日本人同士の世界戦、見ましたが…

 見ようかどうしようか迷ったのですが…。
 最初から見ていて不愉快になりました。心身ともに高度な戦いが見られるはずのその場での、挑戦者サイドのみなさんの、あの態度。
 試合で選手本人が興奮するのは、とにかくやらなければ自分がやられる、という状況に置かれている以上しかたがない側面もあるのかな、と思います。私自身も格闘技の試合に出るときはそういう興奮状態に陥った経験があったので全くわからないではないです。ただ、何が何でも倒してやる、という気構えを見せるのと相手をおとしめるような態度を取ることでは、雲泥の差があります。特に、ここは世界のトップを争う世界戦の場ですから。
 セコンドはそういう選手の心的な状態を適正にコントロールする役割も持っているはずです。しかし、セコンドの一人は選手にきわめて近い親族という立場にあるためか、一緒になって興奮していて見苦しかったですね。
 今回の試合は挑戦者への風当たりが強くて、かわいそうかとも思ったけど、今日の彼らの行動を見ていたら、まあそれも仕方がないことだと思いました。
 試合も、挑戦者は前には出ていますけど、パンチではなくからだで押しているだけでしたね。実況も解説も私が聞く限りでは挑戦者寄りに感じられ、どうも的確さを欠いていたような気がしたのですが、私だけでしょうか?
 チャンピオンの内藤選手は相手が相手だけに、相当プレッシャーがあったのではないかと思います。日本選手として最年長での防衛、おめでとうございます。チャンピオン側もちょっと興奮状態にあり、冷静さを欠いた場面もあったことは決してほめられたことではないと思いますが、実力差も相当あったし、自己満足的な意識的な反則が見られたことなど、全体的に本当に異常な試合でしたね。主催者側はよくよく考えてほしいと思います。話題性だけのマッチメークで一時的な視聴率はとれるかもしれませんが、ボクシングという競技のステータスや人気を危うくしてしまわないでしょうか?

 挑戦者もまだ若いですから、今回の反省をふまえて今後もがんばってほしいと思います。