久しぶりに使ったケージなしSPD

先日の雨で濡れてしまったビンディングシューズが乾かないため、急遽ペダルをShimanoのSPDに交換して、Shimanoのクリートがついたシューズで走ることにしました。このケージなしのタイプはProphet 1000購入時に付属してきたものです。

ケージ付きのSPDはよく使っていましたが、ケージなしのタイプは久々ですね。

それで、改めて使ってみると、ゆるい! ペダルの上で足がグラグラするし、ジャンプとかするとすぐ外れてしまう。Prophet 購入当初はこんな緩い設定で乗っていたのか。確かに、当初は外れないことを恐れて、固定を一番弱い設定をしていたのでした。さらにクリートがかなりすり減っていたりするのかもしれませんね。ちょっと締めてみたので、明日走りながらでもまた変えてみよう。

しかし、ケージ付きのものと比べると、着脱がとてもしやすい感じがします。特にステップインがぴったり決まる。もしかしたら、CrankBrothersのケージなしのタイプなんかもはめやすいのかもしれません。次に余裕ができたら、また買ってみたいと思います。