少しは良くなったかな?

天気予報では金土日と雨になるとのことでしたが、今日は幸い曇りでした。昨日までにドライブトレイン交換を終えたCannondale Rize 140を軽く試してみることにしました。今日は柔らかく乗りたいこともあって、Leftyのエア圧を112,113psi程度に下げ、リアもプロペダルを解除しました。

Cannondale Rize One Forty
Cannondale Rize One Forty

走り出してみると、やはりフロント部分の設定がうまくいっていないようです。特にアウターにいれたときに、常にフロントディレーラーが干渉している感じですね。昨日調整しているときは大丈夫でしたが、やはり乗車するとリアサスが沈むので、こういったことも起こるのでしょう。取り付け位置と方向をもう少し見直す必要がありそうです。

今日はほとんどのレーンを試しました
今日はほとんどのレーンを試しました

今日は周辺のほとんどのレーンを試しました。先日Tさんと走ったとき、下りや段差で肘が曲がりすぎて上半身が前傾気味だと指摘を受けたので、今日はそのへんを注意してみました。これは2月に受けたプライベートレッスンでも指摘を受けていたのですけど、肘を曲げすぎないことで確かに、安定感が変わりました。急斜面ではおそらく、今まで結構前重心になっていたと思われます。肘の角度を気をつけたことで今日はBBの真上に乗っている感じが明確にありました。ということで、意識してクセを修正していこうと思います。

結構段差がありました
結構段差がありました

最後に寄ったSB山公園。写真中央に見えるところを下りてみたのですが…。中央の段差、思った以上にありました。前輪がいきなりすとん、と落ちてLeftyが一番下の地面に突き刺さった感じになり危なかったです。易しく見える場所だったので、油断がありましたね。前転せずによかったです。このあと、数回試して、どうやったら一番スムースにフロントを落とせるのか、試してみたりしました。結局満足できる降り方はできなかったのですが、最初の危険さはなくなったので、よしとしましょう。

今日はは前転はしませんでしたが、木曜日の朝、都内を移動中に、いつもは難なくやり過ごしている柵に左ペダルを引っかけ、転倒するというアクシデントがありました。左膝を強打し、非常に強い痛みがあったものの恥ずかしいので何事もなかったように発進。でも、激痛が続きます。12月頭の転倒で痛めた左膝がようやく癒えた頃に、また重ねての怪我。以前左手首を骨折したとき、左の膝蓋骨がぐちゅぐちゅになったのですが、今回も一瞬それを心配しました。しかし、今回は膝蓋骨よりその下、脛骨粗面の強打のダメージが大きかったようで、左足にはほとんど力が入らない感じでした。

特別なチャレンジをしているときより、普段のなんでもないところのほうが事故を起こしたり怪我をしやすかったりします。いい加減学習していかなければ…。

…追記。フロントディレーラーの位置を見直してみました。今までちょっと高すぎる位置に取り付けていたようです。中古車でもともと付いていたと思われる取り付け位置を参考にしていたのですが、それではちょっと高すぎた様子。

フロントディレーラーの位置を低くしました
フロントディレーラーの位置を低くしました

まだ乗車しての変速は試していないのですが、スタンドに置いた状態での変速はだいぶうまく行くようになりました。10速用のフロントディレーラーを入れたときと干渉の度合いはそんなに変わらない感じがしますが、以前フロントの変速ミスが少なくなっていればそれでいいです。

フロントディレーラーは難しいですねぇ。