SIXトレイル

昨日は午前中が雨天だったため、今日はロングライドしようと思っていました。

里山にあるMトレイルはスズメバチも営巣しているので、少し間を開けることにしました。ということで今日はSIXトレイルへ。

SIXトレイルはProphetとの相性がいいんですが、今日は久々にIntense Carbineに乗りたい気がしました。ということで、「ぱお〜ん」と鳴くフロントのパッドを新品に、念のためローターも別のものに変えてみました。ようやく「ぱお〜ん」は解決! 走っているうちに当たりも出て来るでしょう。

出かける前はいつもの「のぼる屋」を食べて…。

のぼる屋
のぼる屋

私の写真の撮り方であまり美味しそうに見えないかもしれませんが、あっさりスープ好きの方にはお勧めです。

ロードで多摩湖に出発するのと同じ、午前11時前頃に出発したのですが、やはりMTBでは「なかなか多摩湖に到着しない」ですねぇ。1人で走ったことも関係しているのか、あとでStravaで見ると過去にロードで走った記録を2箇所で更新していたりするので、極端に遅い、ということはないと思います。が、常にこぎ続けていないと速度を維持できないので、往路でかなり疲労が蓄積していたと思います。

多摩湖についても、そこからまた数キロ、SIXトレイルまで行かなければなりません。SIXトレイルに行くための多摩湖の南側の登りも、前回のロードより7分半以上も速かったようで、ちょっと意外でした。

SIXトレイルの林道
SIXトレイルの林道

SIXトレイルの入口までは約30km。そこからまた林道を走って、トレイルに行き着きます。

小休憩
小休憩

東京地方は午前中は涼しかったのですけど、晴天でしたので往路の途中から暑さを感じはじめました。

“SIXトレイル” の続きを読む

趣味の機材の維持は大変

Cannondale Prophetを27.5化してから、少し影が薄くなっていたIntense Carbine 275。乗らなかったのは前ブレーキの不調もあったからなのですが、改めてMT8のレバー部を「中古で」入手し、交換してみました。

…やはり、2度あることは3度ありましたよ。

今回の個体もオイル注入時にマスターシリンダーの同じ場所からオイル漏れします。ただ、今回のものは完全にエアが抜けているかどうかは微妙なものの、一番カッチリとはしているようなので、しばらくこれを試してみます。

あとで伺ったのですが、Mさんがお持ちの旧式MT2も同様に、オイル注入時にマスターシリンダーからオイル漏れしたとのこと。この現象ってもはや、Maguraの「特色」なのかも。

それに、パッドにオイルがついちゃったのかな? フロントは「パオ〜ン」。新しいものに変えたばかりなのに。

趣味の機材の維持も大変だ…。

なかなか落ち着かないIntense Carbine号。今日は5時起きでしたけど、雨も降っていましたし、昨日左側の腰部がまたまた「グキッ」ときてしまっています。腰痛は、多摩湖トレイルで滑って以来、クセになっている気がします。慢性痛はなくても、一度再発すると強い痛みが数日続きます。

こんなわけで遠出は止めて、三度寝したあとご近所ポタに切り替えました。

これは…
これは…

ところで、近所のSB山。かなりえらいことになっています。

ベンチも埋まる
ベンチも埋まる

SB山入口の木のほとんどが伐採されたため陽当たりは良くなったと思うのですが、その影響でしょうか? でも、目線レベルではより見通しが悪くなってしまったんじゃないでしょうか…?

“趣味の機材の維持は大変” の続きを読む

怖い夏山

多摩川は増水中

今日も東京地方は微妙な天候となりましたが、とりあえず降雨はなかったので、昼過ぎに27.5er化したCannondale Prophet号でM山へ出発しました。

M山
M山

前回同様、まずは林道をゆっくり上がってこの写真の地点まで登りました。登りは前回より足が重く、かなりゆっくりしたアプローチでした。

ここからいったん畑の脇のトレイルを下って、M山の中央付近にあるトレイルを登り始めたのですが、路面がスリッピーです。なので、トレイルを傷つけないよう、ゆっくりと押し登りを始めたのですが、虫さんたちの絡みがすごい。

それに、ゆっくり登る私に併走するように、草むらのなかを1匹の蛇がかなりのスピードで登っています。なんか怖くなってきて(笑)、中央部のトレイル登りを止め、今下ってきた道からもう一度登ることにしました。

開けたダブルトラックのところで、結構大集団のハイカーの方々と遭いました(冒頭の写真の中央左よりに写っている方々です。等倍でようやく見える程度ですが)。すると、「進行方向にオオスズメバチの巣がありますよ。看板が立っているので分かると思います。気をつけてください。」と教えてくれました。下りの際には気づかずに、普通に通過していたのですが…。

「もう、このまま下道に戻ろうかな」とつぶやくと、ハイカーの女性が「自転車をそっと押して、登れば大丈夫と思いますよ。オオスズメバチはキイロスズメバチと比べるとかなりおとなしいから。ただ、近くに来ても絶対払ったりはしないでくださいね。」とのことです。

ということで上までもう一回行くことにしました。ハイカーのみなさんにお礼を言い、看板のところに行くと、いるいる。巣の周りをブンブン飛んでいます。私はバイクを押すのではなく、そっと持ち上げて音が出ないように巣の横を通過しました。おかげさまで、スズメバチに襲われることもなく、元の場所まで戻れましたよ。

あの、ハイカーの方々とすれ違わずにいたら、巣にも気づかずに乗ったまま通過していたかもしれません。するとどうなったのか、ゾッとします。本当にありがとうございました。本当に巣から2メートルほどしかないと思いますから。

ということでしばらくは夏山ライドは控えたいと思います。

“怖い夏山” の続きを読む

Cannondale Prophet 27.5er

Cannondale Prophet 27.5er

今日も朝から雨天。夏期休暇最終日となる明日も一日雨天の予報です。休暇取得時点では見事に全部晴れのはずだったんですがね。

ここまでことごとく…。残念。

なので、今日はCannondale Prophet号の27.5化に取りかかることに。

Cannondale Prophet 27.5er
Cannondale Prophet 27.5er

といってもさほど時間はかからず。crankbrothers cobalt 3 27.5 lefty + Schwalbe Nobby Nic Tubeless Easy Snake Skin 2.25を使用しました。

前回のRockshox Revelation 27.5のときもそうでしたが、このフレームは27.5化しても違和感がそれほどないですね。むしろ安定して見えるような気もします。

XCポジションのクリアランス
XCポジションのクリアランス

海外の記事で得た情報通り、フロントディレーラーは装着したままでもなんとかクリアランスはあります。

XCポジションにしたことで、BBの位置が極端に高くなりました。なので、FRポジションもふたたびためしてみます。

視点と焦点距離の製で比較しにくいですが
視点と焦点距離の製で比較しにくいですが

視点、焦点距離が変わってしまったので比較しにくいですが、BBが下がり、かなり安定した印象になります。しかし…。

タイヤの髭が触れるかどうかのレベルのクリアランスしかありません
タイヤの髭が触れるかどうかのレベルのクリアランスしかありません

タイヤの髭が触れるかどうかというクリアランスレベルになってしまいました。

去年の27.5er化のときに、リアが深くストロークするとシートチューブにタイヤが接触することが分かっています。フルストロークだとブレーキがかかったような状態になるかもしれませんね。リアタイヤを一回り細いものにしてみるか、リアのストロークを120mmに落とすように加工してもらうか、などの対策が必要になると思います。

今日はライドの最後にFRポジションにしましたが、ポタリングと練習はXCポジションで行いました。

“Cannondale Prophet 27.5er” の続きを読む

XCポジション

THOMSON ELITE X4 STEM 45mm

Cannondale Lefty SuperMAX Carbon PBR 140 27.5を装着したCannondale Prophet号。フォークの肩下が伸びた関係でチョッパー気味になり、低速でのふらつきが気になっていたので、久々にXCポジションにしてみました。どっちみち、27.5化したらフルストローク時のリアタイヤがシートチューブに干渉してしまうので、XCポジションで運用するしかないわけですが…。

なんかクラシカルな見栄えに
なんかクラシカルな見栄えに

BB位置が高くなり、チェーンが全体的に後ろ下がりになっている感じがとてもクラシカルですね。Prophet号は車高が低く、レーシーに見える感じが好きだったのですが、明らかに縦に長くなりました。

これが27.5化されるとさらにBBが上がるわけで、ProphetがProphetではなくなってしまうような気も。まあ、26インチバイクを無理矢理27.5化しようというのですから、多少の犠牲は仕方がないです。

THOMSON X4 STEM 45mm
THOMSON X4 STEM 45mm

これでハンドリングもかなり変わりましたが、ステアリングコラムの上部が余ってしまってちょっと間抜けな感じになりました。まあ、Leftyの場合は上側のスペーサは意味がないのでこのままでも問題はないはずですが、このスペースに適合したスペーサを探さなくてはなりません。

“XCポジション” の続きを読む

夏休みを設定したものの

台風5号が過ぎ去ったあとの東京地方は天候が回復する見込みだったので、直前に夏休みを設定しました。

しかし、いざ台風が過ぎ去ってみると、ずっと「雨」の予報じゃないですか…。

そんな夏休みの初日、雨が降り出すのは15時以降のようなので、朝早く起きてトレイル行きを決断しました。

当初M山に行こうと思いましたが、M山とSIXトレイルの分岐で、なぜか遠いSIXトレイルを選択。ここ数回、ロードで多摩湖まで走っているので、MTBでも久しぶりに走ってみたくなったのです。

ところが、走り始めて間もなく雨が降り始め、「多少の雨は」と走り続けたのですが、間もなく杉並区を出ようか、というところで雨が少し強くなってきました。ウエストポーチにはSONY ミラーレス一眼 α6000があり、以前SONY ミラーレス一眼カメラ α NEX-5Rのように昇天させるわけにはいきません。

ということで、今回は引き返すことに。残念。

Prophetはダウンチューブ下にボトルケージをマウントするので
Prophetはダウンチューブ下にボトルケージをマウントするので

Prophetはダウンチューブ下にボトルケージをマウントするので…。

スポーツドリンクはこんなありさまに
スポーツドリンクはこんなありさまに

スポーツドリンクもこんなありさまです。まだ、路面もグチャグチャ…というほどではなかったので、この程度ですが。

このボトル、うまく飲まないと、お腹を下しそうです(苦笑。
“夏休みを設定したものの” の続きを読む

MTBはちょっとした走りも楽しい

昨日はそれなりに疲れていましたけど、今日はほとんど回復した状態でした。やはり中華ブランドカーボンホイールによるSCOTT ADDICT R3号の性能UPは大きかったようです。

そんな感じでしたので、今日も…と考えたのですが、残念ながら午前中が大雨でしたので、取りやめました。東京地方はこれからが「梅雨」なんじゃないかというくらい、週間天気予報の雨マークが多くなっています。これで荒川水系の貯水量が回復してくれればいいのですけれど。

午後には雨も止んだので、今日は数日ぶりにMTBに乗ってみました。

Cannondale Prophet号
Cannondale Prophet号

いやあ、MTBはやはり、ご近所を走るだけでも楽しめますね。

コケが滑ること…
コケが滑ること…

午前中まで雨が降っていたので、練習場所のこの坂も滑ります。今日は登り切れませんでした。

Prophetはこの仕様をしばらく維持するか、27.5化するか、迷い中だったりします。現在の仕様でまとまりが良すぎることがその理由です。

ですが、現在使用中のLefty Max 140 Carbon SPV Evolveは発売からすでに12年を経過し、サポート期間が切れています。ダンパーがおかしくなったりすると、復活はもう難しいでしょう。これをRAWカラーのProphetに移して使用頻度を下げ、この赤を27.5化しようか、などの案も。

ただ、そうなるとまた台数が増えて置き場所が(苦笑。

Intense Carbine 275とAddictの2台体制にするはずが、またまたおかしなことになりつつあります。断捨離とかミニマリズムとか、私には到底不可能に思えてきました(泣。

“MTBはちょっとした走りも楽しい” の続きを読む

多摩湖

多摩湖にて

中華ブランドカーボンホイールで武装したSCOTT ADDICT R3 2009。100g単位の体重計ベースですが、下記の状態 + Fizik(フィジーク) ICS ブリンクライト付きで7.5kgでした。私が過去に乗ったバイクの中では最も軽量です。

SCOTT ADDICT R3 2009 + ICAN Carbon Wheelset
SCOTT ADDICT R3 2009 + ICAN Carbon Wheelset

新しい仕様を試すべく、Trail-Sさんと多摩湖行きを予定していましたが、東京地方は今日の15時くらいから雨の予想。

いったんは諦めましたが、別口でOさんが、「15時くらいなら帰ってこれるでしょ」とお誘いいただいたので、多摩湖行きを決行しました。

私はICAN(アイカン) カーボンホイールVittoria(ビットリア) rally [ラリー] 25-28″で初のロングライドですが、Oさんもカーボンシートポストを新調しての初ライドとのこと。シートポストをカーボンに変えただけで、大きく乗り心地が変わったそうです。

私もそうでした。そのへんを軽く走ったくらいでは分かりませんでしたが、長い距離を走るとカーボンホイールの軽さ、振動吸収性、チューブラー(25-28)の乗り味は、ADDICT号の乗り味の改善に大きく寄与していました。

“多摩湖” の続きを読む

猛暑日

先週、SCOTT ADDICT R3 2009を整備してから、ほぼそれにしか乗っていなかったので、今日はMTBのIntense Carbine 275にて。

Intense Carbine 275
Intense Carbine 275

ゆったり乗れますね。MTBは。

“猛暑日” の続きを読む

涼しく感じる工夫

九州の豪雨、被害が拡大し、まだ孤立している方々も多数いらっしゃるとのことで、大変心配しています。被災地には心よりお見舞い申し上げます。

何度か書きましたが、私自身1982年の長崎大水害に居合わせたことがあります。自然災害、これだけはどうしようもありません。いつ、どこで地震が起こってもおかしくはないですし。

自然災害だけではなく、突然にミサイルが降ってきてもおかしくない時代になっています。家族を守るためにも、意識して備えておきたいと思います。

さて、東京は暑い一日でした。

仕事が一段落したので今日一日お休みを取ったのですが、遠出できるようなコンディションとは言えません。

木陰は涼しい
木陰は涼しい

いざ、外に出てみると、アスファルトを走っている段階では「これはちょっと無理かも」という暑さだったのですけど、川沿いの大きな公園に入って、木陰に入ると涼しくてなかなか気持ちがいい感じです。近所にこんな場所があってくれて、本当にありがたいと思う次第。

“涼しく感じる工夫” の続きを読む