BondedタイプのLeftyの付き方

 前回、Lefty Max 140 SPV Evolve → Lefty Max Carbon 140 SPV Evolveへの交換に断念しましたが、もともとついていた上下のリングの厚みのためにLefty Max Carbonをはめることができなかったためでした。
 知人にそんな話をしていたら、「もしかして、Carbonタイプにはそのリング、不要なんじゃないですか?」というような意見をもらいました。MTBに詳しいわけではないんですが、いろいろなことにすごく鋭い人なんですよね。
 そこで玄関につるしてあるうちの奥さんのRushがBondedタイプのLefty Speedを装備しているので、下からのぞき込んでみることにしました。すると、下部のスペーサー的なリングが見あたりません。改めてProphetのLefty Maxをみるとそのリングはくっきり見えます。
 これは知人の言うことは正解かもしれない。Lefty Max Carbonのほうも本体とクラウンの部分が完全に一体化されているので、Bondedと言われるLefty Speedと同じ装着になると考えられるからです。

 この週末にちょっと付け替えに再チャレンジしようかと思っています。