ドラゴン怒りの鉄拳 デジタル・リマスター版

 この作品もビデオテープ、LD、DVDといったいいくつ持っていることやら…。このDVDが発売される数年前に出たもので初めて音声がDTS、DOLBY DIGITAL化され、感動していたことをおぼえていますが、残念ながらスクイーズ記録ではないため、画質的には今ひとつでした。今回のデジタル・リマスター版で、私のMacで見てもワイドTVで見ても、画像がかなりきめ細かくなっていることが確認できました。
 私は、ブルース・リーのアクションについてはこの映画が最も迫力に満ちているかな、と思っています。また、極端に体脂肪が少ない後期の映画より、筋肉量も多い感じがするのも私にとってはGOOD!

 ただ、言い古されたことですが、悪役の日本人たちが全員袴を逆さまにはいているのはどうにも違和感があります。日本人の俳優さんも出演されているのですが、本当、何とかならなかったものでしょうか。彼らの話だと、現地の人間は「絶対(逆さが)正しいんだ!」と譲らず、あの格好をせざるを得なかったとか。