Prophetは軽快になってきました

 ホイールとタイヤを交換してから、Prophetのこぎが重くなって、すごく進まない感じがあったのですが、昨日から急に軽くなってきました。音響製品じゃないけど、やはりエイジングが必要、ということなのでしょうか? Mavic CrossMax STのよさがようやくわかり始めた感じです。
 以前どこかのショップサイトの商品紹介だったと思いますが、ロード用の間組みホイール「Mavic Ksyrium」のハブの回転が購入当初は重い、という話を読んだことがあります。併せて、乗っていくととてもよくなるので、初期不良と呼ばないで、みたいなことが書いてあったのですが、MTB用のホイールもそうなのかな? 今日なんかはホイールの回転がすごく滑らかだったように感じました。こぎ始めもだいぶスムースになっているし、何より回転が維持されるようになって、一昨日までのように一生懸命こぎ続けなければならない、というような感じがなくなりました。もちろん、新品タイヤがいろんな路面になじんできたとか、ほかの要素もあるかもしれません。特に今日は、なれたFRポジションに戻して使っていますし。
 調子に乗って、サドルの高さを1cmくらい高くしてみましたが、さらに軽く感じられます。今日は気持ちよかったですね。そういえば、大学入学時の身長が169cm半ばだったと思うのですが、30代の後半まで大体その身長ですごしていました。しかし、30代の後半から毎年の健康診断で身長が徐々に伸びてきて、最新の健康診断では171.8cmです。父の身長172cmにあと0.2cmで追いつきます。
 もちろん、本当に骨が伸びたわけではないでしょう。30代の後半で体の使い方をより精密に考えるようになって、歩き方から運動、トレーニング、姿勢など試行錯誤をしながら変えてきて、ここ数年で体の使い方がまったく変わってきています。高校時代に習った空手より、20代前半に習った中国武術のほうが私に合っていると思っていたのに、最近は空手の姿勢のほうがしっくりくるような気もしてきているのは、その影響でしょうね。
 結果、骨格の整列が変わって(O脚と猫背がかなり改善されています)、その分身長として現れる数値が大きくなったのでしょう。
 半面、いろいろと実験的な動作確認を行ったりするため、体調を崩すこともしばしばです。私にとっての一番いい動きや姿勢というのがいまだにぶれている状態なんですね。もちろん、順調に年もとっていますから、そういった要素でも求められる最適(fitness)は変わってくるのでしょう。