SCOTT RANSOM 40 + Selle Italia SLR Kit Carbonio

今回、野沢のダウンヒルマラソンに向けてSCOTT RANSOMに乗ることを決めたのですが、1週間前の試走時にProphetほどスムースに走れないことに気づき、急遽軽量化を図りました。

大会に向けての最後のパーツ交換になったのがサドルでした。Selle Italia SLR Kit Carbonio です。

ロード用に、緩衝材のついていないSLR Carbonを使っているのですが、普段着でも思ったよりお尻が痛くなく気に入っています。今回はMTB用なので緩衝材付きのSLRを第一候補として新宿のショップに向かいました。目的の135gのSLRがありましたが、その隣に2000円の差で、125gのSLR Kit Carbonioが…。レールがカーボンなのでこけたり、乗ったまま力をかけたりというのは怖いですが、そのデザインと軽さという魅力に負けてしまった。ついでに関連のお店でカーボンシートポストの31.6mm径が5000円程度で売っていたので、これも購入。ところが、RANSOMのシートポストは31.6mmより太かった! どうしよう。

とりあえずもともとついているシートポストにSLR Kit Carbonioを取り付けてみると、車重はやっぱり軽くなっていますが、メリットはそれだけではありませんでした。めちゃくちゃ乗り心地がいい! カバーも薄いのに。Prophetに取り付けているSpecialized Toupeも同じようなサドルですが、これは少しお尻が痛くなる。きっと私にはSLRシリーズの形状が合っているのでしょう。実際、野沢で乗ってみても、全く不満がないサドルでした。でも、MTBにカーボンレールはやりすぎ感があるかも。

この軽量化の恩恵を野沢で生かせなかったのは残念。バイクの軽量化と同時にさらなるコンディショニングが必要でした。

RANSOMは軽量化したとはいえ、やはり重いです。普段は軽量のProphetの方に乗ることが多いので、このサドルをProphetのほうに移すかもしれませんね。

野沢も終わったし、やはり2台の「オールマウンテン/フリーライド」バイクの維持管理はつらいかも。どちらかにまとめる必要を日に日に感じています…。