パートナーストレッチング スポーツ編—パフォーマンス向上に役立つ

 パートナーをつけて行うストレッチングです。受動的に筋肉を伸ばす方法なので、パッシブ・ストレッチングと呼ばれることもあります。
「スポーツ偏」と銘打たれているだけあり、いくつかのスポーツ種目向けのサンプルプログラムが紹介されています。紹介されている種目の説明は簡潔でわかりやすく、また種目そのものの難易度もさほど高くはありません。一般の学校の部活動のストレッチング・テキストとして使えるのではないでしょうか? ただし、首や肩、股関節など比較的デリケートな部分の筋肉を伸ばす種目では十分な注意が必要です。誤った力の加え方でかえってケガをする可能性もあるからです。
 昔、私自身も学校の部活動でストレッチングはかなり時間をかけて行いました。その中にはパートナー・ストレッチングも含まれていました。しかし、その方法はこの書籍で紹介されているようなものではなく、その部活動で伝統的に行われているものであったり、試行錯誤の後に取り入れられたものであったりしたため、たぶんに危険なものでした。私はその方法でたまたま良くなったからよかったものの、もともとからだが堅くて無理矢理伸ばされていた部員は股関節を痛め、それがまたなかなか治らずにかえって関節の可動域の制限を高めてしまっていました。そのころに、こんな本があればよかったのですが…。