K Trail the Movie

日曜日に行ってきたトレイルをムービーにしました。記録映像なのでまたまた長尺ですが、自分の勉強用に使いたいと思います。

まずは午前に走ったTさんのホーム。

上り返しが多かったと記憶していたので、基本的にはサドルを上げたまま走りました。最初からフロントが「張った」ような印象で、根っこや岩で跳ねる印象を受けたので、最初の上りを終えたところでフロント・リアともに10psiくらいずつエアを抜きました。コンプレッション設定を弱めて走るとよく動く感じになり、若干接地感が増えましたが、フロントの2012 Leftyの路面追従性、接地感が今ひとつ。交換以来ずっとそうなんですけど、常にフロントに気を遣った走りになっていました。

手で押すと非常にスムースなフォークなんですが、根っことかに当たったとき、後輪荷重をしていると跳ね上がるし、前輪荷重をした状態では引っかかります。

コイルの2005 Leftyなら、ある程度縮んだ状態に衝撃が加わるとさらに縮んでくれますけど、2012 Leftyは少し縮んだ状態で衝撃を受けると、そこからの収縮の反応が遅れるような気がします。そして、速く跳ね返り始める…? 実際、普段の練習場所でも、2012にしてから前輪に荷重されやすい急斜面でフロントが引っかかるようになり、前転もしました。

専門のサービスでチューニングすれば、動きがスムースになり、リバウンドも効くようになると言いますが、私も試してみるべきでしょうか…?

こちらは昨年8月のライドで熱中症になりかけてダウンしたトレイルです。今回は再挑戦。

Contour HDの調子がおかしく、途中で操作音が鳴らなくなったりして、本当に取れているのか心配でした。あるいはスイッチを入れ忘れたりして、下り部分が撮影できていなかったりしました。

昨年夏は路面がぐちゃぐちゃな部分も多数ありましたが、今回は落ち葉が覆っていて土も引き締まっている感じで走りやすかったです。

それにしても前を走っているTさんがすごい。Chase Leftyもカッコイイですね。過去のMTBマガジンを見たら、軽量で丈夫なこのマシン、絶賛されていました。Leftyは換装したい、というインプレが大半だったような気がしましたが(笑。ほしくなりましたよ。探そうかな。