275の壁

Cannondale Prophet 275

少し前、Cannondale Prophet 275を通勤に使ってみようと思って乗ってみたら、タイヤがフロントディレーラーと接触することが明らかに。この日は急遽、Intense Carbine 275に乗り換えました。

かなり通勤時間に余裕がなくなっていたので、頑張って漕いでみたら、ロードのAddict号より大幅に時間を短縮して到着するという意外な結果になりました。前後160/150mmクラスのストロークを持つタイヤの太いAMバイクでも、ある程度漕げばロードの先まで行けるんだ…って、もうあんなコギ方はしたくないですけど。

ということで、今日はProphet号のリア周りの調整を。

FRポジションだと
FRポジションだと

FRポジションだと、2.25のタイヤはこのように接触します。

ストロークもあと3mmほど残っている状態での接触です
ストロークもあと3mmほど残っている状態での接触です

サスのストローク幅もあと3mmほど残した状態での接触ですので、フルストロークすると、タイヤがシートチューブに圧迫される感じになります。

“275の壁” の続きを読む