久々にフルストローク

雨上がりで完全にウェットなコンディションでしたが、少しだけ外出。今日はタイヤの減りが少ないLapierre Spicy号で出ました。

まだ違和感があります
まだ違和感があります

この周辺、練習に利用させていただくようになってからずっとうっそうとした地帯だったので、この見通しの良さには違和感があります。

路面が緩んでいるので、後輪がロックすることがないよう注意して走りました。

いつもは走れるレーンも池に
いつもは走れるレーンも池に
コーナリング練習
コーナリング練習

コーナリング練習は少し速度を落として、バイクを大きく倒さずに練習しましたが手前に見えるぬかるみの場所ではさすがにハンドルを取られることがありました。ここのところセミウェット〜ウエットで練習しているので、ある程度ドライなコンディションで練習したら多少上達しているのが分かるかもしれませんね。

年輪から33-34歳くらいか
年輪から33-34歳くらいか

この周辺一帯がすっきりしたことは先週も書きましたが、支障樹木に選定された樹木も多数伐採されています。上の写真の木の年輪を数えたところ33-34歳。ずいぶん前からここにいたんですね。今回は残念ながら伐採されてしまいましたけど、その分隣の木が成長していくのでしょう。お疲れ様でした。

オフキャンバーで滑り落ち
オフキャンバーで滑り落ち

今回の大規模伐採であらわになったオフキャンバーのスイッチバック。多分後輪が左側に見える斜めの根っこの上ですべったのでしょう。一緒に前輪まで持って行かれて、滑ってしまいました。右側に落ちると下のアスファルトまで転げ落ちること確実なのですが、うまく止まってくれて助かりました。でも、治りかけた左手首をまたひねってしまった…。

最後はジャンプ
最後はジャンプ

最後はジャンプです。思ったより深いところに進入してしまいましたが、無事に着地。前後160mmあるので、衝撃は全くなかったのですが、リアサスが見事にフルストロークしています。結構硬めに設定しているのですが、DHX Air 5.0はさすがに懐が深い感じがしました。

…明日であの日から1年。今週は関連番組を見たりしていましたが、なかなかがれきの撤去が進まないなどの状況がある中、地元の企業が頑張って雇用を増やしたり、企業が助け合っている姿などを見て、東北が復興に向かう力強さを感じました。同じ日本人として、今後も私たちにできることを協力していきたいと思います。