iTunes ライブラリ移行

大阪での世界陸上も無事終了。特に、昨年のイベントで、私の長男の小学校にたくさんの選手が来てくださっていたので、今年の大会は特に注目してみていました。競技成績についてはいろいろな意見があると思いますが、地元開催のものすごい重圧の中、選手のみなさまはよく頑張ったのではないかと私は思っています。お疲れ様でした。

最近、iMac G5 (初代/20inch)を使う機会が少なくなってきていますので、その中の必要なデータを現在使用しているMacBook Proに移行しようと考えました。特に、iMac G5では、iTunesのライブラリを管理していて、現状iMac G5を使う理由はほとんどiPodとの同期に限られていますので、まずはそこから始めなければなりません。しかし、このライブラリは30GBを超えるサイズですし、思っていた方法では簡単にできませんでした。
最終的には下記の方法を使って、iPod経由で移すことにしたのです。直前にiPodの調子が悪くなって、工場出荷時の設定に戻しましたから、ちょうどよかったです

iPod を使って音楽ファイルを新しいコンピュータに移行する(リンク切れ)

ただ、MacBoop ProはiMac G5と比べると内蔵HDDのサイズが少ないので、事前にほとんど使っていないWindowsのパーテーションを削る必要がありました。今後、可能であれば下記を参考にして外付けHDDに移そうと考えています。

iTunes for Mac:“iTunes Music”フォルダの移動(リンク切れ)

とりあえず、環境移行はうまくできましたので、改めてiPodを同期し直しました。これでiPodが問題なく動くといいのですが。