起こるべくして起こった事故

1日、まだ私たちは鹿児島にいましたが、私たちが住むごく近くの交差点で、信号無視をした自転車が横断歩道を横切り、横断歩道を同じく自転車でわたっていた女性にぶつけて死亡させるという痛ましい事故が起きました。

私もこの周辺の横断歩道をわたるのですが、車道側が赤信号になっているのにも関わらず平気で横切る自転車のなんと多いことか。どうも、「自転車は赤信号を無視しても問題ない」という意識がとても強いように感じています。正直に言うと、何度そういう自転車を怒鳴りつけたか、数えきれません。しかし、そういうことをして「危険である」ということもわからないような浅はかな人たちですから、いったんは驚いても謝りもせずすぐに立ち去ってしまう。

この横断歩道は通学路になっていて、小・中・高校生が渡っています。実際、誰がそういう事故に遭遇してもおかしくなく、非常に危険な状態にあります。

新宿などを走っているときにも、こういう信号無視や車道逆走をしている自転車をよく見かけます。しかし、とんでもないと思うのは近くに交番があって、警察が立っていたり自転車に乗って巡回しているにも関わらず注意しないのを何回も見かけたことです。私自身に迷惑が及ぶ場合は必ず違反者に注意をしますが、警察にもアピールすべきだったかもしれません。

こういうことは、一人一人が常に問題意識を持って取り組まないと、解決しません。このブログを読まれた方はもちろん、周囲にもぜひアピールしていただきたいです。それが今回のような予防可能な事故を少しでも減らすことにつながれば、と思います。