1週間たった今

現在、野沢ダウンヒルマラソンにて撮影したビデオを編集しています。
主な素材は、一緒に参加した友人たちを私の車載カメラから撮影したものなのですが、それを見ていて気づいたことがあります。それは10kmもの長いコースがよくメンテナンスをされていたな、ということです。

何もしていない状態では、おそらくこのコースは草が伸び放題になってしまうはずです。1年目の一番最初の試走で草の中を走り、ブラインドな水切りにはまっ てしまった記憶がありますが、1週間でもあの雑草達は相当伸びるはず。今回は1週間前の試走も前日の試走も快適に走れるだけの路面状況になっていました。 また、1週間前の試走ではさらに走りにくいポイントに手を入れるなどの工夫が見られ、より安全性が高められていました。

急斜面を含むあれほど長いコースでは、草刈りだけでもかなり大変だったはずです。大会日程の間は天気も悪かったですからね。試走でもレースでも、私はそれ を意識することもなく、ただ走ることだけを考えていたような気がします。しかし、冷静に試走ビデオを見直してみると、このレースの開催に実行委員会や現地 のボランティアの方などがどれほど労力を割いていたのだろうということに改めて気づかされます。

今年はレース後のアンケートがあって、私は終了直後に持っていたきわめて主観的な感想を書きました。私自身がこの大会そのものを楽しんだ、と言ってしまう と嘘になります。しかし、映像を第三者的に、客観的に見た今では、もうちょっと違った側面からの意見を書くことができたかも。

いまさらながらですが、改めて関係者のみなさま、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。