超スロー

昨日から今日にかけてさんざんガッカリしています。もう日本は壊滅状態ではないかと。何に対しても国際的に弱い日本にしてしまったのは必ずしも政治家のせいではないですけど、国が迷走するのはそのリーダーに求心力がないから、ということもいえると思います。今回も国を守るための判断なども働いたのでしょうが、ダメージ大きすぎです。はぁ…。ため息しか出ません。

そういう私もやらなきゃいけないことが山積しているのですが、なかなか進みません。それでも、沈んでばかりではだめで、今日みたいな自転車日和は外に出ないと。というわけで少しですけど出てきました。8月みたいに思いきり外で遊びたいところなんですけどね。

いつもの斜面
いつもの斜面

今日はステムを100mm 5°に入れ替えたProphet号です。いつもの斜面に行く途中、MTBerさんとすれ違いました。スペシャの新しい型のバイクに見えましたが、デザインが格好良かったです。対向車だったので、挨拶を交わしただけでしたが、じっくり見せてもらえばよかったかな。

斜面は昨日の雨の影響で途中に数カ所ある根っこも濡れていました。

ここのところサドルを下げないで練習していますが、このあとに練習した一番斜度がある段差で、その着地後に停まりきれずProphet号だけ転倒。やはりこのサドルの高さだと足つきがよくないので。それに今日は土が軟らかすぎ。なので今日はここで打ち止め。

左ハンドル・ブレーキは土に埋没
左ハンドル・ブレーキは土に埋没
テーブルトップ
テーブルトップ

テーブルトップも最近の練習ルーティンに入っています。私の場合はそんなに高く飛ばないので(飛べないので…)、このようにサドルを上げたままでも楽しめます。

登りの練習
登りの練習。奥の丘に見えるProphetの影がきれいでした。

今日はステムも長くなって下がっていたし、スイングアームの設定がXCポジションのままなので、ちょっと登りの練習もしてみました。

Prophet号の奥に見える坂を登ります
Prophet号の奥に見える坂を登ります

といっても、↑に見えるように短い坂ですので、登っては下りての繰り返し。入り口に根っこの段差があるので、それを乗り越えてこの位置まで登ってくる形になります。Prophet号はXCポジションなので、FRポジションのときより明らかに後輪にトラクションがかかりますが、途中斜度がかなり強くなるので、最初の試行では滑って失敗しました。スピードを付けて進入すると前半の勢いで登れてしまうので、最初から最後まで一定のペースで登ります。うまく登れてもペダリングのたびに前輪が浮き上がります。でもまあ、これくらい登れれば里山の登り返しの乗車率は高くなりそうな気がしました。FRポジションだとどうしても登りが不安定になるので、登り下りが繰り返される里山はこのポジションのほうがいいかも。次回はこのポジションをためしてみようかと思います。

ステム換装
ステム換装

今日のステムは100mm 5°。角度は小さいのですけど、長さがあるので結構高さはありますね。

下向きに付けてもいいかも
下向きに付けてもいいかも

下向きに付けてもLefty Maxとのクリアランスは取れそうですが、バイクの性格を考えて思いとどまっています。ちょっと長いので、奧さんのRush号から90mmをもらおうかと思います。奧さんのに、最近までProphet号が付けていたXC3を付ければいいかな。90mmだと、そのXC3と同じなので、8月までの乗り味とかなり近くなるでしょう。

今まで気づかなかった緑地
今まで気づかなかった緑地

普段走っているフィールドのすぐ近くにこんな緑地公園がありました。昨年認可された東京都の公園事業で、川の周りが少しずつ公園になっていくようです。これから徐々に、周辺住民の方が移転されていくのでしょうか。毎年のように溢水が発生する場所なので、護岸工事や公園の親水化も進んでいます。

親水化区域はまだ入ることができません
親水化区域はまだ入ることができません

こちらは親水化された公園で、完成してからすでに何回か水没していますけど、一般の人はまだ入ることができません。まだ警報ブザーなどが準備できていないのがその理由だそうです。また、奥に見える下流のほうでも、桜の枝を全部取り払ってしまって工事を行っています。毎年桜の季節の次は鯉のぼりがかけられていて、すごく好きだったんですけどね。

サドルが若干前上がりになっています。先日、着地の失敗でこうなってしまったのですがそのままでした。基本、常設のダウンヒルコースでもう少し前上がりにするくらいで、普段乗るときは水平にします。このシートポストは台座までカーボンで、ちょっとバカになってきているみたいで、すぐにサドルの角度がこのように変わってしまいます。そろそろ、シートポストも交換しなければいけないかも。

ポタリングが終わってみたら、走行時の平均時速は10km。仕事も超スローだけど、ポタリングも超スローだ。

それにしてもcanon IXY Digital 50、昨年モデルのRICOH CX1より気に入った画像が撮れます。RICOHは私はもう長く使っていなくて、奧さんや子供が使っています。