Tiger 2日目

Tiger(Mac OS X 10.4)が発売されて2日目、ということで各メーカも対応に追われているところではないかと思います。
今、FMV-830MG/Sのほうは下の子がネットでディズニーアニメを見ているので、私はTigerのほうの設定をいろいろと行ってみることにしました。その結果、アンチウィルスソフトなどのセキュリティソフトでちょっと問題が発生していることがわかりました。

私はMacに乗り換えてから最近まで、SymantecのNortonシリーズを利用してきました。
しかし、この製品を使用してみて分かったのは、Apple社の新しいOSやUpdateに対する対応が極端に「遅い」ということでした。多少の問題があっても使い続けられれば良いのですが、10.2(Jaguar)のときも10.3(Panther)のときも、あまりにも障害が大きすぎて、アンインストールせざるを得ませんでした。しかも、正式対応するまで非常に時間がかかるため、実質Nortonシリーズを満足に使える期間は非常に短かったのです。それでも、ウィルス更新の使用期限はしっかりやってくるのはひどい話ですね。私はWindowsでもNortonシリーズを使っていたのですが、とりあえず Macに関しては標準のFirewallと.macに加入することでもらえるVirex 7.5というアンチウィルスソフトウエアの組み合わせでしのいできました。
ところが、今日調べてみるとVirexのUpdateが使えなくなっていたり、エラーメッセージを出したりの問題が見られるようになりました。このソフトは何らかの問題で一時.macからの利用ができなくなっていたという状況があるようですが、今のところはPanther(10.3)にしか対応していないことが分かりました。
私もインターネットで仕事をさせていただいている関係上、セキュリティ設定には非常に気を遣います。そこで思い切って別のベンダーによるソフトウエアをためしてみることにしました。
私の頭の中には、Mac雑誌の広告で”xx Barrier”というシリーズの記憶がありました。雑誌の特集などでも評価が高かったし、なにより新しいOSへの対応が速いというのが長所であったことを思い出し、インターネットで検索してみました。
それはすぐに見つかり、またサイトで調べてみるとすでにTigerに対応しているようですし、またダウンロード販売もされているとのことですので、下記の商品を購入しました。
Internet Security Barrier Professional Edition日本語版:
これには以下の製品が含まれます。
NetBarrier X 10.3.6日本語版 for Mac OS X
VirusBarrier X 10.1.4日本語版 for Mac OS X
Personal Backup X 10.3.9 日本語版 for Mac OS X
ContentBarrier X 10.1.4日本語版 for Mac OS X
当初はアンチウィルスだけ使うつもりでしたが、セットだとお得に見えるので、つい…。
実際にインストールしてみると詳細な設定もでき、なかなか良さそうです。残念ながら、一番下のContentBarrierだけはSafariや Firefoxが正常に機能しなくなってしまうため、アンインストールしています。これについてはアップデート機能もおかしくなってしまうので、現在のところ解決策は見つかりません。それ以外はいろいろな設定もためしてみましたが、今のところ正常に動いています。