やはりGOBIを借りるか…

 Specialized Toupe Teamは基本的にロード用の軽量サドルですが、里山を走るには特に問題はありませんでした。あまり座ることがないからでしょうかね。登るときもかなりペダルに力が入っているから、サドルに体重をどっしりかけることがありませんし。
 このToupeをProphetに装着して利用してきたわけですが、このProphetは頻繁に都内の移動に使っています。それで感じたのはやはりこのサドルではお尻がかなり痛いということ。長時間平地を走るような利用法だと、どうしてもサドルに体重をかけて軽くペダリングしている時間が長くなりますからね。Toupeの場合は、以前GOBIで長時間走った場合に感じたしびれるような違和感ではなく、固いものに座骨が触れる感じですね。表面が比較的固いためか、お尻の固定も弱いような気がします。
 このサドルは前傾がきついロードバイクに装着するとおそらくもっといい感触を得られるのかもしれませんが、Prophetのようにサイズが小さめのMTBではかなり上体が起きて骨盤が立ち、かつ上半身の重みが座骨に集中しやすくなるのです。
 そこで今日は完成車に付属してきたfi’zi:k plateauに付け替えてみました。これはかなりコンフォートなので、痛みを感じることはほとんどありません。でも、現在の軽量化が進んだProphetのシルエットにあまり溶け込まないんですよね。
 こんなわけで、さらにfi’zi:k gobiに変更してみました。Cannondaleというとfi’zi:kというイメージが私にはあるのですが、やはりしっくりきます。

 代わりにSpecialized Toupe TeamをCannondale Judge DH Replicaに装着してみたのですが、これはこれでものすごく違和感がありますね。まあ、こちらはしばらくは使わないので、しばらくgobiはProphet用に借りておくことにします。