またしても

今日は奥多摩ライドに誘われていたのですが、住居付近を離れられない事情で断念。私は昼過ぎにCannondale Rize One Forty号を整備した後、いつもの公園へ。

Kさんと来たとき失敗したポイント
Kさんと来たとき失敗したポイント

体調は万全ではないものの、ほぼめまいのような症状は消失しているので、今日は先週Kさんと練習して吹っ飛んだところを練習することにしました。

前回は向かって一番右側の高いところに進入してしまい、バイク一台分の高さくらいを飛ばなければならなくなってしまって玉砕しました。そこで、今日はKさんに教えていただいた画面真ん中くらいのところを下りるようにしました。

今日はこの場所はさすがに地面もぬれてはおらず、バイクをコントロールできたので、無事に段差の低いところに前輪を落とすことで無事通過をできました。これで一つのトラウマを解決。

FOX RACING SHOX RP23
FOX RACING SHOX RP23
Cannondale Lefty Max XLR 2012
Cannondale Lefty Max XLR 2012

今日は行きがけに前後のタイヤの空気圧を2bar強に上げ、また前後サスペンションの圧も少し高めに変更していたので、全体的にコツコツした感じが出ていましたが、急斜面や段差についてはより安定していたかもしれません。Leftyは急斜面で段差を超えると、フルストロークしてしまうことも多かったので、105psiに戻しています。

気温や湿度のせいもあると思いますが、やはり体調は万全な感じはしません。ハード気味な練習から軽度なポタリングに切り替え、川上の公園まで ゆっくり走ることにしました。しかし、今日はこれが思い切り裏目に…。

折り返し地点の何でもない丘。こちらを上った後、柔らかめの腐葉土の上を下っているとき、前輪が何かに引っかかりました。そのままバイクは前転を始め、私は前に投げ出されたのでした。

「あーあ、こんなところで」と思いながら前側に転がったつもりが、右肘にゴツンという鈍い衝撃と激痛が…。見ると、右肘から血が噴き出して、グラブの方まで広がっていました。「ありゃ、太めの血管切ったかな? 家族呼ばなきゃダメかな」とちょっと焦ったのですが、吹き出し口があっと言うまに血餅となって、出血を止めていました。ものの数分の間の出来事です。人間の体ってすごいな。

ただ、痛みが局所ではなく、右腕全般に響いています。私が右肘から落ちた当たりを見てみると…。

コンクリの塊
コンクリの塊

柔らかい土の間から顔をのぞかせていたのはコンクリの塊みたいなものでした。ここに右肘を直撃したのですね。自宅で見てみると3箇所に穴が開き、波を打ったように腫れています。もう数時間経ちましたが、3箇所のうち1箇所の出血はまだ止まっておらず、痛みも右腕全体に響いています。自宅に着いた後速効でアイシングしたので、腫れは多少抑えられているものの、痛みはきつい。

本当に何でもないところで起こる様々なトラブル。昨年も帰り道での骨折でした。今回、さすがに骨折はないだろうと思うものの、痛み方が似ているので明日は病院に行く必要があるかも。

前回と今回、共通しているのは、両方ともサドルを一番高く上げた状態での転倒です。単なるアマチュアライダーの私には、サドルを上げた状態のライドは、とっさの反応が難しいようです。舗装路を走るとき以外は、サドルは下げておいた方がいいのかも…。体調が万全ではないときは、難易度が低い場所もそうではなくなることがあるので、走行を控えるべきだったともいえます。あるいは認めたくはないのですが、加齢による衰えで反応が鈍っている可能性もありますね。

けがをするたびに反省はしているものの、いつも繰り返しているあほな自分がいます。さすがに今回は利き腕なので、仕事上の影響もゼロではなさそうです。さすがに今日はへこんでいます。

4件のコメント

  1. あっちゃー・・・前回りですか。しかも肘の強打・・かなりイタイですね。
    相手がコンクリ破片ですから、大事を取られたほうが良いですね。

    ストロークの長いAMバイク、走破性はイイですが・・ちょっとした原因で
    バランスが崩れるケース、ありそうですねぇ。
    たまに階段下りでレフティが腰砕けっぽくなるので、ヒヤッとすることが多いような。
    (少し斜め方向にタイヤを弾かれると、バランスが崩れる傾向にある気がします・・)

    しかし・・流血がひどそうですね。(前回同様)どうか、ご自愛くださいませ。

  2. sadaさん。こんばんは。前回りしてしまいました。おっしゃるように前輪が草に隠れた小さく新しい切り株に引っかかって(と思われる)、右斜め方向に前転しました。現時点では血液と透明な体液が半々という感じで少しずつ流れています。

    前転は結構あるんですけど、今回は着地点にコンクリの塊があって右肘からもろ落ちました。そこそこスピードがあって、体制を立て直せず…。
    私の場合はSpicyのFOX VAN Rのほうがなぜか横方向へバランスを崩しての転倒率が高く、1回は骨折しているので、逆にLeftyの方になれてしまっているのかも(笑。ただ、急斜面だとLeftyは段差で「ぐにょっ」とつぶれた感じになり、確かに怖いこともありますね。FOX VANならボトムアウトなんかしませんからね。

    …ちょっとアマチュア愛好家としてのMTBの楽しみ方を根本的に考え直そうと思います(沈。

  3. おつかれさまでs・・・・あうう (ノД`)
    業務への差し支えが少ないようにお祈りします

    私は火傷を負ったほうの脚をつくと、確実に転倒すると確信をしていた頃のリハビリライドや
    林道ポタリングや近所駆けで、ちょっとヤンチャをしそうな際にはエルボーパッドを付けています
    (661やスピードスタッフなどの本気系ではなくて廉価なストリート用です)

  4. 赤が好きさん。こんばんは。

    骨折の時とは違って一晩中痛む、というようなこともなく、キーボード・タイピングでもほとんど痛みを感じないため、大丈夫のようです。

    まさかと思うような場所での転倒だったので(いつもそうかもしれませんが…)、心のどこかに油断があったのだと思います。

    生活に支障を来さないよう、楽しく乗り続けるためにはプロテクターを積極的に着用するなど、努力が必要ですね。

ただいまコメントは受け付けていません。