ニセモノダイエットVSホンモノダイエット

 減量、ダイエットというと数年おきに何らかのブームがあって、落ち着く、ということを繰り返します。その中にはあまりにも根拠が薄かったり、本当に根拠がなかったりするものも多く、仮に根拠があるものであっても、それが過大に喧伝されているだけ、ということも多いですね。
 この書籍では著者の野中医師が単品摂取系のダイエットや軽すぎる運動による減量、奇想天外なダイエット法などについて、「ニセモノダイエット」としてばっさり切り捨てています。
 それに対して著者が挙げるのは、正しい栄養学・食事学の知見に基づいた食事や、持久力運動と筋力運動を組み合わせたホーリスティックな運動プログラム。著者ご自身がボディビルの大会に出場した経験もお持ちのようなので、決して机上の理論だけに基づくものではないという頼もしさを感じることができます。

 もちろん、これらは減量に関する基本的で正しい情報を紹介するものであり、減量のための具体的なプログラムを提供するものではありません。具体的な食事の取り方、持久力運動、筋力トレーニングの具体的な負荷・頻度・期間などの設定については、やはりそれぞれの専門書が必要になるでしょう。