Cannondale All Mountain Brothers

今日は昼と夕方、Cannondale Brothersで出走しました。

まず、昼の部はRize One Forty号。

猫の水飲み場
猫の水飲み場

公園トレイルの入り口に猫の水飲み場があります。餌やりの方々のどなたかが設置されたものでしょう。気になるのは、補強材として用いられている(?)、ブロックの下のライザーバーです。左右にカットした痕跡がありますが、かなり短くなっているので子供用の可能性もあります。こんな使われ方されるのは悲しいから、こんな場所に捨てるのはやめましょうね。

上に上っていくと、まるまる太った猫が2匹。いろんな人がそれぞれ勝手に違った名前を付けて、それぞれの都合でえさをあげているので、栄養状態が過剰のようです。

S字ポイント
S字ポイント
根っこの段差ポイント
根っこの段差ポイント

先週とは打って変わって、今日は体調も良くバイクコントロールも良かったと思います。この周辺だと100psi弱に設定したLeftyでは動きすぎな感じになってしまうので、2月に朝日先生に設定していただいた120psiに戻そうかと考えています。トレイルでは100psiくらいに設定しようかと思いますが、2012 LeftyはProphetに装着したときもとたんにバイクコントロールが難しくなった気がしましたし、ふじてんにRizeで行ったときも思ったより扱いにくい気がしました。軽すぎるのか、エアの特色に私がなじめないのか…?

若干サドルの位置が高くなっています
若干サドルの位置が高くなっています

最近、シッティングでペダリングするとパキパキ音が鳴っていたので、crankbrothers joplin4rとシートクランプを取り外し、清掃してグリスアップしておきました。その際、Prophetと比較して若干サドル位置が低かったので、2cmほど高くしました。一番ペダリングをしやすい位置です。なので、往復は少し楽な感じでしたね。

午後に不確定の予定を入れていたのですが、必要なさそうだったので、夕方はProphet号で同じ場所を乗ってみました。久々にXCポジションからFRポジションに変更し、ヘッドチューブ角度を69度→67.5度に変更しています。

Cannondale Prophet号
Cannondale Prophet号

Prophet号はリアタイヤのセンターノブがほとんどなくなっているため、まるでセミスリックタイヤのようになってしまっています。なので、急な下りではリアがほとんどグリップしませんが、それでもコントロールはしやすい感じですね。2005 Lefty Maxは路面状況に素直に反応するので、扱いやすいです。少し重くなりますが、Rize号にも2006 Maxを入れてみようかと考えている今日この頃であります。

現仕様でBrothersを比較すると、多くの面でProphet号に軍配が上がる感じです。富士見Aを走ったときの感触から考えても、Prophetであれば、ふじてんもRizeほどは苦戦しなかったと思うのです。2009年rize + 2005 Lefty Maxのときはかなり衝撃的な乗り心地で、明らかにProphetの分が悪い、という感じでしたけど、2010年rize(rz)にはあまりそういう感じを受けません。

それに意外に感じたのが、同じ急坂を上ると、Prophetの方が明らかに上る、ということです。2009年のrizeはしっかり上れるバイクだったと思うのですが、なぜに。rizeは上っている最中にフロントが浮くのですが、prophetは大丈夫でした。野沢や白鳥でprophetが登りに苦戦したのは、きっとサドルをベタ下げにしていたからでしょう。prophetに可変シートポストを付けたら最強のような気がしてきました。

そういえば、落とし物…
そういえば、落とし物…

そういえば、最近あまり落とし物を踏むことがなくなっていたのですが、残念ながら今日は午前にrizeの前後輪、Prophetの後輪で同じタイプのものを踏んでしまいました。まあ、今日は2台とも同じコースを走っていますからね。

Selle San Marco Ponza Power、これはいい感じです。まあ、毎日の通勤でも問題がないことはわかっていましたが、不規則な不整地を走る場合でも邪魔にならないし、おしりも痛くならない。色もいいので、サドル交換の際の候補となりそうですね。次回は、安くネットで買おうかとは思いますが。

2件のコメント

  1. 連チャンの出動、お疲れ様でした・・こんばんは。

    ・・しかし、2台あると迷いますねぇ・・暗闇で見たら、どっちがどっちか・・?(苦笑)
    乗ると違うのですが、楽しみ方は2✕2で、4倍? かも。

    >猫の水飲み場
    あれまぁ・・ハンドメイド感あふれる見事な?造りですけど・・こりゃ頂けませんね。
    どうしても見過ごせない人はたくさん居ますけど・・そう言えば、うちの近所の
    公園はネコが少ないです。たまに1匹だけ見かけますが・・エサをやっている人も見ないなぁ。
    お陰で、落し物を踏む機会も少なくてイイんですが・・そちらは『あちゃ!』でしたね。残念。

    >Ponza Power
    なかなか気に入られたようで、何よりです。もし次の機会があれば、私も試してみたいですね。

  2. sadaさん。こんばんは。
    兄と弟、ほぼ似たようなジオメトリ、設定なのですが、注意して乗ってみるとかなり違いを感じます。
    RZについては、2009 Rizeの方が良かった気がしますねぇ。leftyやjoplin、カーボンフレームの影響もあるのか、重心が少し高いところにあるように感じられ、2009 rizeのようなバイクとの一体感を感じにくくなっています。
    ただ、Prophetも、2012 Leftyを装着した状態で神奈川、埼玉のトレイルを走ったら、ちょっと怖い感じがしたので、エア・レフティ、もしくは軽すぎるLeftyによるものなのかもしれません。もしかしたら、Rizeも2005 Leftyに換装するかも…。確か、2010 RZはセカンドグレードでFOX のコイルタイプがついていたような気がするので、実はそれを探していたりもします…。
    あるいは、Jerome Clementzレプリカのように、フロントを普通のフォークに変えたりして(苦笑。

    今回の落とし物は猫ポイントではなく、帰りの舗装路で踏んだ可能性が高く、犬のような気がします。

    ponza powerはカタログ値200gの割には肉厚もあって、ペダリングが安定するような気がします。最近あまり軽量化にこだわらなくなったので、コストを考えて(台数も多いので)パーツ選びをしたいところですね。あまり財布が軽くなりすぎてもいかんですからね…手遅れかもしれませんが(苦笑。

コメントは受け付けていません。