Prophetをちょっとだけ軽く

Cannondale Prophet 1000 (2005)のホイールをMAVIC CROSSMAX ST LEFTYに変更したとき、一番タイヤの山が残っている(あまり使っていなかった)MAXXIS HIGH ROLLER 2.35 USTに変更しました。家の近くの広い公園や一連の崖を走ってみたかったからでもあったのですが、DHコースや下り中心の里山遊びでもない限りオーバースペック。
以前使って気に入っていたIRC MIBRO 2.25にしようと思っていたのですが、今回は気分を変えて、もともとDH用のHIGH ROLLERを元に作られたXC向けのHIGH ROLLER 2.1 USTを購入しました。IRC MIBRO 2.25は意外と細めで、他のメーカーの2.1inch相当と言われることもあったし、MIBROより140g軽いHIGH ROLLERは決して悪い選択ではないと思いました。

しかしですね。実際に装着してみると、HIGH ROLLER 2.1は思った以上に細い! 横に広がらず、とがった感じになっているからかな?

DH用のHIGH ROLLER 2.35だと、こいでもこいでも、路面抵抗で止まる感じがして慣性が生きてきません。しかし、このタイヤだと決してこぎ出しが軽いわけではないけど、こがなくてもある程度転がり続けます。CROSSMAX STは今までのホイールと比べて「軽い」という印象はまだ受けませんが、もしかしたらハブ軸ももう少し慣らしが必要なのかもしれませんね。ただ、もともとProphet自体、漕ぎが取り立てて軽いバイクではないと思いますが、これからポジションなども研究して、シチュエーションごとにセッティングを変えてみようかなと思います(漕ぎ出しとかはSCOTT RANSOMのほうが軽い印象です)。

しかし、2.35と2.1では、見た目がずいぶん変わりますね。すごくProphetが「やせた」感じがします。