すごい偶然!

友人Hさんと、Hさんが最近知り合ったKさんという方と一緒に、高峰山に行ってきた。わがCannondale Prophet 1000の下りデビューだ。

私が、車からProphetを下ろすと、
「それ、いつ買ったんですか?」
と、別のグループの女性から声をかけられた。その人も、Cannondale Prophet 1000を持ち込んでいたが、私より少し前にBiKitさんで購入したらしい。ということは…。
私が7/8に管理者日記に書いた、7/1にBiKit店頭で見たProphet 1000実車の持ち主の方ということだ。実際、私が見たバイクと同じようにカスタマイズされていたので、間違いないと思う。お互い、Prophet 1000での下りデビューということらしい。
もし、彼女が予約したProphet 1000の実車がなかったら、私はまだ購入に踏み切れなかったかもしれない。まさかその実車のオーナーさんにこんなに早く、全然違う場所で出会うとは。全く、不思議な縁であり、偶然である。

さて、そのProphet 1000であるが、今まで平地やちょっとした山を走るとき、現在所持するJekyll 500と比較してそんなに優位性を感じていなかった。ところが、今回高峰山のコースを下ったり、未知のトレイルを走ってみたりしてはっきりとそのすごさを体感した。乗っていて恐怖をほとんど感じないのだ。結果としていつものようにHさんに置いて行かれることもなく、ずっとついていくことができたのだ。そんなに腕が上がったわけではないので、私にとっては「バイク様々」といったところだろうか?
MTB歴の長いKさんによれば、バイク本体の性能に加え、今回初めてDHタイヤを使ったのが大きいのではないか、とのことだった。それは確かに私も実感できた。ちょっとしめった粘土のような土のコーナーでも滑ることなく、非常に安心できたのだ。ストロークが前後140mmと増えていることもあるが、乗っていてリラックスできたのはDHタイヤの性能によるところが大きいと思う。
それに加えて、バイクのジオメトリ、ステムの短さ、わずかにライズしたハンドル、ハンドルの幅、そしてサドルを最大限に低くでき、低重心を維持しやすい、という要素がかみ合って、Jekyllのときよりずっと安定した下りを楽しめたのだろう。
またKさんは、現在所持するJekyllなりの楽しみ方を提案してくれた。登りも下りもあるようなちょっとした里山ではJekyllも十分に楽しめるはずであること、そのために選ぶべきタイヤやステムの設定などである。非常に参考になった。

また、今回初めて走るKさんが、MTB歴が長い分ものすごく上手であり、その後ろを走る機会が多く、観察できたことも私が今回うまく下れた一つの要素かもしれない。くねくねとしたシングルトラックの抜け方とか、急坂での姿勢の維持など、私から見たらすごいレベルの人だったのだ。

スリルが単なる恐怖ではなく、本当に楽しく感じられたのは本日が初めてかもしれない。素人同然の私がそれなりに下りられるProphet 1000のポテンシャルには非常に満足した。

が、私のProphetに試乗したKさん、Hさんが後輪ブレーキをかけて驚いていた。
「なんだ? こんな音。聞いたことない。本当に故障じゃないの?」

そう。後輪ブレーキは相変わらずうるさいままで、音が解決しないのである。相性があるのか? それとも別の問題があるのか。これがなければ、もっと大満足だったんだけど。

来週は無理かもしれないが、時期を見てBiKitさんに持ち込もうと思う。

ブレーキ異音

昨日、都内の里山を走ってから、後ろブレーキの調子がおかしい。ガリガリガリというスゴイ音がして、その振動は車体にも伝わってくる。
BiKitさんにも持ち込んでみたが、どうもディスクの穴とブレーキバッドが当たるときの音らしい。少しパッドを削ってもらって少し改善されたが、まだバリバリと音がする。
JekyllにつけていたHayesのディスクブレーキではこんなことはなかったが、Prophet 1000に付いてくるMagura Louiseは、ディスクとキャリパーのセンターを出すのにスペーサを使わざるを得ないなど、セッティングが大変なようである。
いずれにせよ、しばらく様子を見るしかなさそう。

慣らし運転

他サイトの原稿も残すはあとわずかとなり、まもなく完了する。
そこで3連休の最終日、東京都にある里山に出かけ、Cannondale Prophet 1000 の慣らし運転を行ってみることにした。駅で友人と待ち合わせ、山に入った。
何度か来ているが、夏は草が生い茂り、雰囲気が異なる。まず、以前Jekyll 500で簡単に登れた坂が簡単に登れなくなっているのに気づく。Prophetのジオメトリのせいか、暑さによる体力の消耗のせいか。後輪が若干スリッピーに感じたところで、タイヤの空気をショップで入れてもらったままで、空気圧が4気圧程度になっていたことに気づいた。友人からもその空気圧は高すぎると指摘され、少し落として乗ってみたら、若干ながらバイクをコントロールしやすくなった。ペダリングではあまり動かないリアサスペンションも、必要に応じてよく動いてくれ、快適である。
Jekyllと比べて優位性を感じたのはやはり下りの、石が多い場所だった。苗場のレースでは細いタイヤで石だらけのセクションにかなり苦戦したのだが、本日利用した里山にも少し長めの、石だらけの下りがある。以前Jekyllでここを走ったときはかなりゆっくりと下りたものだが、非常に見通しのよい場所だし、本日はそこをブレーキをほとんどかけずに下りてみた。すると、バイクが非常に安定している上、恐がりの私もあまり恐怖感を感じなかった。本日はバインディングペダルを使って、ペダルにシューズを固定していたのだが、下りのときも足がずれず、安定していていい感じだ。
さすがに、ダウンヒルコースではバインディングペダルを使う自信はないが、苦戦した苗場のあのコースをいつか余裕を持って下れるようになりたいものだ。

ところで、山を走っている途中から、後ろブレーキが「カラカラカラ」とかなり大きな異音を立てるようになった。最初は枝かなにかをかんで、それがスポークに当たっている音ではないかと思ったが、そうではなく、ブレーキを強めにかけたときだけ音がする。のぞき込んでみても、なにか異常があるようには見えない。
自宅に帰って、パッドを綿棒でそうじしてみたが、なにか大きな障害物を挟み込んでいるような気配はない。この清掃で、音が収まっているといいのだが…。

ポジション変更

昨日、BiKitさんにフロントタイヤを調整してもらってから、本日まで空気の漏れは感じられなかった。これでとりあえず安心である。

ところで、Cannondale Prophetシリーズは、私が昨年購入したJekyll同様、バイクのジオメトリを変更することができる。Jekyllが無段階に変更可能だったのに対して、ProphetはXC, FRと2段階の変更しかできないが、操作はより簡単になっている。
Prophetのほうはまだジオメトリの変更をためしていないので、この3連休のうちに体験しておきたいと思っていた。Jekyllの場合、ジオメトリの変更で大きく乗り味が変わっていたのだが、Prophetのほうはどうだろうか?
ProphetにはSPV(マニトウ社)という技術が搭載されており、体重、ジオメトリによってリア・サスペンションの目安が変わる。これを行わないと、SPVの良さを最大限に生かせないのだ。私も、先月から減量して3.5-4kgほど減量しているので、まず現在の体重に合わせたリバウンド調整(サスペンションの戻りスピード調整)をフロント、リアサスペンションに行う。次に、ジオメトリの変更を行ったが、Jekyllに比べて圧倒的にラクであった。これなら、出先でも簡単に変えられる。
そして、難関のSPV設定。リアサスペンションのメイン側、SPV側のエア圧を変更する。これはバイク購入と同時にBiKitさんから購入していたので、すぐに行えた。きちんと手順に従って行えば、それほど難しくないようだが、上位機種だともっと複雑になるらしい。
最後にフロント側のサスペンション(Cannondale Lefty)のSPV調整を行い、完了。

この状態で、近くの公園に走りに行くことにした。昼は暑いし、子供の自転車の練習もさせたりしていたので、夕方になってしまったが、舗装道路を乗る限りでは、極端なポジションの差は感じなかった。JekyllだとXCポジションのほうがペダリングしやすく好みだが、Prophetの場合は、このFRポジションのほうが安定しているように感じる。また、JekyllのFRポジションと比べ、ペダリングも十分に行えた。これはサスペンション調整を正確に行ったおかげかもしれない。かなりでこぼこの路面に乗ってみてもスムースに進む。バイクがいいと、私のようにまだ未熟なライダーでもバイク性能にかなりの部分をカバーしてもらえる。ちょっと高い買い物ではあったが、満足度は高い。
あとは、下りだ。こればかりは、山にいかなければ体験できないな。来週末に行こうと思っているので、それまでイメージトレーニングか。

バイクの整理

現在、我が家のバイク(自転車)は、その数が増えすぎて非常にまずい状態だ。

まず、私のバイクがロードバイク2台、マウンテンバイク2 台、ホームセンタースポーツバイク(外見的にMTBに似たもの)1台の、計5台。妻が1台。長男が3台、次男が三輪車を含め2台。なんと世帯に11台である。そのうち、3台は無理矢理室内保管しているものの、残りの8台はマンションの駐輪場保管だ。マンション住人で共同利用しなければならないため、さすがに世帯人数を超える(倍!)この数を駐輪場に置くのは、ちょっと気が引ける。
そこで、バイクを整理することになった。次男のぼろぼろの三輪車、長男の歴代に使ってきた2台(下の子に使わせるつもりだったが、年が離れているため、経年変化の痛みが想像以上だった)、使用していないロードバイクを一台、粗大ゴミに出すことになった。ロードは思い入れがあるので残念だが、形式が古すぎて適合パーツが見つかりにくいのだ。これで、4台少なくなり、駐輪場には4台が残ることになる。

さらに、これから乗る機会もほとんどないであろうホームセンタースポーツバイクのJeep Toledo 2003も友人に譲ることにした。これでも数千キロ走っているので、結構思い入れがある。でも、使ってもらえる人に使ってもらうほうが、自転車も幸せだろう。これで、駐輪場に3台。
そこで、Prophetを入手してからしばらくの間無理矢理室内保管していたCannondale Jekyll 500を、Jeepがあった場所に移した。Jekyllはだいぶ乗り込んだせいか、まだProphetよりずっと乗り心地がよいように感じるので、もう少し手元に残しておきたい気もしてきた。それでも、室外保管にすると、とたんにバイクの傷みは激しくなってしまう。残念だが、乗ってくれる人に譲るべきなのだろうか。

これで室内2台、駐輪場4台の計6台に収まったが、近いうちに妻がMTBを新調する予定なので、駐輪場にはもう1台増えることになるのか…。

さて、昨日夕方に、Bikitさんで調整してもらったCannondale Prophet 1000で前回走った公園の中を走ってみる。Jekyll 500のMサイズに対してProphet 1000はSサイズということで、実際かなり小さく感じる。上半身もかなり起きていて、大腿部、特に前面への負担が大きい。そのためか、こぎも重く感じてしまう。
ただ、大腿部の疲れやこぎの重さは、サドルの高さを上限いっぱいまで上げることでかなり解消された。普段乗るときは、サドルを思い切り高くしたほうがいいようだ。
その状態で、未舗装の道やでこぼこ芝生の上をバリバリ走ってみた。これがすごくいい感じだ。急な坂道を登ってみたが、こちらも問題なし。Jekyllよりアップライトな感じなので、ちょっと苦戦すると思ったが、現在XCポジションに設定しているためか、前輪が浮かぶこともなくかなり安定している。リアサスも、こなれてきたのか空気が抜けたのか、少し動くようになっていて快適性も増した。ポジション的には、ホームセンタースポーツバイクのJeep Toledoに似た感じなので、乗っているうちにかなり慣れてきて違和感がなくなった。片持ちフォークのLeftyもいつの間にか気にならなくなっている。

このバイクはかなりイイ。早く山デビューさせたいものだ。

顧客満足度高し!

先週入手した私のCannondale Prophet 1000は、その後何回空気を入れても数時間で抜けてしまうので、本日昼過ぎに購入店のBiKitさんに持ち込んだ。

「BiKit」
http://www.bikit.net/

この件については2日前に電話で話をしておいたのだが、ちょうど電話に出てくれた店員さんがいて、様子を見てくれた。

「これは、パンクではなく、別の原因による空気抜けの可能性が高いですね」

という。最初、バルブが若干ゆるんでいるように感じられたとのことで、そこから抜けた可能性を指摘された。しかし、私が空気を入れるときに一度締めたつもりだったのだが。
場合によっては、タイヤにごく微小な穴が空いている可能性もあるということで、タイヤ交換が確実だとのこと。しかし、現在使用しているタイヤと同じ型のタイヤの在庫はない。
ただ、ここで気づいたのは、今回移動するのに4気圧ほど入れて来たのだが、2時間以上経過してもほとんど空気が抜けた気配がない、ということだ。私が空気を入れて数時間で抜けたときには、2.5気圧しか入れていなかった。

「もしかして、前回、前々回と空気が抜けたのは、なじみのないタイヤに対して低圧すぎる空気だったので、ビードがずれたままになっていたとかあるかもしれませんね」
と店員さんはいう。

「なるほど。では、1回目の抜けはどうなんでしょう。4気圧ほど入っていたようなのですが」
と私が聞くと、
「いくつかの可能性がありますが、慣れないタイヤを履いて走ったことで、一瞬ビードがずれたとか、そのときに若干バルブがゆるんでいた、という可能性はありますね。」

確かに、空気が抜けたあと、バルブは若干ながらゆるんでいた。

それでは様子を見よう、という話になったところで、私に販売してくれた店員さんが(店長さんかな?)、他の人の接客を終えて来てくれた。

「どうです。タイヤの取り外し、セッティング、やってみませんか?」
とのこと。すばらしい。私から頼もうかどうか迷っていたところだ。

すると、この店員さんは実に丁寧勝つ詳細に、一つ一つの手順を分解しながら「コツ」を伝授してくれた。それがまた何気なくてスムースなのだが、一般の人がやると、頭で分かっていてもこうはいかないらしい。
タイヤの取り外しに当たっては、私にも体験させてくれて、完全にはできなかったものの、雰囲気は確実につかむことができた。一つ一つの手順を体験したり、現実に目で見たことによって、自分にもできそうな気がしてきた。通常、ここまでやらせると工賃がかかるのだが、無料である。部品交換がない限り、1年間は無料でやってくれるそうだ。
今まで何台かスポーツ車を買ったが、ここまでショップを活用した(できた)ことはなかった。また、紛れもなく私にとって最も満足度が高かったショップがここだ。

今回、私、長男、次男と自転車を新調したのだが、すべてのショップが実はバラバラ。あと新調していないのは妻だけだが、彼女も遠くのスポーツクラブに通うために1台ほしいという。Cannondaleはあまり低価格なバイクはないけど、私にとっては満足度の高いバイクであるので、ぜひ妻にも勧めたいと思っている。ただ、現在モデルチェンジの時期で、Pサイズ、もしくは女性用のFeminineというシリーズは2006年モデルを待たなければならない様子。彼女もかなりアップライトポジションをとれるProphetには興味があるそうで、なんだか同じ車種ということになりそうな予感…。ただ、予算的に下位グレードということになると思うが。
とにかく、Cannondaleで決定したら、私はBiKitさんを再び利用したいと思っている。

あれれ?

朝、壁掛けのスタンドから先日入手したCannondale Prophet 1000を下ろしてみると、
「パスッ」
と、なんだか情けない音がする。
よく見ると、前輪のタイヤの空気が抜けているではないか!
昨日、子供と公園で走ったときは大丈夫で、無事に帰宅しているのだが、夜間にゆっくりと空気が抜けたらしい。今回、初めてのチューブレスタイヤなのだが、もうパンク?

帰宅後、空気を入れてみて、数時間観察しているが、現在のところ抜けている気配がない。
現在、スタンドにロードバイクとProphetの2台を吊っているのだが、下段のProphetはもしかしたら壁にタイヤをこじるような形で押しつけられる形になっていたかもしれない。これが抜けた原因なのだろうか? だとしたら、立てかけにも気を遣わなければならないかもしれない。
まだ、100%原因が分かったわけではないので、時間があるときに空気がほとんど抜けてしまった原因を調べてみようと思う。

未だ癒えず

怪我をしてから本日で3回目の通院。
私が通うこのクリニックは、もともとスポーツ医として有名な先生が開設したもので、私自身がかかったことはなかったが、お客様を紹介することは多かった。
私が初めてかかったのは昨年、MTBの事故で怪我をしてからのことだ。その当時から別の先生が代理で診察するようになっていて、今では院長先生も屋号も変更になっている。医院を開設された先生が現在どうされているかは気になるところだが、現在の院長先生も診察が細かく、治療も丁寧で、私にとっては非常に頼りになる存在である。
本日の診察の結果では、残念ながら右腕の傷はまだ乾いておらず、ガーゼをはがすのに一苦労、といった状態だ。薬液も非常にしみる。MTBで山を走れるのはもう少し先になりそうだ。

それでも、Cannondale Prophet 1000を入手したばかりの私にとっては、山でなくてもとりあえず乗りたくて乗りたくてたまらない。しかし、今日は朝から予定があり、やっと乗れると思ったら雨である。
明日はとりあえず曇り時々雨、ということらしいが、長男のサッカーの試合があるので乗れるかどうか分からない。

怪我さえなければ、本日は世田谷のショップイベントで高峰山のトレイルを走っていたはずだった。早いとこ、傷を回復させないと。
併せて、現在減量中だ。先月の下旬から初めて、現在3kgほど落としたところだが、8月にもDH系のイベントに出場する予定なので、ベストコンディションを作っておきたいと思っている。

預言者が来た

先週苗場で転けてまもなく1週間が経過しようとしている。
困ったことに右腕の傷口はまだふさがらず、明日も通院することになっている。左手首は昨日が痛みのピークで、今日は若干ながら痛みが少なくなっているように感じられる。

何度かこのコーナーでも書いたのだが、私には気になっているバイクが1台あった。現在所持しているCannondale Jekyllの後継と言われる、Prophet(預言者)である。
5 月に高峰山に行ったとき、友人がDHバイクを新調したのだが、そのときそのバイクをみて「カッコイイなあ」と思った。技術のない私は、もっと下りを楽しめるようなバイクは欲しいけど、設置スペースの関係上、DH専用のバイクをJekyllのほかにもう一台置くことはできない。もし買うとしたら、 Jekyllをリプレイスできて、しかももう少し下りを強調したバイク、ということになるだろう。
そんなわけで前々から(本当は現在のJekyllを購入した直後から)Prophetという車種にかなり興味を持っていた。
そこで、苗場に行く前日に、Cannondale専門店である曙橋のBikitさんに行って、Prophetの実車をみることにした。その日は店員さんは 1人だったが、実によく対応してくださった。この日は、女性が購入されたというSサイズのProphet 1000の実車を間近に見ることができた。もう、私の中ではいつかはこのバイクに乗ることになるはずだ、と思ったが、実車をみて、触れたことでそれが早まってしまったようだ。もともと、Prophet 2000をねらっていたのだが、私の使い方からすると明らかにオーバースペックであるように感じられたので、Prophet 1000にねらいを絞った。
次はサイズだが、現在所有しているJekyllはMサイズなのに対し、ProphetならSサイズのほうが適切だというアドバイスを受けた。私も実物をみて、同じ印象を受けたので、今回はSサイズを選択することにし、一応手付け金をおいて帰った。

そして昨日、納車可能になったという。そこで本日夕方、Bikitさんにおじゃまし、Prophet 1000を受け取ることにした。
店内で私の体重に合わせたセッティングをしていただき、細かいアドバイスを受けた。私は主に、現在まで乗ってきたJekyllとの相違点を中心に説明を受けたが、前輪の取り外しが今までのように簡単にはいかないこと、チューブレスタイヤなので、慣れるまでは交換が難しいこと、そしてレフティという片持ちフォークのため、サイクロコンピュータの取り付けが困難なことが大きな違いだ。あとはSPVというサスペンションの働きを制御する仕組みがあるのだが、その設定が多少ややこしそうで、慣れが必要だと思う。
いずれにせよ、Bikitさんは積極的にお店に持ち込んでほしいという考えだし(調整だけなら1年間無料とのこと)、また平日ならいろいろなスキル伝授を行ってくれるという。大変ユニークな方針で、私にとってもありがたいサービス体制である。

詳しい説明を座って受けて、精算が済んだあと、自宅に向かった。バインディングペダル用シューズを用意していなかったが、一応普通のシューズようにアダプタがついていたので普通にこぐことは可能だった。
Jekyll の後継とはいうが、乗り味は全く異なっていた。特に、リアサスペンションは全く動いている感じはしない。フワフワしていたJekyllとは対照的な乗り味である。通常、都内ではジオメトリ無段階調節できるJekyllはXCがわのポジションにして乗っている。今回のProphetもXCポジションという状態になっているが、ものすごくSolidな印象である。あとで調べてみると体重をかけたときの沈み込みはわずか1mm程度しかなかった。
ただ、ペダリングロスのようなものが全く感じられないのは、まるでハードテイルバイク(リアサスペンションのないバイク)のようである。これを山で、FR(フリーライド)ポジションにして、SPVの設定を変更して乗ってみるとどんな感じなんだろう。苗場のときにこれがあったら…。
それにしても、今日の天候は…。帰り道、走り始めたとたんに雨である。新車を買ったり、洗車をした直後に降られるパターンが多いような気がするのは私だけだろうか? 梅雨だから当然の結果なのか…。

本当は明日、ショップイベントで高峰山に行く予定だった。怪我さえなければ楽しめたのだが…。

Jekyllはリプレイスという形で、これから里親捜しになるだろう。初めてのMTBがJekyllだったからこそ、今回の選択肢がProphetになったのだ。Jekyll殿には感謝しなければならない。

DH初レースへ向けて

昨年9月にMTBを始めてから、過去3回、草レースにチャレンジしてきた。これらはすべてエンデューロと呼ばれるもので、規定時間内にコースを何周回できるかを競うものだ。
しかし、今回はDH(ダウンヒル)と呼ばれるカテゴリの草レースにエントリーしてみた。こちらはコースのほとんどが下りとなる短時間のレースだ。初級者の私にとっては、ダウンヒルコースを下る時間を人と競い合うなんて、今でもできるのか不安である。しかも、当日の降水確率は70%で路面コンディションはかなり悪いだろう。「ビギナー」カテゴリがなければエントリーしなかったと思う。
レースに出場するに当たって、今回は某オークションを利用し、 Cannondaleのシューズ2足、マッド系タイヤ前後を入手した。タイヤを落札したのは2日前だが、出品者の方が早急に手配してくださったことで余裕を持って交換することができた。ただ、もともとXC(クロスカントリー)用とのことで、1.90インチと、かなり細い。泥ハケはよさそうだが、こんなに細いタイヤで山を走った経験はないので少し心配ではある。

私の所有するCannondale Jekyll 500 (2003)は、オールマウンテンと呼ばれるタイプのMTBで、エンデューロ用としては少し重めだと思うが、比較的下りが得意なバイクらしい。といっても、DHバイクのように下りに特化したものでもないけど。今、このJekyllの後継に当たるバイクとしてProphetというシリーズがラインナップされている。エンデューロ向きのバイクとのことだが、これは前後のストロークが140mmずつあって、Jekyllよりかなり下り向きのバイクらしい。しかも、Jekyllより軽い。
下りはやはりおもしろいので、これからもビギナー向けのものがあればチャレンジしてみたいと思っている。そのためにはフリーライドと呼ばれるバイクやDHバイクのほうが向いているのだろうが、これらのバイクは普段町乗りするのには重すぎるかもしれない。室内保管できるスペースがないので、もし手に入れるとすれば買い換えである。そのように考えると、下り専用車ではないけど、Prophetに食指が動くのだ。町乗りにはもったいないのかもしれないけど、今回のような下りや山あそびをするのにはすごく楽しめそうだ。でも、買い換えにはちょっと早いか…。