowsNTでのブルースクリーンも、OAKが原因だったのかも。実は、NTを使っているとき、OAK-V5を使用していると一定の時間のあとに必ず「仮想メモリが足りません」というメッセージが表示されていたのです。ちなみに、ATOKで使用しているときには、そのような問題はいっさい起こりませんでした。

いずれにせよ、Windows98は安定していて、ICOのために使用しているFrontPage98の起動も、WindowsNT使用時よりはるかに速くなっています(なぜか「発行コマンド」は使えなくなってしまいましたが)。親指シフトキーボードも一応、問題なく動いていますよ。

ICOを支える親指シフト

1994年、初めてのパソコン、FMV-590Tspを購入したとき、「親指シフト」キーボードが「オプション扱い」になって、しかも有料となっているのを知り、その将来に暗鬱な気持ちになりました。

1997/04/30に、このコーナーに親指シフトキーボードのことを書きましたが、これは1ユーザーとしてとても歯がゆく、悔しい気持ちをつづったものでした。

ところがです。今、富士通のFM WORLDにアクセスしてみると、FMV-DCというわけの分からない、でも親指シフトキーボードを標準で選べる唯一のラインナップが消えているではありませんか!? 「ついにくる日が来た。親指シフトキーボードの最後か……」と思いつつ、よく見ると新たに「FMV-BIBLO ビジネスモデル」という新しいラインナップが加わっているのを発見しました。これはなんだろうと半ばやけになって見ていると、なんと、「親指シフトキーボードがどの機種においてもカスタムメイドで選択できるようになっているではありませんか!!」

それだけではなく、若干価格は高めでも、通販メーカのようにかなりの「カスタムメイド」が可能になっているのです!! しかもポインティングデバイスの有無なども指定できるようで、かなり柔軟です。

これまで、親指シフトユーザは、型遅れの製品を非常に高価な料金で購入することを強いられてきました。しかも、そのキーボードを採用しているラインナップは非常に限定されていたのです。しかし、これで最新の性能のBIBLOを、XGA表示で利用することも可能になったといえます。

興奮した私は、デスクトップ/ミドルタワーのほうも調べてみましたが、こちらもキーボードを選択できるようです(キーボードなしも可)。

親指シフトユーザは、OASYSというソフトを選択しなければなりませんが、キーボードドライバの問題もありますし、そのワープロにかなり特化したキーボードでもありますので、致し方はないかな、と思います。Windows NT4.0 Workstationを選択できるのもいいですね。

次にPCを購入するときはメーカーものにしようかな、と考えていたところでした。自作はあれこれと故障が多いですし、原因追求にも時間を費やすことがあるからです。そこで、デルコンピュータやGATEWAYがいいのではないかと思っていましたが、俄然ノートのBIBLOがほしくなりましたね。少し高いけど。キーボードをカスタムメイドすることで、どの程度のコストがかかるかもう少し知りたいところです。

最後に、親指シフトキーボードは非常に生産性が高く、またそのキーボードに対応したOAK-V5も非常に効率の良いIMEです(多少は不具合が)。今後もICOの作成に大いに役立ってくれるものと期待しています。

ICOの制作環境

1. メイン マシン(自作)
* MPU … AMD K6-233
* Mother Boad … SP97-XV(ASUSTek)
* RAM … EDO(60ns)128MB
* HDD … E-IDE 2.1GB(Western Digital)×1、SCSI 2.1GB(Quantam)
* TA … MN128 V21(64kbpsで利用。NTT-TE東京)
* Scanner … NSF1230P(NEOS)
* Video … MGA Millennium 4MB WRAM (Matrox)
* Video Capture … GAVA(インターウェア)
* デジタルカメラ … コダック DC20
* キーボード … KB-211(富士通・親指シフトキーボード)
* 使用OS … ほとんどWindows NT Workstation 4.0を使用していますが、Scanner, Video Capture利用のためにWindows 95も併用しています。
* Application … Microsoft FrontPage98、Microsoft Internet Explorer V4.01, Netscape Navigator V4.04。
* その他 … 以前のPentium Pro 200MHz+ P6ANの環境に比べるととても安定しています。P6ANというマザーボードは、RAMとの相性、スロットの場所の選択において、さまざまな制限がありました。ハードウエア的にはずいぶん安定したとはいえ、ソフトウエアの相性も私を悩ませます。私が日本語入力に使っているIMEである”OAK V5″は特にトラブルが多いのです。OAKはOASYS for Windows Ver.2.3を購入して以来ずっと使っていますが、3.0、4.0、4.1、5.0と、なんらかのトラブルを抱えていました。特にNT 4.0でInternetを使用するときは、信じられないようなトラブルが続出しました。私個人としてはOAKの入力効率はナンバーワンだと思いますが (ATOKやIME97などは、私の環境では半角数字や英語の確定がとても面倒です)、環境を選ぶIMEですね。
2. サブ マシン(Fujitsu OASYS-V5100NU/W)
* MPU … Pentium 100MHz
* RAM … EDO(70ns)48MB
* HDD … 810MB
* Modem … PV-JF3360(33.6kbps, AIWA)
* Video … Chips and Technologies
* デジタルカメラ … 同上
* ソフトウエア … 同上。Windows98プレビュー プログラムを申し込みましたので、こちらで使用してみたいと考えています。しかし、このスペックでは試用も難しいことが予想されるため、場合によっては上記のP6AN+P-Proを復活させるか、別の古いマザーボードを使ってもう1台組み立ててみるかもしれません。

ICOを支える親指シフト

ICOの更新は比較的頻繁に行われます。ある程度本格的なフィットネス クラブやスポーツ クラブなみにコンテンツが出揃うまでは急ピッチの更新が続くと思います。

実はこの急速な更新を支えているのが富士通製の「親指シフト キーボード」なのです。これは日本語入力においては最も効率の高いキーボードだと私は考えます。私はローマ字もJIS仮名入力も使い分けますが、短期間で大量の文書を入力するという意味ではコレが最高なんです。

しかし…。悲しいことに、パソコンの世界での親指シフトキーボードは風前の灯火。FMVシリーズで事実上「切り捨てられた」といってもいいでしょう。私は1994年にFMVの初期の型を購入したことがありますが、親指キーボードは別売りで3万円もしました。

FMVシリーズでの親指シフト キーボードの扱いについて、ある雑誌で富士通の幹部の方がインタビュアーの質問に対し「FMVとワープロではターゲットが違う」という、わけの分からない説明をしていたのを読んだことがあります。まあ、「OASYSで育った人はこれからもOASYSを使え。」ということなのでしょうが、このときとても残念な気持ちになりました。ワープロ専用機とパソコンを使い分ける人は、親指シフトもローマ字も覚えろ、ということなのでしょうね。自分のところで散々宣伝をしておきながら、傲慢もいいところでは?

最近はOASYSがインストールされたのFMV-DCシリーズが出ましたが、割高でプレインストール ソフトも通常のラインナップにはかないません。さらに、ノートで親指を使いたいと思ったら、DCのうち一部のモデルに限られるのです。

もし、ここで使い込んだキーボードが破損したらまた超割高の親指シフト キーボードを購入しなければなりません(現在の価格は1万5千円だとか)。

ICOの名前の由来

1.中原愛子の読みから

前述したとおり、ICOには「愛子」の意味があります。もともと私はこの「愛子」という名前がとても好きでしたので、自分が行うオリジナルサービスにこの名前を付けたいと常々考えていました。
2.女性を思わせる名前は有利!?

ICOを開設する前、女性のWebページは男性のそれに対し数倍のアドバンテージがあるという話を聞きました。ICOという女性を思わせる名前はとても有利であると考えられました。

3.よく効いたサプルメント

私はトレーニングに当たってさまざまなサプルメントを試しましたが、一つだけやけに効くサプルメントがありました。それは”ICO Pro Professional Bodybuilding Kit”というシステマティックなものだったのですが、「これは強烈なサプルメントなので慣らし期間が必要」と、それ専用のタブレットが付いている気の効きようでした。確かに強烈であったことは間違いなく、私はその慣らし用タブを飲んだだけで鼻血を出したのでした。今はもう存在しないと思います。

アイコがAIKOではなくICOなのは、このサプルメントのインパクト故といえるでしょう。