ちょっとショック

私は昨年10月にCannondaleのマウンテンバイクを購入したが、その際Hさんから、
「Cannondaleは四谷に専門店があるんですよ」
という話を聞いていたことを思い出した。

それで本日の夕方、そのお店、BiKitさんに寄ってみた。

Bikit

すごい。設置してあるのはすべてCannondaleのバイク。ロードバイクのSix13数台から、MTBでは新製品のProphet 600と2000が置いてある。Prophetについては普通のスポーツバイク店では見かけず、今回初めて実物を見ることができた。クロスカントリーレース用のScalpelも実物を見たのは初めてだが、写真でみるよりずっとかっこいい。
表には昨年の製品が置いてあったが、価格を見てびっくりした。2003年型の私のJekyll 500より1年新しい、グレードが上のJekyll 600は15万円台だったのだ(2004年は確か500はなかったと思うが)。定価は22万円を超えたはず。私は定価19万円台だったのを16万円台で購入したのだが…。私が購入したお店では、グレードが下の2004年型のJekyll 400が、19万円台(定価)だった。ちょっとだけ悔しい。
また、11日に山下りをしてきた私としては、よりフリーライド色の強いGeminiというバイクも非常に気になった。Geminiは2004年型が23万円台だった。
初めてスポーツバイクを購入しようという人でも、もっと低価格帯のバイクが置いてあったので、このお店、なかなか楽しめるかもしれない。

店員さんとは挨拶しかしていないが(ほかの人を接客していたので)、感じはとてもよかった。客に対する説明も非常に丁寧で。

Six13もProphetもGeminiもScalpelも、ぜーんぶほしい。宝くじ当たらないかな?