格闘ボディのつくり方—戦うための肉体鍛練最強術!

 私がICOを始めたばかりのころだったと思います。ある出版社の方から問い合わせがあり、格闘技関連とエクササイズを結びつけたような書籍を書いてみないか、という話がありました。そのときの担当者が参考として持ってきたのがこの『格闘ボディのつくり方』でした。このムックをリスペクトした上で、よりおもしろい本を考えようというのです。このときの話は残念ながら企画倒れに終わりましたが、その後宝島ムックから出た『ほしい体が手に入る本』などはまさに、同じようなコンセプトで出た本だと思います。
 ところで、この『格闘ボディのつくり方』は、日本の書籍としては初めてといっていい、ブルース・リーのトレーニングに関する全体像が収録されたものでした。高弟のダニー・イノサント氏が、当時のブルースのトレーニングを語り、ところどころ再現しています。1960年代にはすでにチューブトレーニングを格闘技のトレーニングに採り入れたりしていたこと、ランニングはそれまで日本で知られていたエピソードとは異なり、必ずしも毎日ではなかったことなど、とても読み応えがありました。
 上記の出版の話が来たとき、私自身この書籍の存在を知っていたのですが、タイミングが悪くどうしても入手できないような状況にありました。そんな中、担当者が持ってきた実物をみるとほしくてほしくてたまらなくなり…。どこでどのようにして集めたのか、いまでは改訂版も含め、3冊を所持しています。