楽しいダウンヒル

約1年ぶりに富士見パノラマに行ってきました。昨日の予定ではCannondale Prophet号とScott Ransom号の2台を持って行くつもりでしたが、3台だと車の荷室がギリギリになりそうでしたので、昨年持って行ったProphet号は残し、今年はRansom号だけを持って行くことにしました。

Tさんはブレーキの調子がおかしくなったようで、エア抜きを優先したため、ほとんど普段乗りの状態で持ってきたみたいです。

私はDH用にフルフェイス(Parachuteなので本格的DH用ではないですが)、ボディプロテクター、前腕・膝・すねプロテクターの完全防御。でも、あまりにも暑すぎてちょっと体温が上がりすぎてしまいました。

ゴンドラの中で
ゴンドラの中で

1回目はCコース。1年ぶりなので軽く流しましたが、中盤まではほぼドライ。TさんのEnduro号はタイヤが2.1インチのトレイルタイヤのままだったそうで、流れるバイクに苦労したようです。Ransom号は富士見走行に向けての設定をしていったので、ほぼダウンヒルバイク的で、後半の濡れた路面でドライタイヤのKENDA BLUE GROOVEがツルツルに滑る以外は特に問題なかったです。駐輪スペースをみると、今日はNEVEGALを履いていた人が多かったみたいです。

2回目もCコース。今度はブレーキもかけずに疾走。Tさんの計測では最大時速43.xkm/hだったそうです。それにしても道幅が狭くコーナーが多いCコースでよくそんなスピードが出たなあ、と思います。それにスピードを出すようになると気になるのが路面。途中ガレガレの区間があって、ここなんかは子供の頭大の大きさの石がゴロゴロしています。高速になるとそういうものをかわせず突っ込むことがあって時々どきっとしました。私のタイヤならまだしも、Tさんのタイヤは2.1inchしかない軽量タイヤなので、かなり不安定だったとのこと。でも、同じスピードで下りてくるのだからスゴイです。

午前中に2本終えて食事。

SCOTT RANSOM号
SCOTT RANSOM号

普段は夏野菜カレーを大盛りで食べるのですが、あまりの暑さにへばってしまい、ざるうどんを食べるのが精一杯でした。いつものようにソフトクリームを食べる食欲もありませんでした。

3本目。アプローチのところまでですけど、バイク交換してみました。Enduro号はタイヤがちょっと固い感じがしたものの、コギが軽くてサスペンションもモチモチしていたので悪い感じではなかったです。Prophet号みたいな感じですね。Ransomはやはりフロントサスペンションが弱く、ここに170mmくらいのゴツイやつをインストールできたら、Judge号には敵わないものの、近いバイクになるんじゃあないかなあ、と思いました。でも165mmのリアサスは余裕があり、ダウンヒルバイクなみでしたよ。

そして今回はBコースへ。昨年Prophet号で走った時はあまり段差を感じなかったのですが、Ransom号で走ってみると、「なんですか?コレは」状態。30cmくらいの段差の連続だと思っていたら、なんか50cmくらいは普通で、着地点までの高さがRansom号のサドルの高さ程度になりそうな段差がざらにありましたよ。迂回しなかったからでしょうか? それに斜度もありますし、轍でV字に掘られているし。途中でスタッフの方が修復作業を行っていましたが、この斜度が続くBコースはメンテナンスが大変なのでしょう。一度Cにもつながる子供の頭大の石がゴロゴロのガレ場に高速で下りるとき、誤って道のサイドのギリギリのところの大きな段差に飛び込んでしまいました。今日一番危なかった瞬間だったかも。

後半になると疲れて前輪がだんだん持ち上がらなくなってきてしまいました。腕が上がってきてしまって、100m下りたら止まる状態が続くようになったので、後半のツルツルセクションはTさんに先に行ってもらいました。ツルツルセクションはTさんに付いていくのは難しいです。

昨年Prophet号で上から下まで下りたときとは全然印象が違いました。あのときはほぼ休みなしでいきましたし。ここは軽いバイクがいいみたい。でも、疲れはしますが好きですね。Bコース。

最後の4本目はCコース。いよいよ熱中症っぽくなってきたので、ついにボディプロテクターを脱ぎました。これだけでかなり涼しい感じがしましたよ。今日はAコースは行きませんでした。最初のほうにあるドロップが今日はふさがっていなかったので、ちょっと下りてみたい気もしましたが…。

3本目まで、Tさんがオンボードカメラで追っかけてくれていたのですが、4本目は交代しました。胸に付けてみたのですが、GoPro、全然気にならなくていいですね。Bを走ったあとで疲れてはいたものの、なんか一番調子が良かったような気がします。思い切ってプロテクターを脱いだことで、体の温度を適正に保てたのがよかったのかも。後半の濡れセクションは少し離され気味になったので、Tさんが写っているかどうか心配ですが、ここを下りている最中に急に右の「大腿直筋(大腿前面の筋肉)」がピキーンと攣ってしまいました。強烈な痛みにどうもパニックブレーキをかけてしまったようで、斜度が強かったこともあり前転です。頭頂部より後ろ側で着地し(もちろん両手は付いていたと思います)、でんぐり返しをするところからは覚えていますが、斜度の強い坂で足を上に、頭を下の状態に仰向けに倒れてしまったものだから、大腿直筋の激痛で起き上がれません。右足の痙攣が収まるまで仰向けで我慢していました。途中で気づいてGoProのカメラを止めましたが、私のうめき声が入っているかも(苦笑。

ここですよ。もう。ここで転けたのは初めて。
ここですよ。もう。ここで転けたのは初めて。

この写真を撮って、大腿部をストレッチしていると、Tさんが心配して登ってきました。申し訳ない。転倒のダメージはほぼゼロですが、大腿部の攣ったあとのダメージがかなりあります。

このあとも追っかけ撮影を再開しましたが、もう追いつききれませんでした(ゴメンナサイ。それでもこのライドの最高速度は41km/hを記録していたようです。でもあのバイク設定で、あの速度で走れるのなら、ダウンヒルバイクとかに乗るとTさんはかなり速いでしょうねぇ。Ransom号では追いつけないかもしれません。今日ので43km/hとすると、昨年JudgeでAコースを下りたときには、直線の急斜面では50km/hを軽く超えていたのじゃないかと思います。

今日はこれで終了。疲れは激しかったのですが、非常に楽しめました。今までの富士見で一番面白かったのではないでしょうか? Ransomのフォークは剛性もないし、ストロークのスムースさもイマイチですが、これを以前も使っていたFOX 36シリーズ(160mm or 180mm?)に換装したり、Rock Shox Lyric 170mmに変更すると別物になりそうな気がします。年1回程度しか行かないダウンヒルなので、もうRansom号やProphet号で十分といえるかもしれません。

今回、あまり写真を撮れませんをでしたが、もしTさんのGoProの動画がきちんと取れていて、いくつか提供していただけるようであれば、またUpしたいと思います。

お疲れ様。Scott Ransom号。
お疲れ様。Scott Ransom号。

…そういえば、ビンディングペダルとシューズを持って行ったのに、今日は使うのを忘れていました。昨年のウェットな富士見では100%ビンディングでしたが、今日は100%フラットペダルです。Ransom号のペダルのピンがだいぶ少なくなっていることもあって、特に1本目と2本目で足が滑りかけたことがありました。

ビンディングペダル + Ransomも試しておけばよかったなあ。

Tさん。今日はありがとうございました!

9件のコメント

  1. うぅ・・フル装備姿のicofitさんの絵が無い!・・あ,こんばんは。
    以前載せておられたターミネータ・ルックでしょうか?

    でも,暑かったでしょうね~。山間部でもうだるような暑さ・・あ,結局Ransom号出動でしたか。
    このコースで40~50km出すと,恐怖心で“ぎゃああ・・”な顔になりそうですが(沈,
    そうですか・・・自沈されましたか・・。(痛そう・・(-。-) ボソッ

    そう言えば,Tさんのバイクに装着されているサドル・・クロマグ?ですよね?
    なかなかカッコいいですが,実はちょっと狙っていたりして・・。
    座り心地など,よろしければ今度教えて頂けると嬉しいような・・m(__)m

  2. うぅ・・フル装備姿のicofitさんの絵が無い!・・あ,こんにちは。

    暑い中お疲れ様でした。コンディションも良かったようで
    何よりです。
    Prophetは今回、出陣無しだったんですね。パノラマだとストローク
    長い方が安心感有りますよね。

    新しく出た、Foxのカシマコートなフォークも気になりますよね。
    流石に高いですけど、調子いいんでしょうね。きっと。

    クロマグのサドルって、以前はVelo製でしたけど最近のもVeloが
    作ってるんでしょうか?僕もちょっと、クロマグのサドル気になります。ふふ。

  3. sadaさん。こんにちは。
    実は私、自転車用のウェアというものを未だに持っていないので、普通のトレパンにTシャツだったりしますよ。

    私が撮影した4本目のビデオが届きましたが、この回は速度控えめでしたが(最高速41km/h)、写りがものすごくきれい!
    GoProいいです。でもフルセットで5万円くらいかあ…。5万円の価値は確実にありますね。

    私の転倒時はパニックブレーキしてますね。前輪が滑って吹っ飛んでいます(苦笑。
    こけて痛いじゃない「イテテ」が収録されていました(泣。

    クロマグ、いい感じですよ。Tさんがこちらを読んだら教えてくれると思います。

    後で編集して載せてみようと思います。

  4. hw875@四角四面さん。こんにちは。

    フル装備の映像はTさん撮影の動画があれば移っているはず…。後ろ姿ですが(笑。

    Prophet号も持って行けば良かったですね。Bコースに関してはやはりProphetのほうがいいですから。
    でもRansom号でもそこそこ走れました。
    Cコースはやっぱり、Ransomのほうが安心感がありますね。
    ただ、フロントが…。やはりカシマコート採用のFOX 2011でしょうか…。

  5. 富士見お疲れ様でした。聞いているだけで、汗がドバドバ出てきます。
    ランサムは、フロント周りが、残念な感じなんですね。
    ’11のFOXのカシマコートは、かなり良いみたいですね。
    此処は一つ、ポッチっと逝っちゃって下さい。インプ楽しみにしています。

    うっすら土汚れが付いてますので、メンテ頑張って下さいね。

  6. 弐の槍さん。こんにちは。

    いやあ。非常に暑かったですね。
    Ransom号は普及価格のモデルだったので、コストを抑えるためのアッセンブルみたいです。
    当時のレビューサイトにも書かれていました。
    以前の1号機に乗っていたときはFOX 36 TALAS Rを付けていたのですが、さすがに差を感じますね。
    カシマコート採用のFOX、欲しいです。

    > うっすら土汚れ
    ドライと報告されていたのですが、下の方は万年ぬれている感じなので、あのあたりではねたのだと思います。
    メンテナンスしておかないと、ですね。

  7. こんばんは。太ももの筋肉痛で歩き方がおかしいTです。

    途中シフトの調整がずれたり、普段からのバイクの調整・準備はicofitさんを見習わないとなあ、と課題の多いライドでした。
    感覚を忘れないうちにリベンジしたいとは思いつつも、やっぱり夏は暑いですねー

    > sadaさん
    サドルの高さがあっていればですけど、30kmほど走っても痛みはないので座り心地は悪くないと思います。

    > hw875@四角四面さん
    裏を見たらVELOでした。形・グラフィックスともにいいセンスですよね。

  8. Tさん。こんばんは。

    私も今日一日歩き方がオカシイです。

    Enduro号は走りが軽くていいあな、と思いましたよ。でも、2.1インチのトレイルタイヤであの激しい走りはすごいです。

    > リベンジ
    ちょっと涼しくなる秋頃には私のところの業績も回復していると思うので、富士見クローズ前くらいに一回行きますか?
    今度は私ももっと近くから激写しますよ。

  9. Tさん
    ご返答ありがとうございます。やっぱりVelo製でしたか。
    クロマグのサドルも、ハンドル等もデザインが格好いい物が
    多いですよね。出来ればフレームが欲しいですけど。。

    sadaさん
    乗り心地が良くて、見た目も中々良くてしかも
    お安いサドルが有るんですよ。

    BAZOOKAのRIDEサドル「B-099」

    2千円ちょっとで、安いんですが座り心地良かったですよ。

コメントは受け付けていません。