図解雑学 からだの不思議

見開きで一つの項目を解説するタイプの、一般向けに解剖生理を紹介する書籍です。
左側のページに解説、右側に図解という感じですね。簡単でわかりやすいのですが、用語などはきちんと解説されています。
私は骨格系、筋系については詳しいのですが、それ以外の部分は少々弱いのですが、この書籍は神経系や内臓系とか、私が苦手とする内分泌系なども網羅されているので、私の備忘録のような役割を果たしてくれています。