今度は「TWO」

TWO Trail

先週はSIX、そのあと移動してSEVEN Trailを走りましたが、今日はTWO Trailを楽しみました。

今日はtaguoさんの案内でのライドです。

"TWO" Trail
“TWO” Trailへ。
標高409メートル
標高409メートル

この写真は標高409mの山頂です。気持ちのいい天候でした。

Intense Tracer 275
Intense Tracer 275

今日もIntense Brothersです。taguoさんはTracer 2、私はCarbine 275。

あ、今日は兄弟を交換して乗ってみましたよ。Tracer 2のフロントフォーク、リアサスはものすごい性能でした。

その様子は、追っかけムービーでご紹介しましょう。

“今度は「TWO」” の続きを読む

軸間190mmのリアサスで試走

公園の紅葉

先日、Mさんの紹介で入手したRock Shox Monarch 3.1。

Roch Shox Monarch 3.1 190 x 51
Roch Shox Monarch 3.1 190 x 51

やたらインナー側が短いなあ…と思っていましたが、どうも完全には伸びていないような気がします。プリントされた10%-30%の目盛りのうち、最初の10%が短く、どうやら5%くらい沈んでしまっているようです。はっきりとは分かりませんが、軽くスタックダウンしてしまっているかもしれませんね。

といっても、たぶん2mmくらい。これはこれで使いましょう。

ただ、その後海外よりリデューサー着脱工具が届いたので、ほかの2つのリアサスも試してみようか…と思いました。

FOX and DNM
FOX and DNM

最初はDNM。リデューサの径が既存のManitouと合いそうなので、流用してみましたが…。軸が太いため、トータルの横幅が1mmほど伸びてしまい、Prophetに収まりません…。これなら、ストローク48mmと、Monarchより3mmほど短くなるので、リアタイヤの干渉を抑えられるかと思ったのですが…。

あとはFOX RP23。レバーがまん中で止まらないので、いくつか存在する小さなビスを締めてみました。なんとかまん中で止まるようになりましたけど、もともと緩すぎたのかな…。オイルも漏れてました。アメリカのショップで買ったのですけど、中華圏から直送でした。

果たしてホンモノなんですかね? まあ、もともと190mmというのはProphetに対して標準の長さではないので、冒険はできず、こういったものを選んだわけなんです。

Cannondale Prophet 275
Cannondale Prophet 275

今日はこの粗悪品っぽいリアサスでの走行です。

XCポジションなんですけど、軸間が標準の200mmから190mmに変わっていることにより、従来のFRポジションに近い設定になっています。

BB位置も下がり、ホイールベースも広がった感じで、よりレーシーなProphetに戻った感じがします。

ただ、この仕様ではまだ、リアがフルストロークするとリアタイヤはシートチューブに干渉してしまいます。おそらくリアタイヤを2.1サイズくらいにすれば、解決できるのではないかと思いますが…。

なんだかんだで、なかなか完成しません(笑)。

“軸間190mmのリアサスで試走” の続きを読む

トレイル復習

トレイル復習

昨日のトレイル走行。

taguoさんから動画が届きました。

私の30Pでの記録に対し、60Pなので、かなりリアル。

自分が撮った動画は、実際に走っていて自分たちが感じる速度よりも速く見える気がしていました。60Pで撮られた映像は、自分が体験した感覚に近く、まあ普通のスピードに感じられる気がします。

コマとコマの間の情報量の違いによる、脳のいたずらでしょうか…?

今回、久々に私も追っかけてもらっているので、載せておきたいと思います。

ただ、YouTubeに上げると、動きの速い部分で極端に画質が落ちるのが残念…。

まずは、taguoさんがTrail-Sさんを追いかけた動画。私たちが一番好きなラインかも。

今回リアルさを重視して、なるべく編集を行っていません。音楽もタイトルなども省きました。

こちらも先ほどのラインに並ぶほど好きなライン。一定以上の速度で木々の間を抜けられる感覚が楽しい気がしています。

こちらは最長コース。私も久々に追っかけてもらいました。数年前と比べ、乗り方が改善されているように感じます。

フラットな場所や登りは結構スローです(笑)。

最初の動画(別カメラ1)と同じライン。今度は私がまん中を走り、追いかけてもらっています。

私の30P動画と最も差を感じたラインかな? 同時に前(私)と後ろ(taguoさん)で記録しているのですが、実際に感じる走行スピードもまあ、こんなもんです。

あとから自分のライドが見られるのはありがたいことですね。今回いろいろな反省、復習もできましたよ。taguoさん。ありがとう!

…うーん。私の30Pの動画だと「盛られている」感じが強いし(苦笑)、高速走行を推奨しているように捉えられるのもマズイ。実際そんな速くないので、今後は60Pで記録したいところです。

やはり専用カメラだと、画質もきれいですね。結果、YouTubeが抽出するアイキャッチもかなりきれいに見えます。

 

トレイル三昧

SEVEN TRAIL

昨日のポタリングの帰り際、「やっぱり…行きますか」という話になり、今朝10時にまたトレイルへスタートすることに決めました。

なんといってもTrail-Sさんの、27.5仕様のシェイクダウンですから。

そんな中、家に帰ってみて、メールを開くと、taguoさんから昼頃にメールが入っていたことに気づきました。メインアドレスのみiPhoneで開いていたので気づかなかった…。

諦めていましたが、また朝にメールをいただいて、ちょっと出発は遅くなったんですけど、taguoさんが車でピックアップしてくれることに! 久々にtaguoさんとのライドです。

taguoさんはINTENSE TRACER 2での参加でしたが、ものすごく進化してました。

INTENSE TRACER 2
INTENSE TRACER 2

TRACERはホイールベースも長目な感じで、レーシーな感じがしますね。私はトータルバランスでCARBINEを選択しましたが、予算が許せば当時最新のTRACER 275が欲しかったところです。まあ、もうCARBINEに満足してますが…。

DVO BLACK DIAMOND
DVO BLACK DIAMOND

なんと、DVOサスペンションのBLACK DIAMOND 27.5ですよ。ホイールは26インチのままですが、タイヤが太くて全く違和感なし。これ、めちゃかっこいいと思いますが、性能もすごいのです。そして…。

FOX FLOAT X2
FOX FLOAT X2

これですよ。FOX FLOAT X2。ものすごく懐が深くて、一度体験するとほかのリアサスには戻れないそうです。Carbineにも採用したいところですが、これはさすがに入らないかな…。

“トレイル三昧” の続きを読む

必要なときに、必要なもの

残念なことに昨日、まとまった雨が降ってしまいましたねぇ。

本当は今日、Trail-Sさんだけでなく、久々にtaguoさんから誘っていただいて、ちょっと違うトレイルにも行く予定だったりしたんですよ…。

みなさま。また予定が合うときに、ぜひよろしくお願いします。

とりあえず今日は天候が回復していたので、Cannondale Prophet 275でポタリングすることにしました。

Cannondale Prophet 275
Cannondale Prophet 275

古いリアサスがコックリンコするので、インナーに傷こそあるものの、Manitou Swinger 3-Way Air 2005に取り替えてきました。

Manitou Swinger 3-Way Air 2005
Manitou Swinger 3-Way Air 2005

これも入手当初はコックリンコしてたんですが、外側から無理矢理潤滑油を流し込みながらストロークしていたら、それがなくなりました。やはり、SPV+が効いているのか、ものすごくしっとりした感じが印象的でした。

“必要なときに、必要なもの” の続きを読む

紅葉ポタリング

紅葉

昨日は充実したライドを楽しみましたので、今日はゆったりと。

昨日も一緒に走ったIntense Carbine 275にて
昨日も一緒に走ったIntense Carbine 275にて
SB山自然林
SB山自然林
SB山自然林もきれいに色づきました
SB山自然林もきれいに色づきました
SB山自然林出口
SB山自然林出口

近所の公園もすっかりきれいに色づいています。

川沿いも
川沿いも
今日は乗っているより写真撮っている時間のほうが長かったかも
今日は乗っているより写真撮っている時間のほうが長かったかも
きれいですねぇ
きれいですねぇ
この辺もまもなく木が移植されてしまうのですが
この辺もまもなく木が移植されてしまうのですが

一番すばらしかったのは、いつもの階段練習の公園かな?

“紅葉ポタリング” の続きを読む

紅葉ライド

Intense Carbine 275

もはや中毒かもしれん。

すでに先週のトレイルライドが終わった時点で、「来週も行きますか」なんて決めてました(苦笑)。

今日も行ってきますよ
今日も行ってきますよ

先週、センサのゴミで失敗したSONY 「NEX-5T」を連れて行ったんですけど…。

紅葉 色づきました
紅葉 色づきました

だいぶ色づいた紅葉を取ろうとしたのですが、これはレタッチ後の姿です。もともとは…。

空はシミだらけ
空はシミだらけ

本当のところはこんな感じでシミだらけなんです。ここまでゴミは付いていないように見えるし…。もしかしてセンサー or ローパスフィルタに傷でもあるのか?

こんなことなら、もうiPhone 7 Plusだけでもいいかと思います。

“紅葉ライド” の続きを読む

自転車狂の宴

紅葉ポタ

昨日、充実したライドを楽しんだことで、今日は少々疲れ気味です。

それでも、脚を軽く回しておきたいので、ご近所ポタリングに出ることにしました。

Cannondale Prophet 26erにて
Cannondale Prophet 26erにて

Cannondale Prophet 26erにて。今日はSONY 単焦点レンズ E 20mm F2.8 SEL20F28との組み合わせを試すべく、SONY ミラーレス一眼 α6000を持っていくことにしました。

真横撮りは難しい
真横撮りは難しい

SONY 「NEX-5T」SEL20F28を使ってみた際、広角ゆえのレンズの歪みが非常に気になっていました。α6000を使ってみても同様でした。

こんな感じで樽形に歪みますが
こんな感じで樽形に歪みますが

こんな感じで樽形に歪みますが、ホイールはなぜかいつも、右側だけ大きく歪みます。これをカメラの機能やLightroomなどで補正しようとすると、左側のホイールだけ今度は横長に変形してしまいます。

今回、NEX-5Tを数回使ってみたあとで改めてα6000を使ってみると、改めて気づいたことがありました。

それは、撮影時のカメラの安定性です。携帯性でいえば、確かに薄くて軽いNEX-5Tは有利です。しかし、高さがあるα6000のほうが明らかにグリップしやすい…。カメラはトータルバランスも重要なんですね。

それに、さすがは後発機。AFが速いです。α6000は水準器を持たないため、今日はグリッドを入れて平衡を取ってみました。こういうところではやはり、NEX-5Tは優れています。

α6000の上位機で、ボディ内手ぶれ補正を内蔵した、SONY デジタル一眼カメラ「α6500」とか、使ってみたいですねぇ。いつか。

“自転車狂の宴” の続きを読む

Cannondale Prophet 275 シェイクダウン

夕方の富士山

Trail-Sさんと「晴れたら行こう」と決めていたSix Trailに行くことにしました。

いつもの公園で待ち合わせ
いつもの公園で待ち合わせ

先々週もそうでしたが、ここのところカメラ用SDカードの入れ忘れが連発していて、毎回自宅に取りに帰るという有様で…。

ところが今日は忘れなかったのですよ。代わりに財布を忘れてました(泣)。

とりあえず、コンビニで携帯から決済できるので、取りに帰らずそのまま出走することにしました。

XCポジションです
XCポジションです

リアサスを換装できなかったので、不本意ながらXCポジションです。

リアサスはリデューサ着脱工具があることを発見したので、注文してみました。

https://www.ebay.com/itm/Rear-shox-DU-Bushing-Tool-for-fox-rock-shox-Cane-Creek-enduro-Bearings-Install/222548758255?ssPageName=STRK%3AMEBIDX%3AIT&_trksid=p2057872.m2749.l2649

これに期待します。

待ち合わせの公園もだいぶ色づきましたよ
待ち合わせの公園もだいぶ色づきましたよ

ここから、35km先のトレイルに向かいます。

まずは第一目標の多摩湖へ。

多摩湖の入口
多摩湖の入口

すっかり紅葉というわけではありませんが、だいぶ色づいていました。

“Cannondale Prophet 275 シェイクダウン” の続きを読む

STEP1完了後のProphetで試走

紅葉とMTB

今日も午前中は雨でした。

ということで、雨が止んでから、新仕様のCannodale Prophet 275にてポタリングを。

cannondale prophet 275
cannondale prophet 275

残念ながらリアサスはManitou Radium 200mm x 51mmのままです。

275用に揃えたのだが…
275用に揃えたのだが…

275用に揃えた2本。左がFOX RP23 190mm x 50mm、右がDNM 190mm x 48mm。これをXCポジションにセットして、従来のFRポジション的に乗りたいと思っていました。

両方ともeBayで購入したのですけど、ともに台湾からの直送で、左なんかはCTDのTの位置でレバーが止まらない粗悪品っぽいです。

これらをさっそく試したいわけなんですが、これらはどうやってもリデューサーが抜けません。ということで当然未使用。

昔の左右から挟み込むアルミのリデューサーなんかだと、逆ネジタップで引っこ抜いたりできたものなのですが…。こいつらは無理でした。みなさん、どうやってリデューサーを料理しておられるのでしょうか…?

“STEP1完了後のProphetで試走” の続きを読む