Intego Virus Barrier X6 その後

Macといえども単なるコンピュータ。特に私の場合は仕事にも使っているのでセキュリティ対策は必須です。そこで、自宅設置のiMacとMacBook Pro 17”にインストールしているのがIntegoの製品です。

MacBook Pro 17”はほとんど使っていないため現象を確認していないのですが、iMacのほうでIntego Virus Barrier X5やX6をインストールした状態だと、スリープ復帰後にiMacがスローダウンもしくはまれにフリーズするという現象が頻繁に起こるようになりました。この問題と対処法については、別のエントリで報告したとおりです。

しかし、残念ながら私の環境においては、上記のエントリで紹介した方法では解決しませんでした。

ですので、改めてIntego社様のサポートに報告したところ、別のダンプを取って欲しいという返事をいただきました。その対応をとろうかと考えていた矢先、改めてメールが来て、「最新のVirusBarrier X6 10.6.7にアップデートして、状況を確認してほしい」という旨の内容でした。なにか修正されたようです。

実はこのアップデート自体でトラブルが起こって大変だったのですが、マシンを再起動してみたりするうちになんとかアップデートが可能になりました。

この新しいバージョンでの運用を試しているのですが、本日立ち上げたままのiMacから数回スリープ復帰していますが、今のところスローダウンが起こりません。最新のスローダウンは、スリープ中にUSB接続でカメラをつなげてApetureを立ち上げたときに起こったので、今回もそれを試してみたのですが、スローダウンしませんでした。

あと数日試してスローダウンが発生しなければおそらく最新のVirusBarrier X6 10.6.7ではこの問題が解決していると思われます。これで再現しなければ、サポートの方にフィードバックしたいと思っています。

VirusBarrierは少し高価なのですが、今回サポート体制の厚さにかなり感動しました。

今回サポートを依頼したのは夜中だったり休日だったりしたのに、レスポンスが数時間のうちに行われた、ということが大きいです。私のようなSOHO的ビジネスであれば、十分すぎるくらいのサポートであると思います。これで問題がなければ、今後はIntego社のソフトへの置き換えを検討していこうと考えます。