Cannondale Raven

 Cannondale RIZE Carbonで思い出したのですが…。Cannondale MTBのカーボンモデルといえばRavenという2000年頃のモデルがあります。現在ロードバイクのフレームがカーボン花盛りなのは知ってますが、当時のMTBでカーボン素材を使っていたというのはなかなかすごいことのような気がします。
 私はオークションなどで存在は知っていたのですが、実車は見たことがありませんでした。また、あの独特の形状がちょっと気持ち悪くて、そんなに好きでもありませんでした。

 しかし、数日前に赤坂周辺を走っていると私の前にLeftyを装備したバイクが私の前で信号待ちをしているのを見つけました。「オッ、この人もキャノンデール」と思って近づくと、Ravenではありませんか。独特と思われた形状も、実車を見ると意外にカッコイイものです。外国の方かな? 身長が高い人が乗っていました。すぐに信号が変わって、私と同等の速度域で走っていたためその後、追いついたり声をかけたりはできませんでしたが、かなりかっこよく感じました。新しいバイクもいいですが、古いバイクを大事に乗り続けることもカッコイイことだと思います。私もProphetにはかなり手を入れていますが、あのRavenの人のように長く乗り続けてみたいですね。

 下記に1999年モデルのRaven IIのイメージがあります。

http://www.cannondalecommunity.com/default.asp?item=272389

 昨年どこかの自転車展で公開されたLeftyならぬ”Righty”モデルの折り畳みバイクの制作を紹介したものだと思いますが、Cannondaleはとても面白いバイクを作るブランドですね。