山の天気は変わりやすく

本日は朝からNさんと富士見パノラマスキー場に出かけました。

しかし、のっけから渋滞が!! 帰省に当たっちゃったかな?

7:30すぎの出発だったのですが、到着は12:00少し前。到着するとゲレンデで芝スラロームの大会やってました。有名選手の走りも見られて、面白かったです。

食事をとって、Mavicのテントに行って、ロードバイクの新製品ホイールに感心したあと、Cannondale Judge用のグリップエンドを bgh で購入。残念ながら分厚いJudgeのハンドルには合わず、Prophetについていたグリップエンドと交換することになってしまいました。

このころ富士見パノラマには雷雲が近づいてきていて、ゴンドラはストップしてました。そのうち雷雨に。もうすぐ目の前に楽々しているので怖くなって建物に逃げ込みました。

建物の中には以前一緒に走らせていただいたaさんたちがいました。「私たちもこんなの初めてで」というので、ここまですごいのは珍しいのかもしれませんね。

私たちはあきらめて、東京に戻ることにしました。富士見に来ていながら一度も降りることなく帰るというのは初めてでしたね。Nさんが万全なら、天候がある程度回復したあと雨の中を、という考えもあったのですが、骨折が回復したばかりで(まだ1ヶ月半程度)転倒が許されないと思われたので、私の自宅近くの公園に場所を移したのです。

暗くなりかけてましたが、神社の裏側の崖と公園を走りました。最近は崖降りもいくつかのパターンがあるのですが、現在開拓済みのショートコース? をNさんはすべて一発でクリア。私も降りる決心をするのに何分もかかったのに。技術もある程度は必要ですが、なによりあそこは「勇気」だと思います。上から見たら一番ゆるめなところでも下の写真みたいな斜度なので、慣れてる人にとってはさほどではなくても、特に初めての人はちょっと腰が引けると思います。

とにかく、まだ痛みが残る状態ですごいと思いました。

Nさんは公園でのトレーニングはとても気に入ったようでした。普段の練習としては、遠出するよりこちらのほうがいいと。

富士見では走れなかったけど、短時間の公園練習は結構ハードでした。特に富士見のつもりで私はJudgeでしたから、重くて大変。明日と来週末はまたこの公園周辺で練習することにします。