野沢温泉スキー場 マウンテンバイクコース -動画編-

金曜日で、「週刊コミックバンチ」が終了しました。一応休刊ということですが、新潮社の「月刊@バンチ」とコアミックス側の「月刊コミックゼノン」に分かれて復活するようです。創刊以来買い損ねたのは3回くらいで、ほとんど読んでいましたからすごく寂しくなります。

最初は北条司先生の「エンジェル・ハート」を読みたくて買ったわけですが、最近は「コンシェルジュ」「マイガール」「離婚同居」、そして「片桐くん家に猫がいる」あたりを読むために買い続けていたような感じでした。妻は「エンジェル・ハート」以外にはあまり興味がなかったようですが、それ以外では「コンシェルジュ」は別格だったようです。夫婦で共通していたのは「時代劇、大杉」。「北斗の拳外伝、大杉」かな。特に時代劇は主役が魅力的な「蝶獣戯譚」以外は流し読みかスルーでした。

今回の「コミックバンチ」終了に合わせて、いろんな漫画が急転直下で終了を迎えてしまいました。正直、残念きわまりない。「エンジェル・ハート」は「コミックゼノン」で、「片桐くん家に猫がいる」は「@バンチ」にて継続するようですが、それ以外の好きだった漫画は一応、終了です。

上記以外で最近気になり始めていた「ウロボロス」、「BTOOOM!」は「@バンチ」で継続、「裁判長! ここは懲役4年でどうすか」は移転先はわかりませんが、再開されるようです。コミックバンチの最終刊に告知漫画が載るくらいなので、新潮社系かな? でも、そんなに何冊も買えないですね。「コンシェルジュ」がどこかに移転するなら、その雑誌を買いますが、一応「終わり」扱いになっちゃってます。緻密なストーリーに加えて、完成度の高い作画も最高でした。なんとか、どこかで継続してくれないかな? 奥さんは「買うなら『エンジェル・ハート」が載っているほうにして」、みたいなことを言っていましたが…。

「エンジェル・ハート」については、北条司先生の公式サイトを見ると、なんだか嫌な告知ムービーが…。「エンジェル・ハート」では槇村香がいきなりこの世の人ではなくなっていて、かなりの衝撃を受けたものですが、これで冴羽 獠ちゃんなんかが死んじゃった日には読む気も失せます。「コミックバンチ」の終盤では、獠ちゃんの出番は減っていたけど、私が思うに主役の香瑩ちゃんは、獠ちゃんが一緒に出演すると完全に食われてしまっていました。獠ちゃんはあまりにもの存在感がありすぎなのです。香瑩ちゃんを活かすためには獠ちゃんは邪魔なのかもしれませんけどね…。まあ、毎号買ってまでは読もうとは思わない。奥さんには悪いけど。獠ちゃんに活躍の余地があるなら、考えます。

でも、月刊漫画なんて、「冒険王」以来買っていないですよ! 月刊だと、先月までのストーリーなんて覚えていないかも。たぶん。子どもの頃は脳がまだ優れていたから、月刊でも良かったんでしょうけどね。

さて。本題。今回もTさんから動画ファイルを提供していただきましたので、載せておきます。

↑の動画は2本目の下りです。先行する私をTさんが追いかけてくれています。やはり新しいFOX FORX 32 FLOAT FIT RLC 150mm / 2011はその性能がいいのか、前回の富士見と比べて揺れが少ないように感じますね!
1回目はインスペクションでゆっくり走ったので、2本目は私にしては結構速く走ったつもりですが、2回目の転倒で右大腿部の付け根を強く打ち、そのあとはちょっと転倒を恐れたライドっぽくなってしまっています。急斜面の最後では押しを入れてしまいましたしね。
Ransom号 + VANは確実に性能が上がっていましたよ。長い下りでは富士見のときより速度を上げましたが安定していましたしね。でも、白鳥のときみたいに、レーシーな乗り方は出来ませんでした。このコースでは、私にはRansom号はちょっと重い感じがします。

2本目の前半部分は、2005年のレースと似たコース選択となりました。このため、非常に長い舗装路の下りが含まれるのですが、動画から割愛しました。後半部分はたぶん2006年か2007年に「上級者」コースとして使われた急斜面が含まれています。

本当はクラッシュしたあとの映像をもう少し残したかったんですけど、15分に収まりそうになかったので、ギリギリまでカットしました。でも、一番最後のパートなどは、ちょっと休憩シーンが残っていました。あとでクラッシュシーンだけ集めて編集しようかな(笑。

そして、↑の動画が3本目。ここでProphet号に切り替えました。TALE to NOSEを目指して走ったつもりでしたが、残念ながら結構離れています(苦笑。でもこれ以上近づくことは私の技能ではちょっと難しくて危ないですね。Tさんが撮ったほうの動画は「ここは近づいて。ここでは一気に詰まりそうだから離れて」という判断が随所に見られ、結構余裕があったんじゃないかな、と思います。私は、というと、高速パートは余裕がありましたけど、シングルトラックや細い通路などでは全く余裕がありませんでした。それが数回の転倒につながったのだと思います。

2回目の転倒で、カメラが下を向いたままになっていました。オフキャンバー以降なので、どうせついて行けてなかった部分ではあるのですが、このパートでほとんどTさんが写っていないのが残念でした。しかし、その代わり、Leftyがずっと写っていて、いい宣伝になっているかも(苦笑。

2本目の動画とは違ったコース選択をしています。前半は今回のライドで初めて走ったコースを選択しました。後半の極端な急斜面部分は、2005から一貫して迂回コースとして使われた部分を選択しています。

4本目以降はGoPro HDの電池が切れて撮影できなかったわけですが、5本目のTさんはさらに速かったと思います。Ransom号でコンフォートに乗ったこともありますが、ついて行くのは途中であきらめたほどの速さでした。仮に前半部分でも、より速いProphet号を使ったとしてもついて行くのは厳しかったでしょう。でも、あの飛ぶようなライドは一部分でも収めておきたかった! ダウンヒルマラソンのレースだと、きっといい成績を収められると思いますよ。

Prophet号はシングルトラックとか、比較的単純な高速パートだと、Ransom号より速い感じがしました。Ransom号はダートでは50km/hをそんなに超えていないと思いますが、Prophet号は、少し離れたTさんとの差を詰める際など、軽く50km/hオーバーです。最高速も、Prophet号は60km/h近く出ていましたよ。4本目では不器用な私でも車体を中に浮かせながら方向を左右に切り替えていました。いいバイクです。

逆に、後半の斜度が強いオフキャンバーと登りについてはRansom号の勝ちでした。オフキャンバーについては、Prophet号のタイヤがそれなりのものであれば、逆転していたかもしれません。しかし、登りの性能だけはいかんともしがたいです。Prophet号は後輪が何回も滑ったあげくに止まってしまうわけですが、Ransom号だとそれがもう、全くないわけですよ。両方とも可変サドルを持って行って、トップより10mm下げた状態で乗っていたわけですが、それでもRansom号は上れる。処分したものについて今更いってもなんですが、Rize号が残っていれば、Prophetなみの取り回しとRansom号をしのぐ登りで、最高のバランスを持っていたのかもしれません。Prophetで登り切るためには、登りとペダリングの技能を磨かないと、難しいと思いました。

今回はちょっと悔しいライドでしたので、来年ももう一度行きたい、そんな気がします。

8件のコメント

  1. FOX FORX 32 FLOAT の路面追従性は素晴らしいですね。カシマコートのおかげで動きがスムースに動いてるのが分ります。
    FOXに萌えですね。
    本気で使えるフルサスマシン欲しくなってきました。

  2. 弐の槍さん。こんにちは。
    新FLOAT、良さそうでしたよ。とても軽いし!
    VAN + 富士見の映像で振動が激しかったのは、おそらくタイヤがトレイル系の2.1インチに4barの空気圧だったことも大きいのではないでしょうか?
    今回はFLOATに加えてボントレガーのD系の太めのタイヤを選んで(2.35くらいかな?)、2bar強程度に設定していたのも併せて効果的だったのかもしれません。
    Ransom + VANもとても良かったです。
    Prophet号は白鳥のときもそうでしたが、このようなコースではもうちょっとD系寄りのチョイスが必要ですね。今回はパンクを恐れて空気圧が2bar強だったのも、後半を走りにくくした大きな原因だったと思います。
    白鳥のときは2barか2bar弱でした。

    > 本気で使えるフルサスマシン
    私も、体を鍛えるためにフルリジッドを、できればCannondaleのアノ輝くフレームの…(自粛

  3. またまたフィールド中継? 楽しませていただきました。
    2つ目の動画は見慣れたハンドル周り(レフティ)だったので、
    なぜか? 親近感とか、湧きましたけど・・(笑。
    フル装備でのライドだと思いますが、漕ぎや押しも入ると大変なのでは? 
    かすかに息遣いも入っていますし、暑い中お疲れ様でした。

    しかし、良い時代になったものですねぇ。その道のプロでなくとも、
    こうしてキレイな動画が撮れる・・・。
    ちょっと使い道が逸れますが、クルマの助手席に付けても面白そうな・・。
    (鼻先につけたら、もっと面白そう・・あ、ソレはダメか。)

  4. sadaさん。こんばんは!

    > 見慣れたハンドル周り(レフティ)
    今回は、Lefty Maxの動きも一緒に記録してみたかったので、私の撮影担当の回とProphet号の出陣を合わせてみました。
    実際に乗っていてハンドル周りの軽さと取り回しの良さを感じますけど、この動画で結構雰囲気がつかめるのではないでしょうか?
    sadaさんはもうLefty Maxに乗っているので、体感ムービー的な鑑賞が出来そうですね(笑。

    > フル装備でのライド
    1-4本目まではボディプロテクターは装着していませんでした。
    動画のときもエルボー、ニーシンプロテクターのみです。
    熱中症を起こしそうで(苦笑。
    ただ、何度もクラッシュしたし、4回目終了時点で両肩とも打撲していたので、5回目のみボディプロテクターを付けました。

    > こうしてキレイな動画が撮れる
    ですねぇ。原本はもっと綺麗で、使えそうなヤツをそのまま上げてみたいくらいです。
    どうもiMovieの出力時に細部がつぶれた映像になるみたいですね。

    > 鼻先につけたら、
    も、ものすごくリアルな目線ムービーが撮れそうですが…フガフガとうるさいでしょうね(苦笑。

  5. はじめましてhanchouです。
    ナカダ~さん経由でちょくちょく拝見させていただいておりました。

    動画きれいですね!

    これからもちょいちょいお邪魔させていただきます。

  6. hanchouさん。こんにちは!
    コメントありがとうございます。

    映像はMacのiMovieの標準的な設定で出力しているのですけど、かなりダウングレードしています。
    原版はもっと動きがスムースでリアルですよ。
    私もGoPro HD買おうかと思っているところです。

  7. 最近雑誌の休刊って多いですね。。デジタルの良さもありますが
    アナログな手に取れる本の良さもありますので何だか寂しいですね。

    動画楽しませて頂きました。富士見パノラマともまた違った
    楽しさがあるコースでいいですね。サスの性能がいいと安心して
    楽しめますね。流石Fox Forx。

  8. hw875さん。こんにちは。

    今回のコミックバンチは創刊号から買い続けていたことと、「コンシェルジュ」「マイ・ガール」など、好きだった漫画が終了してしまったことがとても残念でした。

    野沢温泉スキー場は2年ぶりでしたけど、とても楽しいコースに仕上がっていました。

    Prophetフレーム、およびLefty Maxのスペアが欲しい、なんて思っています。
    軽量の2010 Lefty Max PBRでいいと思っていましたが、Lefty Max FOX RLCタイプも気になり始めました。
    やはりFOX FORXはいいと思います。
    でも、Lefty高いですね。
    最新の2011カシマコート + 前輪でも同じくらいの価格になりそう…。

    そういえば、私もPowerShot S95、気になっています。こちらもコンデジとは思えない画質で。
    ただ、画質はGF1に任せて、10倍ズームのあるIXY 50Sが、CX1の置き換えにできそうな感じで気になっています。

コメントは受け付けていません。