キレる高齢者

今日の仕事帰りに体験したこと。

バス停で一番に並んで、一番奥の席に座りました。その後、多くの人が乗ってきて、珍しいくらいに満席。

発車まで時間があったので本を読んでいると、何やらバスの前方で怒鳴り声が。2人の高齢者が何やら激しく争っていて、1人がもう1人を強く突き飛ばすなどかなり激しい。その後、2人はバスを下り、今度は傘で突き合いを始めてしまいました。1人の傘の先が尖っていることもあり、さすがにマズイと思いましたが、止めようにもバスの乗客も私も満席で身動きが取れず、「止めなさい」と声をかけることしかできません。2人は何回か傘で攻撃しあったあと、1人が転がされて、いったん2人は分かれました。

転がした、より凶暴なほうはまたバスに乗ってきて、いったん運転手から外に出されました。運転手が警察に通報したのです。

“キレる高齢者” の続きを読む

遠回り

1.5対応のステムが欲しい。でも、市場に出回っている絶対数が非常に少ない様子です。

そんな中、一番流通数が多そうな、これに決めました。

THOMSON(トムソン) ELITE X4 ステム 31.8mm ブラック 45mm
THOMSON(トムソン) ELITE X4 ステム 31.8mm ブラック 45mm

リンク先のAmazon.co.jpでは2万円超えのプレミアム価格(?)が付けられています。最近のAmazon、数倍の価格を付ける業者、多いんですよね。品物によっては400円〜400000円みたいな幅があるので、開いて、リストアップされた不当に高い商品を間違って踏まないように要注意です(悪徳業者はもちろん、それを狙っているんでしょう)。 “遠回り” の続きを読む

謹賀新年

太郎次郎一門
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

旧年中はみなさまには大変お世話になりました。

本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

初めて清掃
初めて清掃

大晦日には、Intense Carbine 275を組み立て以来初めて清掃しました。

どうも12/30の走り納めにて何かを踏んでしまったらしく、Carbineがやたら臭くて困りました(泣。今日も初詣のあと改めて清掃してみましたが、アルコール除菌が効いたのか、今日は大丈夫な感じでした。

またすぐに使うので、きれいなのは今だけ
またすぐに使うので、きれいなのは今だけ

またすぐに乗りに行くつもりなので、きれいなのは今だけですけど。

本当はタイヤとかも洗いたいのですが、自宅内への持ち込みが…。

“謹賀新年” の続きを読む

今年1年お世話になりました

カワセミ
今年一年お世話になりました
今年一年お世話になりました

あと10分ほどで今年も終わります。この1年はいろんなことがあって、本当に短く感じた1年でありました。

個人的にはCannondale Rize号の盗難は本当に今でも悔やまれる出来事ですが、反面Intense Carbine 275にも出会うことができました。

家族的には長男が自分のブランドを立ち上げたり、それを応援してくださる人がいてくださったりもしました。

トータルでは大変にいい1年だったと思います。

後ほど新年の挨拶は行わせていただくこととして、みなさまにはこの1年、大変お世話になりました。ありがとうございました。

リカバリー・ポタ

WX170で撮影

昨日は久々のロングライド(?)になりましたが、今日は雨上がりの隙間時間にリカバリー・ポタリングを行いました。

昨日夕方の感じから、今日は遅発性筋痛に悩まされるんじゃないか、と予想していましたが、そうでもなかったです。先月くらいから頑張っていた里山通いが聞いたのでしょうか?

いつもの公園
いつもの公園

天候が不安だったので、今日はコンパクトデジカメのSONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-WX170だけを持っていきました。久々にカワセミを見かけたのでこのカメラで挑んでみたものの、見事に全部がブレ写真となってしまいました。

Trail-Sさんもポタリング中
Trail-Sさんもポタリング中

Trail-Sさんもポタリング中でした。いやあ、お互いに元気ですね。

“リカバリー・ポタ” の続きを読む

契機

ショックとかリスクというネガティブな言葉をくっつけられて紹介されていたあの人がまさかアメリカで一番えらい人(?)になるなんて。

まさかとはいいましたが、朝から嫌な予感はしていました。そしてだんだんその通りになっていったわけですが…。

あのような人物を選ぶほど、アメリカは追い詰められていたのでしょうね。私がアメリカ人だったら、今回の組み合わせでは「しかたなく」初の女性大統領を目指した人を選んだと思います。共和党の候補が普通の人だったら別ですが。

過去に日本も、現状脱却を期待して旧民主党が政権を取ったことがありましたけど、それは大失敗に終わりました。アメリカがそうならないことを祈りたいと思います。いや、唯一の超大国のお話ですから、それはアメリカ一国の失敗では済まされません。

まあ、仕方がないです。

しかし、新大統領の選挙演説を振り返ってみると、日本は今後真の独立を求められることになると思われます。

たとえば、国防について。

在日米軍の撤退が本当に始まれば、米国の庇護を前提にした甘えた考えは通用しなくなります。当たり前のことではあるのですが、自分たちの国は自分たちで守られるようにしなければなりません。

「私は無抵抗主義なので、武器も持たないし抵抗しない」

というのはとても理想的な態度だと思います。でも、そういう高尚でお人好しな態度を理解しない人は多いですから、そういう人間が相手だと無抵抗主義は簡単に蹂躙されてしまいます。

「武力を永遠に放棄する」ことが、より強い武力の配下に置かれることが前提で成立していたとしたら、その「より強い武力」の下に居られなくなったときは丸裸にされてしまうでしょう。

過去に暴力的なトラブルに巻き込まれた経験がある方、そうではなくても理不尽なトラブルに巻き込まれた経験がある方には理解できるでしょう。これは国対国でも同様のことがいえると思います。歴史を振り返れば、我が国もその被害者だけでなく加害者になったことが何度もありました。

私が少年時代から親しんできた武術。始めたころはその意味を頭でしか理解していなかったですけど、「武」の意味は「戈(ほこ)」を「止める」ということ。「戈で攻撃する」ことではないのです。抑止力ともいえます。

相手が攻撃をできないように準備する術が武術であり、私の人生の中でもそれは大いに役立ちました。実際に争えば敗れる局面は多々あったのかもしれませんが、そうならずに済んだのは抑止力(争えない雰囲気?)としての武術のおかげだったと信じます。

わが国についても、私はやはり実効性のある抑止力が必要なんじゃないかと思います。これを適切にコントロールできれば(できない人、できない過去があったから問題になるのでしょうが)、逆に「好戦的な(と私は思う)」国への依存から脱却することが、「強くて優しい国」への成長の契機になることも考えられると思います。

このブログではあまり政治的なことや思想的なことにはあえて触れてこなかったし、今後もあまり触れることはないでしょう。なにより、自分自身の考え方が一定ではないので、毎回微妙に違うことを書いてしまいそうなのです。

でも、今日はアメリカへの過剰依存からの脱却が要求される契機となったような気がして、書かずにはいられませんでした。

さて、私は私で頑張ることにします。

 

もう2週間は待てない

やはり音響は重要かなと思いました。

昨日のお仕事も終わる頃、今日が祝日であることに気づきました。その少し前、次男が映画館のリンクを私のiPhoneに送ってきていたのですが、要するに休みなので映画を見に行きたい、ということだったのですね。

『デスノート Light up the NEW world』

公開まもないので、まだ大きなスクリーンでの上映です。

妻と次男は数日前に過去作品のスペシャルを見ていたのですが、私の場合は映画版は全くの初見。

内容的なものについて触れるのは控えますが、オトーサンとしては出演者の藤井美菜さんがツボでした。TVドラマ「鹿男あをによし」で剣道部の主将役をされていたのを見たのが最初で、そのときから注目はしていたのですが、最近は隣国で活動されていたようです。今年になってCMで見かけたりするようになったので、活動の場を日本に戻し始めたのかな、と思いましたが、本作品では出演シーンも多く、やっぱり魅力的な人だな、と。

やっぱり映画館で見ると迫力があります。スクリーンが大きいのはもちろんですが、自宅で見るのとは音響効果に差があります。

自宅も一応、スーパーウーハーやDolby Digital対応の設備は持っているのですけど、毎回セッティングするのは面倒くさいので使っていないのです。

せっかくFireTVを持っているので、今後は積極的にこのシステムを引っ張り出そうかな…? 若い頃、LDとDolby Pro Logicの組み合わせ+29インチTVで見ていたランボー3とかもなかなかの迫力だったですからね。

その後長男も合流して、久々に家族4人での外食となりました。長男はVIELIVERTに新作を投入するようであり、すでに発注したとか。資金作りもいろいろと工夫しているようで、関心です。親も負けてられません。

“もう2週間は待てない” の続きを読む

もげそう

今日の午前中は雨で、1日厳しいかな、と思ったのですが、昼頃からは大丈夫で地面も乾き始めました。

天候が大丈夫なら少し遠くに行きたいところなのですが、いつ降り始めるかも分からないので近所の公園でのポタリングです。

Cannondale Prophet
Cannondale Prophet

新品同様に見えるフレームだったのですけど、今日は登りの失敗と、立てかけておいての転倒でさっそく2箇所の傷がつきました(苦笑。

乗ってての傷はいいけど、立てかけミスでの傷はちょっと残念です。

“もげそう” の続きを読む

さとみちゃん

今日もも乗るはずだったんですが…

昨日、「やっと晴れたか」と思ったのもつかの間、今日は雲行きが怪しいので降らないうちにちょっとだけ…。

と思ったのですが、出走した瞬間に雨が降り始めるのは普段の行いのせいか。

ということで、今日は妻、次男と映画鑑賞へ行くことにしました。次男は受験と年ではあるけど、義務教育最後の夏休みの、最後の週末ですからね。

シン・ゴジラ

なんか人気みたいだし、石原さとみちゃんを見に行きたいという気持ちもあったので、この映画を選択しました。昼ごろ予約を入れたのですが、すでに客席の3/4が埋まっているように見えました。最終的にはほとんど満席に近い状態でした。

個人的には、劇場で最後に見た映画「ターミネーター 新起動」よりも面白かったです。奥さんは逆に、「ターミネーター 新起動」 > 「シン・ゴジラ」だったそうなので、感じ方はもちろん人それぞれだと思います。

ゴジラは思ったよりも大きくて、迫力を感じました。視点の切り替えや角度などのカメラワークも新鮮だったように思います。CGは、一目見てCGとわかるような詰めの甘さも感じましたが、さらなる映像技術の進歩も楽しみにしたいと思います。

話題作もすぐにお茶の間に展開される昨今ではありますが、大きなスクリーンでの鑑賞であったからこそ、ゴジラの大きさや迫力をよりリアルに感じることができたのでしょう。昭和のゴジラと比較すると、本作のリアルなゴジラは無機質な感じもしましたが、私にはそれが新鮮でもありました。妻は昭和のゴジラのほうがいいそうです。

見終わったあと、楽しみにしていた石原さとみちゃんより、なぜか市川実日子さんの印象のほうが強く残っていました。前田敦子ちゃんに気づいたのは家族では私だけだったようですが、とにかくキャストのクレジットがものすごい数。主演の長谷川博己さんも頑張ってましたね。

ほとんど予備知識なく見に行ったのですが、純粋に楽しめた映画でした。ゴジラを演じたのが、あの重要無形文化財の方と知ったのも、エンディングのクレジットを見たあと、ネットで調べなおして知ったことでした。

続編があるならまた劇場で見たいと思います。

今回劇場に足を運んでみてよかったと思ったことは、スクリーンの上の表現に感動できたことだけではありません。

私の左隣に座られたご婦人。私の両親より少し若いくらいでしょうか? 一人でご覧になっていました。勝手な想像ではありますが、若いころにご主人とオリジナルゴジラを体験されていて、今日はそれを偲んでいらっしゃるんじゃないか、と感じるところがありました。エンドクレジットは昭和の各ゴジラ映画のモノラルサントラそのものが流れていましたが、それらをリアルタイムに知っている方にとってはたまらないエンディングなのじゃないかと思います。

映画に感動していらっしゃるそのお姿を見て、私のほうが勝手に感動を覚えたり。私達が立ち上がったあともまだ座ったままで、映画の余韻を大切にされているようでした。

前にも書いたかもしれませんが、劇場での映画鑑賞は、お互いに見ず知らずの人達が集まって、一つの空間で感動を共有できるところにもその良さがある気がします。

もちろん、中間前列に座った私達の前を、上映開始後遅れて入ってきた人たちが普通に前を横切ったりするようなこともあったので、絶対に劇場がいいってわけではないのですけど…。それを差し引いても良い体験でした。

 

 

VIELIBERT

BABY OWL-T

VIELIBERT(ヴィリバート)とは『今までの概念にとらわれない自由で新しい形』をコンセプトに掲げているブランド」

だそうです。

先日もご紹介させていただきましたが、現在大学3年生の長男がVIELIBERTというブラントを立ち上げ、最初の商品の販売を開始しました。

BABY OWL-T
BABY OWL-T

[公式サイト]

VIELIBERT(http://vielibert.com/)

[オンラインストア]

VIELIBERT(https://vielibert.stores.jp/)

親ばかですけど、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

きちんと自分でお金出して買ったものですよ(笑
きちんと自分でお金出して買ったものですよ(笑