サス・ポンプ

今日は朝から打ち合わせがありました。右大腿部の痛みがかなり残っていること、片道14kmということもあり、電車を利用するかどうか迷ったのですが、CR1やVertex号ほどソリッドではなく、Rize号ほど重くない、私が一番乗り慣れたProphet号でのんびり行くことにしました。

やはり上り坂を漕ぐときはまだまだ痛みがあるので、かなり左脚に頼っている感じがありますが、無事に往復できました。

神田川のとある橋の途上 その1
神田川のとある橋の途上 その1
神田川のとある橋の途上 その2
神田川のとある橋の途上 その2

前回転倒したときのライドで、リアサスが柔らかめ、フロントサスがかなり硬めでアンバランスになっていました。そこで帰り道にフロントとリアを調整しながら走っていたのですが、記憶に頼ったpsi値の設定だとProphet号はかなり硬くなり、ガチガチな乗り味に感じられるようになります。それで記憶値よりさらに下げたりしてみました。それでもかなり固く感じます。

Manitou Swinger 3-Way Air
Manitou Swinger 3-Way Air
Lefty Max 140 Carbon SPV Evolve
Lefty Max 140 Carbon SPV Evolve

それで今日はかなり硬めの設定で乗ってきたのですが、普通では感じないお尻の痛みがかなりありました。これは乗り味硬めというより、自転車に長距離乗ったのが久々であったことと、サドル先端が微妙に前上がりになっていることも影響しているかもしれません。

自宅に帰ったあと、改めて前後のエア圧を調整しましたが、記憶値と乗り味に差があったのは使用したサスポンプの違いによるものでした。

上:Prophet購入時に同時購入(ノンブランド・ポンプ) 下:FOX FORX 36 TALAS付属ポンプ
上:ノンブランドのサスポンプ 下:FOXサスポンプ

上は2005年にProphet号と同時購入したノンブランドのポンプになります。Prophet号の場合はほとんどこちらのポンプを使います。

下は2007年夏にRansom号用に購入したFOX FORX 36 TALAS R 2008に付属したものです。今ではVertex号にインストールされたFOX FORX F100 RL 2009や、Rize号/Rush号のFOX FLOATを調整する場合に使います。

FOX FORX 36 TALAS R 2008。結構気に入っていました。懐かしいです。

FOXのサスポンプは写真で見ても分かるように丈が小さいので持ち歩きにとても便利で、ウェストポーチにも格納できるため、外に持ち出すときに重宝します。今日はProphet号のサス調整を下のポンプでやったわけですが、どうやら両者のケージ表示にはかなりの差があるようなのです。

FOXサスポンプのケージはノンブランドのケージと比較して30psiほど低めに表示されるため、記憶値より30psiも多めに入れて走っていたわけで、硬くて当然でした。先日の土手にもこのFOXサスポンプを使っていたため、フロントがやたら硬くなってしまったのですね。

自宅に戻り上のポンプでサグを取り直したところ、記憶値とほぼ同等になりました。おそらくこれで、怪我をする前日までのProphet号の乗り心地に戻っているのではないかと思います。

それにしても。30km弱くらい走ったわけですが、患部が少し熱を持っている感じ。体重をかけての股関節の屈曲でかなり痛みますが、体重をかけないでの膝の屈伸はかなりラクになっています。外旋もだいぶできるようになりましたが、まだ制限はありますね。

明日、もう少し痛みが落ち着いているようであれば、土手の危なくない部分とかからリハビリライドをしてみようかな?

4件のコメント

  1. こんばんはーです

    ちょっと「(´・ω・`)ショボーン」な気持ちの際にも、安心して駆れるベンチマークのような
    愛車が在るのは良いですね、なんとなく Icofitさんと prophet号の関係がイイなあと思います

    Airサスペンションのストローク量はゲージを目安にして、サグ量のほうで確認をするように
    心がけています、ストローク部を摺動・摩耗しない位置にズラしているタイラップを利用したり
    JUDYバターグリスをうす〜く塗布したストローク量の跡で確認をして、調整をしておりますデス

    先日の cyclowiredの記事で RZ20の記事を見た際に、シートステーへ “HANDHAND in USA” の
    ロゴが無いのをみつけて cannondale WebSiteで確認しましたが、その際に RZ20 4のブルーが
    イイなあ・・ちがう、Rz20 3と4のサスペンションユニットが逆向きに取り付けてあるのを見て
    Icofitさんが「ウォータボトルに干渉〜逆向きはどうかな?」と載せてられたのを思いだしました

    そして画像を眺めているうちに Rizeと 20のリンクパーツの違いや、トップチューブ取り付け台座
    パーツ形状の違いを感じました、さらにトップチューブとダウンチューブの形状・太さが違う?気が
    しまして RZ40のほうを見れば、こちらは Rizeと同様のパイプや接合パーツのような気がしました?
    (カタログ写真なので確信は出来ないままなのですがw)

    jekyll号がコソーリと変更されたように Rizeと RZ40、 RZ20もモディファイされているのでしょうか?

  2. ちょいとご無沙汰でした・・こんばんは。

    (↑)foxのエアポンプ,良いですね。ホース部が長めで使い勝手が良いような・・。
    うちにあるのは上のような長いポンプですが,イマイチでした・・fox,買い直そうかな…。

    赤が好きさんも言われるとおり,2010のRIZE 20はフレームがちょっと変わっていましたねぇ。
    断面形状は微妙に違ってましたし,全体的にコンパクト? っぽかったような。

    しかし,マグラのウェーブ・ローターはでかいですね。7インチでしたっけ・・?
    スリットや丸穴も開いていませんが,効くんですね・・さすがはマグラ,ですね。
    まだ先の話ですが,いちどフローティング・ローター使ってみたいです。昔のオートバイみたいなヤツを・・。

  3. 赤が好きさん。こんばんは。

    > 安心して駆れるベンチマーク
    わあ。嬉しい表現です。確かに私とProphet号はそういう関係(怪しい…)に間違いありません(笑。

    > “HANDHAND in USA” のロゴが無い
    き、気づきませんでした。
    もう、完全にシフトしたんですね…。でも逆に性能が上がっていたりするのではないかという期待もあったりします。
    2010モデルに乗ってみたいですね。

    > サスペンションユニットが逆向き
    妻のRush号も逆向なのでもしかしたらいいかもな、なんて思ったのですが。
    少し前に、「ヒントになれば幸いです。(仮)」さんの記事を読みました。

    http://mamapapa.at.webry.info/200909/article_2.html

    アップサイドダウンの取り付けとにじみ出るオイルについての記事でした。
    奧さんのRush号でどうなるか、ためしてみたくなりました。

    > パーツ形状の違い
    さ、さすがです。キャノンデールショップの店長さんも「互換性がない」みたいなことを言っていました。
    そう聞いて私もカタログ写真を見たのですが、すみません。見分けられませんでした(苦笑。
    赤が好きさんのコメントを参考に、台座の形状やリンクの形状なども調べてみたいと思います。

    やっぱりリアに関してはProphetとRizeでは全く感触が違います。
    Prophetは「もろ、エアサスだな、これは…。動きが渋めかな」という感じがするのに、Rize号は「ちょっとコイルっぽい」感じがしますよ。
    私のProphet, Judgeの乗り味を知っている友人がRizeに乗った瞬間、「おっ、これ小型Judgeだ!」って言ったのですが、なるほど、そんな感じもしました。
    まもなく新ブレーキが届くので、Rize号にインストールしてProphet号とCrossmax STを共用できるようにします。
    余ったブレーキはChase号に。今、リアディレーラーを落札できたので、ようやくHeadshok Fatty Ultra仕様の新Chase号を試すことができますよ!
    押した感じ動きがいいし、Vertex号のF100 RLみたいなしなりはゼロな感じです。
    手元で見慣れると、Fatty Ultraの見た目もスッキリしているので好きになってきました。
    実は今、最も楽しみなバイクかもしれません。
    状態が良ければ、フロントを浜趣味に変更してRize号と入れ替えるかも。

    > jekyll号がコソーリと変更された
    実は私は最近まで、両者の区別が付かなかったですよ(苦笑。
    かなり観察力が足りないこともありますが、メカには弱いかもしれません(泣。

  4. sadaさん。こんばんは。

    > ご無沙汰
    おっと。大丈夫でしたか?
    ブログのエントリーを見たり、過去のお仕事の内容などを読ませていただいて「うわぁ。これは大変そうだなあ」とコメントの書き込みを控えておりました。
    とはいえ、これから書き込もうかとしていた矢先だったりしましたが(苦笑。
    お忙しいときに私の書き込みがあったら、放置しておいて下さいm(_ _)m

    > FOXポンプ
    確かに、使いやすいです。特に空気を抜いて微調整するとき、ノンブランドはノブを回してゆるめて空気を抜くのに対して、FOXはボタンをチョッチョッと押して抜くことができます。
    好みもあると思いますが、FOXのほうが手早く調整可能な気がします。

    > 2010 RZ
    sadaさんもすでに確認済みなんですね。私はそういう部分での識別が全然つきませんでした。
    動画などを見ても、One20とOne40の区別が付かず…。
    ダメぽです。

    > フローティング・ローター
    あ。Tさんがこれの7インチをChase号にインストールされてました。Louise (FR?)との組み合わせでしたが、今はよく効かないみたいです…。
    でも、もっといいブレーキを入手予定のご様子です。
    このロータ、めちゃくちゃかっこよかったので、実は私も今回の機会に落とそうかと思ったのですが…。高すぎ。
    今回、Rize号用に、前にsadaさんが検討されていたHayes StrokerのRideを入手予定です。
    リアが6インチだったので、Hayesの7インチロータとアダプタをまた別に入手しました。
    ちょっと頑張って、Maguraのフローティングロータにしとけばかっこよかったかなあ?
    とりあえず、これでCrossmax STをRize号でも使えるようになる…ハズ。
    Chaseも完成する…ハズ。

コメントは受け付けていません。