エア漏れは解決か

Cannondale Prophet号

Cannondale Prophet号

再リペアしたCannondale Rize号の後輪を触ってみましたが、今日は空気が十分に残っていました。

ということは、今回のリペアは成功したと考えていいのかもしれません。もともとリアホイール側は自然なエア漏れでのエア圧低下は早かったのですが、たぶんそんなレベルに戻っているのではないかと思います。

Rize号の次期タイヤとしてKENDA NEVEGAL USTを注文済みなので、もうちょっと様子を見たあと、このタイヤに交換したいと思います。

さて、今日はRize号ではなく、Prophet号で出かけました。昨日は周回をわざとゆっくり、16周程度走ったのですが、今日はProphet号でもう少し早めのスピードで20周回りました。本当はもっと広いコースを見つけて5周くらいのほうが飽きないと思うのですが、都心の公園で広く周回をとろうとするとどうしても間に一般道路をはさんでしまいます。このようなわけで、一番広い公園の中で周回しているのです。

Prophetのリアサスは段差や障害物の入力に対して、反応がちょっと遅れるような感触があります。その結果、当たった瞬間にコツンと感じるのかもしれません。Rizeなどは素直に反応しますが、Prophetもペダリング制御機構のSPVを最も弱くする(切る?)にすればかなり感触が近づきますけど、まあ、それぞれに特色があって楽しいですね。

思いきり裂けています

思いきり裂けています

周回の途中で舗装した部分を走るパートがあるのですが、何週目からだったか、その区域が立ち入り禁止になっていました。なにが起こったのかと思ってみてみると、なんと太い木の枝が幹のところから避けているではないですか。

台風の影響がこんなところにも出ていたのでしょうかね。折れた部分から先はかなり長いので、落ちてきたらかなり危ないとは思います。

最近、この公園内はいろんな場所で木が伐採されていますけど、この木ももしかしたら切り倒されてしまうのでしょうか? それとも裂けた部分から先を取り除くだけで済むのでしょうか?

それにしても、この木の形もなんか無謀ですね。折れても仕方がないような成長のしかたです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる