mavicのブースで見たもの

また富士見の話ですけど、食事を終えたあと目の前にあったmavicのブースに行ってみました。

ここにCROSSMAX STの20mmアクスルタイプのフロントホイールがありました。持ってみると、めちゃ軽! 私のLefty版と遜色はありません。

スタッフの方によると、「クイックタイプのものより部品点数が少ない分軽いですよ」とのこと。「SLRというラインナップはXC寄りのため、より多くの人のターゲット向けにSTを作ってあります。」といって、試乗ホイールを見せていただきましたが、なんとSTに2.5inchのMAXXIS HIGH ROLLERがついているんですよ。私のCannondale Judgeに履かせているのと同じです。「推奨は2.3inchまでですので、これがいい組み合わせだとはいえないけども、十分に耐えられますよ」とのことでSTのすごさをかいま見ました。この軽さと剛性と2.5inchでも使用可能な懐の深さ。RANSOM用に欲しくなってしまいました。

Nさんは別のところに注目してました。ロード用のホイールの新製品、R-Sys です。彼はロードバイクを持っているので、レースに出るときのことを想定してカーボンホイールがほしいと考えているようです。しかし、この R-Sys はスポークがカーボンでリムはアルミ。カーボンホイールほどではありませんが、Ksyrium SL Premium より軽いんですね。

何よりすごいのが横剛性だそうです。詳しいスペックは R-Sys を見ていただいたほうがいいかもしれないです。それだけ剛性があるのにテンションは低いという不思議な設定。Mavicのスタッフの方もロードの方ですが、フランスから初めて届いて乗ってみたとき、過去に経験したことがない感触を覚えたそうです。普段乗ることを考えれば高価なカーボンホイールよりこっちのほうがいいような気がしてきた。今乗っているカーボンリムは、どうしてもブレーキ設定とかけ方がシビアになってしまいますからね。

私の場合はとりあえず、CROSSMAX STの20mmアクスルタイプ が欲しくなってしまいました。でももう予算なし。